| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

今年の北海道旅行プランに行きたいところが出来た....

 映画"北の零年"は2005年の公開から、もうかれこれ10年近くなる。現役中だった。どういう関係か定かで無いが取引先から前売り券購入をお願いされ購入したのだが、丁度退職間際のどたばたでつい、見ずに終わった。

公開前に阿波徳島藩淡路城代の稲田家家臣団の北海道開拓物語のようだとは聞いていた。先月1月にテレビ放映されたので録画しておいた。昨日ようやくじっくり見ることが出来た。

私は徳島県出身。昔の阿波徳島藩である。稲田家は徳島藩蜂須賀氏の家臣で淡路を統治していた。廃藩置県で稲田家家臣団は北海道移住を命ぜられるのである。

移住命令の経緯は少し複雑な理由がある。稲田家は阿波藩の家老であったが阿波藩からの独立運動を起こしている。庚午事変という。徳島県人としては複雑な思いはある。ここで歴史を振り返るつもりは有りませんが、阿波道→淡路となった→兵庫県編入の一因かも知れないとの私の考えは間違っているのでしょうか。

映画をみたついでに徳島県立文書館のHPを除いてみた。
移住の先駆けとなった稲田家の静内移住 に詳しく記述されている。
nikap.jpg
2012年夏に静内を通過しの日高の道の駅や新冠駐車公園にも立ち寄ったが稲田家家臣団の静内開拓については全く知らずに立ち寄った。映画に登場する吉永小百合さん演じる小松原志乃さんが育てた馬は現在の日高馬の原点だったと初めて知りえたのである。

北海道は幕末から明治に一挙に移住が始まったことは良く知られており、多分石川啄木が函館、小樽などに生活の糧を求め流浪の旅が知られる大正時代くらいが高度成長、繁栄のピークだったのかも知れない。

私の先祖(本家)は明治初期に朝鮮に移住し太平洋戦争終戦直後徳島に帰ったがその後行方不明となった。旭川の市民ランナーのブログから極めて似通った情報があった。旭川近辺で子孫が居住しているかもしれない。

メールでの交流では相違点も多く、それ以上掘り起こすことはしていない。しかし、北海道の開拓者として移住された祖先を持つ多くの方々は自分のルーツはやはり知っておきたいはずである。歳月は泊め様がない。途絶えようとしている。それは誰だって様々な事情を抱えている。

スポンサーサイト

| 旅行温泉巡礼遍路 | 23:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

船通山登山と斐乃上温泉玉造出雲神話の旅

 少し涼しくなりました。
久し振りに山に登りたくなり、神話の国奥出雲の船通山へ登って来ました。山は何時も一人なのですが、今回は妻も同行です。昼から出発し温泉に入って車中泊して早朝登山の予定で行くと言うと一緒に行くと言い出したのです。

斐乃上温泉に釣られたのと、昨年の大雪山トレッキングで感激したのでその気になったようです。

車中泊は鳥上滝コース登山口と思っていたのがトイレが無く、わくわくプール駐車場としました。亀石コースの登山口パーキングまで行ってみるとトイレはありましたがパーキングもトイレにも照明がなく真っ暗なのでわくわくプール駐車場に戻りました。 鳥取側のコースもあります。
鳥上滝コース入り口石畳の道
滑石の渓流鳥上滝
ヤマホトトギス?建速須佐之男命降臨の地
 朝7:00鳥上滝コース登山口から登山開始です。谷川沿い、涼やかな流れの音を聞きながら、何度も何度も渡りを繰り返します。スリップ転倒に要注意です。殆どが大昔からの自然石の石畳み、石段で歩きやすい道程です。樹間ばかりで見通しは良くありませんが途中、鳥上の滝もありマイナスイオンたっぷりです。

始めのピークに到着しても下界は見えませんがそこから頂上までは平坦な樹間を抜け、最後に少し登れば頂上です。スサノオノミコトが降臨したとされる地で、八岐大蛇神話などで有名な船通山です。

