| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

経営陣の責任は重大

 今日2016年2月25日大阪梅田でまた暴走事故で多数の死傷者が発生した。

同日、ついに電機メーカーSHARPが台湾のホンハイに買収されることになった。取締役会全員一致の選択だ。

その兆しは2003年頃より経営姿勢に大きな変化が現れていることを感じていた。莫大な投資が必要とされる亀山工場に経営資源を集中すると発表があった。創業者早川徳治から受け継いできた社是から完全に逸脱すると思った。それまでにもがむしゃらに液晶に集中していく方向に疑問を抱いていた。あの液晶ビューカムの撤退など。そんな会社ではなかったはず。社是と乖離していく。ある中小企業の経営者にそのことを話しをしたが頷かれることはなかった。

その頃の経営方針としては流行ともいえるものであった。有名な経営学者の提唱もあった。反面、人には厳しく人件費の縮小も併行して実施されていった。退職前の大幅な減給により退職金のあからさまなカットまで行われた。これも当時の流れであった。しかし経営規模は急拡大していく。暗部には目を凝らさずに。

当時の社長は既に社内では天皇とまで言われていた。社是に反する経営方針の変更には大きな違和感を持った。"千里より、天理へ"の選択となんら変らないと、経営方針の変更ではないと説明された。

今日の結果を招いたのは全て経営陣。特に当時からの経営陣の責任は重大といわざるを得ない。ホンハイに買収されても経営陣は更迭しないという。これもおかしなことだ。この条件に現経営陣は乗ったといわれても仕方が無い。これを機会に責任を果たさなければならない。

これで立ち直ることが出来るかも大いに疑問だ。いままで、有能な社員の大半は早期退職を選択し、退社していった。回復には時間が必要だと思われる。放棄される可能性もある。

社員に責任は無い。あの数十年前、山一証券の社長の姿を思い出す。社員に謝罪するべきだ。
残る者、退社される方いずれも世間の荒波が待ち受けている。既に退社された方も苦難に負けないよう願っている。

 社是は経営理念として今もHPにむなしく掲示されている。社是に違反する経営陣をあざ笑うかのように

 【経営理念】

いたずらに規模のみを追わず、誠意と独自の技術をもって、
広く世界の文化と福祉の向上に貢献する。
会社に働く人々の能力開発と生活福祉の向上に努め、
会社の発展と一人一人の幸せとの一致をはかる
株主、取引先をはじめ、全ての協力者との相互反映を期す。

なんとか立ち直って欲しい。
スポンサーサイト

| 社会と暮らし | 16:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

子どもの頃のラジオとテレビ

 物心が付いた頃に家にはST管の5級スーパーがあった。結構感度が良くて夜間になると東京や鹿児島の放送局も受信できた。小学高学年にはBCLってのをやっていた事を思い出す。綺麗なカラー印刷されたベリカード(受信証明書)をもらう趣味だ。

鉱石ラジヲを買ってもらい、改良しゲルマニュームのSD46に交換し、クリスタルスピーカーを付けて山に登ると大きな音で鳴ったのに感激した。こういう情報は小学校の図書室に置いてあった、"子供の科学"という雑誌。今でも発刊している。

テレビが家に来たのは皇太子ご成婚の年、昭和34年の正月だった。テレビもまだ真空管でターレット型チューナーでまだリモコンなどは無い。あるときテレビが故障して東芝のサービスマンがやってきた。ちょいちょいと手際よくシャーシーをひっくり返し分解したと思ったら、真空管を交換しあっという間に修理が終わった。中学2年生?だったと思う。

こんな事が、電気の分野を仕事とするきっかけだった。

| 社会と暮らし | 21:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

田舎との接点

私は農家の生まれ5男です。当然の様にその田舎から遠く離れた団地で生活しています。本当は昔から田舎暮らしをしたいと思っていました。移住も考えたこともありました。

今の時代は田舎と都市生活者の接点が全くと言っていいほど有りません。個人的に郷里との接点がある程度で、生活消費財などの田舎との交流はない。食料品でも安価な中国製品などで近隣で生産されたものの消費は多分皆無に近い。

たまに、車で1時間ほどの距離にある道の駅に出かけることがあるくらい。ここでは野菜などを調達することが多い。

田舎では高齢化が進み(団地も同じですが)限界集落が増加し、集落の消滅もあると聞く。

将来、消滅する市町村も危惧されているとも聞く。

人口減少の一途をたどる町や村では様々な知恵をしぼり、都市部からの移住促進を図っているが普段からの交流というものはあまり無いような気がする。

たとえば市町村同士ではなく、町内会と田舎の集落との交流などはあまり聞いた事がない。田舎の住民が必要とする事と都市団地の住民が必要とする事、お互いが助け合えることがある。たくさんのアイデアが生まれる気がする。

秋が深くなり、山間部をドライブしていてみかんや柿の実が収穫せずに放置されていたりするのをみる。この実を食べに熊や猿が山から降りてくると聞く。収穫間際の野菜なども被害にあうという。耕作放棄地も多くなり、荒地が広がる。勿体ない話だ。

都市、団地生活者は普段の食料品の調達はスーパーマーケットなどで購入する。またそれ以上に心身的に得る部分が大きい。お互いが交流する中で互恵関係を構築していくと自然に田舎への移住者も増やしていける気がする。

| 社会と暮らし | 10:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

私が自作にこだわる理由

 退職し自由の身になってからですが簡単な家具類や木工で作れるオーディオスピーカーボックスなどを多くはありませんがこれまで作って来ました。
ダイニング家具

ドライブ旅行にも度々行くようになり、車内のキャンピングカー化の為の木工収納キャビネットなども作るようになりました。
SLエブリイ車中泊DIY

何れも市販されているし、買った方が安いし見栄えも良い、たくさんお金さえ出せばオーダー製品も作ってくれるところはいくらでも存在します。

それではなぜ、自作にこだわるのでしょうか?元々小学生の頃から工作が得意だったり、ラジオ少年でもありましたが社会に出てからはとんと自作など縁遠いものとなっていました。もちろん仕事との関係が趣味に近いものでしたという理由もあります。

しかし実はそれほど自作にこだわっているわけでもないのです。作ってみたものの買ったほうが良かったと後悔することもあります。退職してからのDIY,自作については物理的な"物" 以外にも価値があるのです

自作するメリットは何なのでしょう。箇条書きにしてみましょう。

① 家具では置き場所に合わせた、市販品に無い、ぴったりサイズが実現できる。
② ローコスト
③ 作る事が楽しい。出来上がった達成感。自分で作り上げた満足感。使っていて愛着が出る。
④ リタイヤ後の暇つぶし、手工具で作るのは結構運動にもなる
⑤ 自作でしか実現できない物もある。エブリイワゴンの車中泊用の収納家具類

などですが、リタイヤした今では生きがいにもなっています。ブログでこんな事が書けるのもやっていて初めて
書けるのです。自己実現、表現の場とさえ言えるかも知れません。

ネットで参考情報を探していると、商品の紹介や購入記事で埋め尽くし、その周囲にあふれんばかりのアフリエイト、クリック履歴広告がうるさいブログ。大半がそうした内容のページが目に付くばかりです。

そうしたブログはサイド収入稼ぎの手段でしかないブログでしょうが、そうでなくてもせっせと商品紹介などで更新しないと検索にも引っかからないページとなります。勢い多くのエネルギーをブログ更新そのものの為に使っている様に思えます。

私の場合はブログ、HPでの自己実現、自己表現や、自作製作そのものによる実益も励みであり、生きがいといえるかもしれません。勝手に書ける自由さ。また、記事として多少なりとも読者の参考になればこれほどうれしいことはないのです。




| 社会と暮らし | 00:13 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

組合健保から脱退

 退職後も退職特例制度を利用し、組合健保に加入していました。最近は毎年の様に保険料率が上昇し今回は春だけでなくこの秋にも大幅値上げ予定との通知が来ました。

組合健保の特例退職被保険者は特別な理由が無い限り脱退し国保に切替加入できないと退職継続加入時に約束がありました。しかし毎年の様に値上がりがあり、国保より割高になり、しかも65歳からの介護保険料と合わせて負担の増大で年金が目減りし、困った事だと思っていました。