鳥居やお宮、鉾の記念碑があり神話の山です。立派なトイレ付避難小屋もあります。1142mしかありませんが眺望は360度見晴らしが利きます。天気は良かったのですがガスっぽく大山や三瓶山は残念ながら見えません。

登りは2時間30分。下りは1時間30分でした。妻は新婚時代に登った四国の剣山以来の様です。よく頑張りました。帰りは松江の八重垣神社に参拝、あの有名な鏡池に行くと平日にもかかわらず、手にはそれぞれ半紙と100円玉を片手にしたを若い女性で溢れていました。たしか15分浮かんでいれば良縁に恵まれるということだそうです。結婚式発祥の地?だそうであります。

出雲の大きな社は数多い。出雲大社と須佐、須我神社、熊野大社は参拝済み。大きなお宮で行けてないのは美保神社、神魂、佐太、日御碕神社。次回はこの四社参拝プラス温泉の旅としよう。

最後に山陰松江の名湯玉造温泉に始めて行きました。玉造温泉ゆうゆの日帰り温泉です。お湯は悪くはありませんがあまり特徴のない温泉です。それより温泉街の雰囲気には似つかわしくない建物でどちらかというと殆どスーパー銭湯です。ちょっとどうかなって思いました。共同湯のようなものもあるのかもしれません。

帰路は大仁農道横田経由し314号線。途中坂根の奥出雲延命水を汲ませていただいて帰りました。

| 旅行温泉巡礼遍路 | 14:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

奥出雲斐乃上温泉 民宿たなべ

 久しぶりに島根の名湯、斐乃上温泉に行ってきました。斐乃上温泉はアルカリ単純泉ですが私の知る限りでは肌にぬるっとする温泉では最高です。美人の湯と言われております。

今日はいつも行くヴィラ船通山ではなく、さらに奥に進んだ登山口民宿たなべの日帰り入浴です。斐乃上温泉は鉱泉です。ボイラーで加温するわけですが源泉かけ流しをうたっています。最近広島TVで放映されたし、ネット情報では絶賛されていましたので期待は高まります。

民宿です。結構古いお宿だそうですが一旦廃業されていて現在の建物はお子様か?ご親族が再興されたそうです。先客もなく男、女風呂も同様独り占め。なぜか浴室はサウナ状態。窓ドア密閉? 
 熱湯掛け流し浴室は密室サウナ状態 
さて酷評はしたくないのですが、本日営業はされていたのですが日帰り入浴の浴槽は放置状態。浴槽蛇口からお湯が出しっぱなしでとても熱くて入れない。たぶん50℃くらいか。お湯を止めて水を蛇口いっぱいに開ける。その間露天風呂へ。これがほとんど水風呂あの小屋原温泉よりぬるい。これは調整のしようが無い。40℃くらいのお湯が流されているがちょろちょろで大き目の露天浴槽では冷めてしまっている。直下でさえ水風呂。 
ちょろちょろ掛け流しの殆ど水風呂。アブと格闘自然いっぱい!
こだわって源泉掛け流しだそうですが、鉱泉をボイラーで沸かしてバルブの手動操作で適温にして掛け流すには私の乏しい知識ではこれの湯守りは至極大変だと思われます。結局30分ほど待っても熱すぎて内風呂は入れなかった。

露天は"あぶ"が押し寄せ、アースジェット片手に虫取り網(ゴミすくい)を振り回しながらで入る始末。おまけに洗い場のカランは目詰まりでシャワーも蛇口もちょろちょろ。もう勘弁して。女風呂も男風呂ほど高温ではないようでしたがいつも長湯する女房も私より早く出ていました。

久しぶりのワイルドな自然いっぱいの温泉でした。ちょっと酷評でしたが多分朝から入浴した15:00頃まで先客が無く、昨夜浴室をお湯出しっぱなしのまま施錠したままだったのではないでしょうか?そうで無ければ網戸があるのに窓を密閉するはずがない。それにしても日帰り温泉で500円とは云えお金を払う以上最低限の湯守はお願いしたい。下手すると熱中症で倒れてしまってもおかしくない。二人の小さな女の子、子育ての真っ最中のご様子。今日だけ特別忙しくて多分手が回らないのだろうと思います。大目にみてあげたいのですが。

| 旅行温泉巡礼遍路 | 22:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

奈良薬師寺の復興に思う

金堂2階部分の全てが経蔵である


 先日親類のお見舞いを兼ねて奈良へ行って参りました。奈良、京都は寺社仏閣の宝庫ですがこの歳になっても訪問できてないところが一杯ある。教科書に出てくるようなお寺さえ行けていない。

たぶん誰でも修学旅行などで東大寺には行っても唐招提寺や法隆寺、薬師寺には行けてない人は大半だろう。私もそのひとり。西国33観音霊場参りも興福寺だけ。

今回ようやく唐招提寺と薬師寺、法隆寺に行く予定を組んだ。唐招提寺前の駐車場に車を停めて歩いて2ケ寺を訪問する。

詳細な下調べはせずに訪問したが特に薬師寺については何度もNHKなどで復興、修復の様子が放映されていたので想像はしていたがその復興振りは驚嘆に値する。白鳳往時の主要伽藍は全て復元されたのではないだろうか。

東塔は鉄の鎧いを被り見られなかったが、西塔、金堂講堂、回廊の建築当時のきらびやかさに驚かされた。遠い昔の教科書で見た薬師三尊像は千数百年も前に作られたとは思えないほど艶やかであった。あの日光菩薩、月光菩薩を拝観するだけで充分癒される。

この復興財源が庶民の写経納経によってほぼ全てがまかなわれたという。テレビなどで良く露出度が高かったので良く憶えている、あの饒舌な高田好胤前管主の功績である。見方によれば金儲け第一主義のお寺の代表のように思われる方もいるかも知れない。その通りですと案内僧は冗談めかしておっしゃる。薬師寺であったがこそ庶民に受け入れられたのだと思う。

復興を国に頼らず、勧進だけで成し遂げたのである。実際にその伽藍を見て驚きを隠せない。

| 旅行温泉巡礼遍路 | 10:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

兵庫の有名三湯より山陰の温泉だよ

 あまり下調べもせず、兵庫県城之崎、湯村の温泉に行って参りました。有馬温泉を含めいずれもかなり有名で一度は行きたいと思っていましたが、残念ながら自分の感覚からは期待はずれに終わりました。

中では、昔訪れた有馬温泉の印象の方がよかった。城之崎、湯村は小説などで有名なだけの印象で温泉そのものは私にとって好ましいものではありませんでした。

関西の方々はもう少し足を延ばして鳥取、島根に行かれたらすばらしい温泉に巡り合えると思います。道の駅もたくさんあり、車旅には絶好です。

山陰の温泉も有名どころよりひなびた小さな温泉の方が満足できる。例えば皆生温泉より広瀬温泉とか鷺の湯温泉。東郷温泉や羽合温泉。玉造温泉より付近の小さな温泉がたくさんある。

もっと足を延ばして島根へ行くともう貴重、希少な温泉がたくさんある。出雲湯村、三瓶温泉、小屋原温泉、温泉津など枚挙に暇がない。車で温泉はしごには最高。鳥取島根の温泉恐るべし。

| 旅行温泉巡礼遍路 | 22:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

温泉地の共同湯

 昨日は道の駅神辺高原で車中泊でしたが少し到着が遅く併設の温泉施設には入れませんでした。さすがにスキー場で高地にある為、夜桜満開。

実は夕方、念願の城之崎温泉に行ったのですが、何かお祭り?か何かの為街中の駐車場には入れず、駅前の駐車場はタクシー専用で駐車可能な場所が見つからずあっさり大江戸温泉でUターン。うろうろしただけで予定変更。