自分の場合は制度上脱退も出来ず、どうしたものかと思っていました。今回は組合の方からの文書で財政上の問題が会社側の財政悪化による原因である事で。脱退切替検討の要請でした。解散予定なのか、脱退についてのアンケート用紙まで送られて来ました。既に脱退が相次いでいる様子が伺い取れます。これまでは特例退職者の加入増加による医療費の増大が原因で仕方が無い事かなと思っておりました。

即刻考えるまでも無く、国保切り替え依頼書をファックス送付しました。誠に残念な事です。定年退職後もかろうじて組合健保だけで繋がっていた世話になった会社。社名は伏せますが、今の日本の状況は電機、電子メーカーにとって、過去に経験した事の無い厳しい状態です。

退職者の私にとって、思う事はあまりに多くの事があります。様々な思いが渦巻きますが、現在もその渦の中の当事者たちの事を思うと、もはや何も言う事は出来ません。

何とか再建し、もう一度輝きを取り戻して欲しいとそれだけを願っています。

| 社会と暮らし | 21:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

20年を過ぎた団地住まい。 1970年映画【家族】吾が人生と.....

 昨日山田洋次作品【家族】を初めてDVDで観た。少しだけあらすじを聞いていたけれど、改めて高度成長期の製鉄所、石船夫婦家族の映像をみて自分はあの頃、、1970年頃の映像に、若かりし、思い出がよみがえってきた。

1970年といえば私は前々年に名古屋から徳島にUターンし、翌年地元の会社に就職した翌年だ。1970春、大阪万博は映画でも北海道へ新天地を求め旅の途中途中立ち寄った場所としてあの太陽の塔付近のごった返す映像が記録されている。

映画でもうひとつ凝視したのは私が現在居住している福山市。福山駅や当時東洋一の巨大製鉄所といわれた日本鋼管福山工場(JFE)とその従業員の住む団地が駅から家族5人と弟、前田吟の運転するスズキフロンテに乗って山を崩し出来たばかりの広大な団地までのドライブ風景が懐かしくもよみがえった。あの時自分が乗っていた車はローンで買ったホンダN360だったとか仙台から赴任してきた上司がフロンテだったとか若かりし思い出がダブって見える。 

その頃、私はまだ徳島勤務で会社は県別の独立会社だったので転勤があるとは夢にも思っておらず、名古屋からのUターン人生を楽しんでいた。43年程前である。しかし会社は急成長し、四国統合され数年後には全国1社体制となった。転勤を受け入れざるを得なくなり、以後転勤を繰り返しいつの間にか、それから15年後、福山に居住することになり、子らも福山で小学校から育ち、映画で出てきた日本鋼管近くの団地ではなく尾道寄りの団地に居住し、早20年となった。

昨年夏には映画【家族】のたどり着いた中標津に近い標津サーモン科学館、国後を望む、尾岱沼あたりも訪づれた。映画の雪が融けかかった春間近、厳しい中標津の風景とは異なるが茶内の展望塔から観た穏やかな緑一面の広大な開拓農地であった。放牧されている乳牛は今も昔も変わりは無いのだろうが。

旅の途中の東京で赤子が、笠智衆のおじいちゃんはたどり着いた中標津の歓迎会での晩に死ぬ。悲惨を極める井川比佐志、倍賞智恵子夫婦と家族。夏になりようやく花が咲き乱れ、子牛が誕生、これから明るい兆しが見えるところで映画は終わる。

 あれから43年後の2013年。6歳くらいだった息子は50歳になり数十ヘクタールの農場を経営する大牧場主となり、80歳を越えた夫婦はたくさんの子や孫に囲まれ夢と希望を与えてくれた北の大地にしっかり根を下し、幸せな人生を送っている。  に違いない。