城之崎温泉の共同湯に入りたかったのです。城之崎の共同湯は旅館の共同湯であって、ドライブ客にとっては近くに道の駅や歩いて行ける駐車場も無く、街中しか駐車場も無い。何か催し事があったりすると駐車不可能な温泉場のようです。電車バス利用のあくまで宿泊客だけの温泉場。それはそれで城之崎温泉の特徴かも知れません。私の事前調査、理解不足でした。 auto packerなんたらHPを見たのがいけなかった。

起床し早朝、神辺高原からトンネルを抜け、国道9号線沿い兵庫県北の湯村温泉へ行へ。薬師湯の駐車場は2時間200円。中国地方には無い、近畿でも多分一番の高温泉です。朝8時過ぎでで入浴可能でした。料金400円。お湯は特に特徴の無い無色透明の湯。アルカリのぬめりも全く無い。温泉臭もありません。掛け流しかも知れませんが加水し有効成分は殆ど失せていると思われます。

場内には熱伝対を使った発電装置を活用し発電しながら温度を下げる活用法で適温にしていると説明がされていました。それであれば、成分など失われるはずは無いのですが、元々温度が高いだけでただの水に近いのかも知れません。

同名の出雲湯村温泉は同じくアルカリ単純泉ですがさらっとしていて源泉が40℃強でそのまま掛け流しの為、肌触りや香りなどはるかに上質に感じられました。規模が100倍くらい違いますが。

湯村温泉は夢千代日記で有名な温泉。町もこれが唯一の宣伝文句。入浴後、整備された川沿いを歩き荒湯(源泉場)で生卵を買い、足湯している間に10分少しで柔らかめの温泉卵が出来上がりました。荒湯は湯煙りと僅かに硫化水素臭が漂い成分は濃いものが予想される。薬師湯と似ているのは無色透明。

一言、言わせてもらえば薬師湯はサウナ、露天風呂も付いた小型スーパー銭湯風です。共同湯にミストサウナが必要なのかな?地元民の共同湯であれば、70円は理解は出来ます。あからさまに記載する必要があるのでしょうか?券売機の料金表を見ながら独り言ですが、あ!70円だ!と叫んでいましたら、受付の女性が400円ですよ!と大声。

まあ2時間の駐車料金と思えば高くないのですけど。入浴客は2時間無料とは記載が見当たらない。受付の女性に声を掛けてもらったので無料で済んだ。駐車料金まで取られるとスーパー銭湯以下だ。

共同湯の形態は来場者にとってわかりにくい。湯村温泉薬師湯のようなスーパー銭湯風の共同湯もあります。共同湯には無料で地元民以外でも入浴させてもらえる場所もあります。地元民も町外者でも同じ300円という所も山陰ではたくさんあります。一般300円表示で表示はしていないけど地元民は無料というところもあります。(九州の温泉地などに多い)

飛騨平湯には24時間無料の共同湯もありました。(喜捨料金)

今も昔も温泉好きは跡を絶たず、共同湯の関係者は外来者を歓迎出来ないのかも知れませんが、温泉地であれば温泉客で地元は経済が成り立っているはずです。少し堅苦しくとも、大きな掲示板等で共同湯の形態の説明をして理解を求める努力は必要かと思います。薬師湯には湯村温泉の案内図すら置いていなかった。水資源も温泉資源も同じ、只の既得権益を保ちたいだけでは文句も言いたくなる。
町内者と町外者の記載順が逆だぞ。腹の立つ看板。区内者は70円 
受付には町内者70円と確か記載があったがこの看板は150円。400円は変わらないが?
関西から城之崎や湯村温泉に行くなら少し足を延ばしてひなびた鳥取の温泉が余程湯ったり出来る。帰途は東郷温泉国民宿舎の湯に浸かって倉吉経由で帰る。



| 旅行温泉巡礼遍路 | 14:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

温泉と温浴施設 温泉について

 広島や福山市内にも"天然温泉"が何箇所も出来た。でもそれは平成時代に入っての事。地質調査と深層掘削によって高い確率で温泉が出る。昔は宝くじに当たるようなものと言われていました。あまりにたくさん日帰り天然温泉が乱立した為、地方によっては過当競争時代に突入し休、廃業する施設もでてきた。

私も若い頃は見向きもしなかったのに、最近は月4回は行く。
突然ですが、風呂と温泉は違う。公衆浴場と温泉共同湯とは違う。温泉と謳っているが温浴施設も結構ある。管轄する国の窓口も温泉と、公衆浴場はそれぞれ環境省、厚生労働省と管轄は異なる.

温泉、天然温泉などの用語の使用に当たっては温泉法などで規定されている。源泉温度25℃以上とか温泉成分が規定以上含まれていることなどである。また温泉を提供する施設にあっては公的温泉分析書や入浴注意事項や源泉に何らかの加工をしている場合は表示、掲示を義務付けられている。例えば源泉温度が高すぎるので加水していますとか。逆に加温とか循環とかレジオネラ菌対策の為塩素殺菌しているとかである。
結構温泉、風呂好きとしては知っておいて為になる事が多い。

少なくとも初めて行こうとする温泉は上記の事を調べてから行きたいと思う。唐突に行った場合でも窓口周りの表示を確認すればよい。掲示していなければ聞けば良い。

しかし、施設の方々でも温泉法や掲示の義務化を知らなかったり、観光協会でも温泉で無いにもかかわらず〇〇温泉などと紹介しているところさえある。ある瀬戸内の有名観光都市の観光協会で7ヶ所ほど旅館等温泉施設として紹介しているのに入湯税収入は0。聞けば温泉の許可、温泉分析表示しているところは0。ただ、昨今の日帰り温浴施設、入浴料1000円以内の温泉施設では入湯税は免除したり有名温泉地でないので徴収しないとする自治体もあり入湯税はゼロかも知れないが少なくとも温浴施設を温泉として観光客を呼ぶのは絶対に止めて欲しい。厳しく言えば詐欺商法を観光協会がやっているのである。指摘しても改めるべきところは改めますと回答するが改めるそぶりも全く無い。

@nifty温泉 行く前によく閲覧する。が、温浴施設も公衆浴場も区別が無い。評価もまゆつばと感じるものも少なくない。でたらめな区分がまかり通っている。時々訂正削除のメールを送っているが大抵無視され、訂正やまして削除されることなど無い。こちらのコメントや採点が厳しいとこちらが削除されてしまう。

温泉好きの諸君、かしこくなって本物の温泉に浸かろう!

| 旅行温泉巡礼遍路 | 19:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

旧閑谷学校

 赤穂で法事のあと赤穂花岳寺をお参りし、帰途和気の旧閑谷学校を訪ねました。

大変有名な旧藩校で近くを通るたび気になっていたのです。
明治時代の中学校
明治の香りがする

敷地左奥にある明治期の旧閑谷中学校。一見綺麗なのですが建物はシロアリに食われ痛みが激しい。私が通った小、中学校は終戦後の建物ですが形は似ている。内部は板張りと、違うところは多いが雰囲気はやはり学校。廊下の敷物は見学用か?

現在も教育施設があり、藩校、旧閑谷中学校、などが保存されている。世界遺産登録運動をしているが近隣に関連施設などが無いのが惜しまれる。

ふるさとの育った学校は今一部の校舎がある。なくならないうちに見ておかなくては。
懐かしさがこみ上げる。

| 旅行温泉巡礼遍路 | 10:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

やっぱり温泉は九州。砂蒸し温泉初体験

初体験の山川砂蒸し温泉。区営鰻温泉、由布岳が見える中川温泉蛙乃湯。温泉満喫の旅です。

山川砂蒸し保養施設
山川砂蒸し温泉 
 砂蒸し場は建物奥の砂浜にテント仕掛けです。雨と波しぶきがかかる荒れ模様の天気でした。

砂蒸し浴はたった15分。気持ち良かったのでもう少し長く寝ていたかった。みなさん短すぎるとおっしゃる。
 
地元の人はいない。全て観光客だった。

上がり湯。窓外は荒海だったシャワーで砂を流し上がり湯に入る。熱い方でも35℃くらいでした。触ってはいけませんと書いてありましたが、体が冷えそうなのでお湯の蛇口をひねり適温に。貸しきり状態でしたので。 
気分良く30分入浴。
800円。 
区営鰻温泉区営鰻温泉。ふれあいの湯でした300円の共同湯です。