≫ Read More

| 社会と暮らし | 22:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

”犬の糞持ち帰りましょう” の注意札、効果は疑問

 以前、タイトルのような禁止札は役所から頂いて掲示しましたし、自分で
作製し、掲示しましたが効果はありません。掲示した翌日には禁止札の前に
やられた事もありました。

先日また玄関前にやられました。夜から早朝にかけて多分夜陰にまぎれて。

いつも出歩かない21:30頃散歩してみましたら、ぞろぞろたくさんの犬をつれた人が歩いています。狭い歩道を2匹、3匹引き連れた人もいる。交差点の歩道で3人の犬を連れた人たちが犬談会議。通行妨害。

どうも夜陰にまぎれての糞尿排泄時間帯散歩であるかの様子。
マナーも躾もあったもんじゃない。無法天国。
こりゃ、看板など夜では見られないよな。

やはり、町内会や自治体にお願いするしかないのか。たまに注意ビラが町内会の回覧で廻ってくるが”犬の糞は持ち帰る用にしましょう”では効果はありません。犬を飼うことは社会的責任が発生する事や糞やマーキングは犬の訓練が必要なことを飼い主に啓蒙、承知させる必要がある。糞、マーキングをしなくなれば糞を取る用具さえ持つ必要もなくなるのである。こういう啓蒙活動が無ければ放置糞は無くならない。

ほんとに極、少数ですが、犬を従えて、リードは短く、脇目もふらず、すたすた歩いている人を見ます。これぞ理想の愛犬家。拍手。

クリックで印刷用に大きくなります 

こんな看板は如何でしょうか? またやられましたら掲示しようと用意しました。

各町内会で啓蒙運動や躾訓練講習会の実施をお願いしたいものです。

| 社会と暮らし | 22:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

奥さんお持ち帰りください。

おいしい富良野のスイカの記事のあとに書きたくはない。だがあえて腹立ち日記となる。

自己中の極み。

今日は自宅前、大型犬ラブラトール?を連れた女性が通りかかりました。 

自宅物陰でDIY作業中の出来事。 歩道の真ん中でいきなり後足をかがめてウンチ開始。ウンチも大型。中年女性はキョロキョロ周囲を見回し、放置して通りすぎました。

これにはさすがの私もガマンならず、大きく手を叩きちょっと!奥さん!持って帰ってください! と大きな声を出していました。丁度お隣にアート引越しの大型車が停車していたので他人の目は届かないと思ったのかも知れません。

私がしっかり見ていたのは露知らず。憮然とした表情でモノ言わず、袋に入れ立ち去りました。

お隣のその場所は歩道の植栽の木陰。掃除の行き届かない落葉の溜まり場所。もうしょっちゅう大型犬と思われる糞を見かけていました。片付けたのも数知れず。雨の日などはさすがに触れません。乾いてから処理。多分間違いなく同じ人、同じ犬の仕業と思われます。多分近所の方と思われます。私も自宅が知れ、顔はお互いしっかり見極めたと思います。多分見覚えもある顔のような。逆恨みされる可能性は大きい。でも...........

あえてしっかり注意をさせていただきました。こんなことを見て見ぬ振りしては絶対いけない。許す事の出来ない事です。私の世代は頑固爺さんの世代。怒ってあげる世代だと。二度としない事を期待して。

こんな行為をする、させる世代は特定世代ではありません。中学生くらいの女の子、中年おばさん。中年のお父さん。小学生の子ども。分別あるお父さんが多いように思う。犬の散歩を口実に気恥ずかしい散歩をしている働き盛りのお父さん。日本人、しかも私の住んでいるようなごった煮の団地。御近所ではあっても付き合いのない他人同士。いかに自己中人間の多いことか。