 硫黄温泉との事ですがほぼ無色透明。朝早くでしたのでしばらくは独占でしたが、あと次々地元の方々が入られました。遠方客は私だけ。
いい湯でした辺りにはすめと呼ばれる天然地熱蒸器の湯煙が立込める温泉地だ。西郷隆盛も湯治に訪れた。路地を隔てた休憩所で高温110℃蒸気5分で蒸しあがる温泉卵を食べた。5個200円は安い!!地元の方との触れ合いがありましたが言葉が半分ほどしか理解できませんでした。
温泉の高温蒸気を利用した蒸器でスメと呼ばれている 共同湯で販売しているスメ(蒸気の蒸し釜)で蒸した温泉卵を戴きました。

大分県岳之湯と劣らずたくさんの温泉蒸気釜があり、蒸気が立ち上る様は旅情を画きたててくれる。
南湯布院駅 中川温泉蛙乃湯。正面に由布岳あまりに狭くて落ち着かない

 家族湯が主ですが一般浴槽は画像の浴槽一つ、脱衣所も浴室内というすごくシンプルなものです。300円。この窓からは田園と見事な由布岳をのんびり眺めながら湯に浸かる事が出来る。ちょっと熱めなので入ってくる人は早々に退散する。御蔭で長湯が出来た。大満足のお風呂!でした。  アルカリ単純泉。 
しばらく腰掛石で休憩、管理人とお話しする湯上りにはそこらに置かれている座り石に腰掛てしばらく由布岳を眺め旅情に浸っていました。
湯布院では私のお勧めの蛙の湯。300円で満喫できる!連れの足くじきも直ったと言う。
 
温泉以外に今回は南宮崎に行って参りました。四国を横断し佐賀関に渡り、臼杵の石仏群、宮崎神社、青島、鵜戸神宮、日南の魚(ぎょ)うどんをわざわざ食べに。知覧の特攻会館で涙し、私の世代は宮崎への新婚旅行が大流行でした。でも私は今回が始めてなのでした。 長崎の知人に会いたかったのですが連れが道の駅の石段で足をくじき中断。天草から阿蘇、湯布院、経由で帰る。5泊6日1泊だけ旅館あと車中3泊の旅でした。



| 旅行温泉巡礼遍路 | 19:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

島根の名湯巡り、有福温泉、八雲温泉、広瀬温泉

 先日隣県の島根の温泉に行ってきました。有福温泉、八雲温泉(熊野温泉)、広瀬温泉です。出雲の社、須佐神社、熊野神社参詣を合わせての訪問です。

有福温泉は3月からの2回目で同じ御前湯。熊野温泉は熊野神社横にある地元の温泉、ゆうあい熊野館。広瀬温泉は月山の湯憩いの家これも2度目でした。

いずれも300円。多分広島県では300円はもはや1軒もありません。いずれ劣らぬ本物の温泉。
御前湯 
御前湯の2階休憩室。大正ロマンの建物。廻り階段をあがると休憩室。
 
熊野温泉。八雲温泉熊野館 
熊野温泉大きな浴槽と窓の向こうには露天。薄い鉄色。泉質はナトリュームカルシューム硫酸塩泉。

広瀬温泉憩いの家 
泉質は八雲温泉熊野館とほぼ同じながらこちらが含有量が多い。鉄錆び色も濃い。
300円なら毎日でも入りたいと思う。いずれも平日閑散時間帯であるにもかかわらず盛況でした。
こんな温泉が地元にあれば良いのにと訪れた都度地元の人がうらやましく思うのです。

| 旅行温泉巡礼遍路 | 21:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。