こんなことで大げさに言いたくは無いが自分さえ良ければ他人の事など知らないというような。

日本人の心は死んでいる。腐っている。国民性かも知れない。教育の問題かも知れない。このままでは日本が間違いなく沈没する。

犬の糞害についてしっかり教えている飯能市の方のサイトを紹介します。
犬猫を飼っている人、放置糞に困っている人、自治会の役員の方々、大いに参考になりますよ。

『飼主による犬の糞放置防止活動』

| 社会と暮らし | 22:31 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

蚊がやたら多い

 やたら今年も蚊が多い。以前は蚊の除虫薬液の配布などもあったがここ数年なくなっている。雨水を貯めて庭の水遣りに使っているが1週間あまり放置していると蚊が孵化し、成虫になる。とにかく
水溜りを1週間放置すると蚊は繁殖する。

40年ほど前徳島市内に居住していた。家の前は田んぼであるにも関わらず蚊はいなかった。市で蚊の防除に努め、名前は忘れたがボウフラの天敵のめだかのようなものを放流していたのである。最近そんな事は全く話題にもならないのはどうしてだろうか?

町会などでみんなで取組めば蚊のいない環境は作れる
と思うのですが。家庭毎に水溜りを作らない、放置しない事。雨水枡の溜まり水を1週置きに汲み出し植木の水遣りに使う。汲み出しが出来ねばガムテープでとりあえず密閉する。庭の草木の手入れを良くし、風通しをよくする。こんなことを町内会に提案してみよう。

| 社会と暮らし | 22:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

おとうさんお持ち帰りください

昨日は夜のウォーキング。食後21:00過ぎだったのですが、結構多くの人が散歩、ウォーキングをしていました。

犬を連れた人が半数ほどもおり、やはり昼の暑さを避けてこの時間に多くの人が出ているのだと思う。

団地の交差点の結構明るい歩道で中年男性の連れた中型犬がウンチをしている。10メートルほど後方でした。そのまま放置していくので、大きく手を叩いてやったが、気にせずそのまま放置の様子。そこでついに私も堪忍袋の尾が切れた。『お父さん持って帰らないかん!』

それ以上声を掛け、話するのもいやだったので左折した。後、気になったのでぐるっと廻って反対から元の場所へ、ようやくその方が向かいの辻を犬を連れて曲がろうとしていた。その場所は綺麗に何事もなく片付けられていました。

20年近くこの団地で住まいし、犬の糞をさせて放置を見つけ注意したのは3回目。言いたくはない。注意もしたくないけれど、マナーの悪い人は多分注意されても、また人が見ていなければやると思う。

うんちを踏んで玄関が臭う事など時たまあった。最近ではLEDライトを持参するようにしている。

犬に責任はない。飼う人には責任がある。飼う人は犬をしつける責任がある。散歩前に家でウンチをさせるしつけは出来るはずである。犬は散歩前にウンチをすると散歩に出られるという習慣が身に付く。

それを犬を飼っている殆どの人たちは逆のことをさせていると思う。散歩がしたいので吼える。散歩に出られるとウンチが出来る。だから必ずウンチを所かまわずする。これが習性となる。

団地で犬の糞の放置の注意ビラが廻ってくる。しかし注意ビラでは減らない。でも犬に引きずられて散歩している人をまだよく見かける。散歩中通りがかった家の飼い犬から狂ったように吠える犬がやたら多い。犬の訓練、しつけが出来ていないのである。ただかわいがるだけの飼い犬なのである。

発想を変えて、町内会で”犬のしつけ方講習会”をやってみるのはどうだろうか?その上で散歩中、糞をさせる、吼える、通りがかりの人には吼えさせないなどのしつけの注意喚起をしてみてはどうだろうか。

団地内は御近所同士、買い物などで顔をいつも見る人、町内会などで顔を合わせる人など知っていれば挨拶もする。でも知らない人の寄せ集まりという他人同士という意識が多分平気で犬の糞をさせる様な人格を作ってしまっているのではないか。

知り合いの家の前で平気で犬の糞をさせますか

歩いているみんなが挨拶をする知り合いならばこんなマナーを平気で出来ますか?

あえてこれからこんな行為を見つけたら出来るだけやさしく、注意して差し上げたいと思う。(内心は怒りにうち震えながら!)
放置糞防止キャンペーン!こんな看板はいかが?

| 社会と暮らし | 09:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。