| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

我が家のオーディオシステム?が復旧しました

3年も前からアンプ故障によるスピーカーのボイスコイルを焼損させて以来、故障したまま放置していましたが、時たま聞く音楽はpcオーディオか居間の液晶テレビに繋いだ3Dアンプで聞いています。もはや年金生活の身、新たに高価なオーディオ装置購入など望むべくも有りません。昔たくさん作った真空管アンプやスピーカーなどは引越しの度に人様にプレジェントしたり廃棄したりして今はかけらもなく、懐かしい。

秋月電子に部品注文のついでにステレオアンプキットを購入し、FE167も自作トールボーイ型ボックスから取り外し余っていたFE107を取り付けました。少々強引にMDFでバッフルアダプターを作って取り付けたものです。

これが意外と音質が良く、FE167よりクリアーに特にボーカルや弦楽器が繊細に響きます。FE167は高域が出ず、ドロンとした音でした。ツイーターを追加する必要があると思っていたのですがそのままになっていました。FE106には充分な容積がありFE167用に計算されたバスレフスピーカーボックスですがFE107に付け替えると全域にわたってバランスよく、期待していなかった低音域も少しブースとしてやれば充分なのです。これにはびっくりしました。あのスワン型SPが素晴らしいといわれる由縁を垣間見た様に思いました。(おおげさ)

秋月電子のステレオアンプキットも充分な音量、音質がありFE106+16センチ用バスレフボックスとマッチングしました。入力ソースは自宅では殆ど使わないAsus X202EのItuneによるMP3再生のみです。
P1180369_20140410.jpg
SPボックス上に置いてあるのはボイスコイル焼損のFE167。コイルの交換が自分で出来ないか調べていますが難しそう。
P1180370_20140410.jpg
これでオーディオアンプとはおこがましい限りです。パワーアンプの放熱も無し、VRへの配線も単線を捩っただけ。追加した部品は10KΩ2連VR、DCジャック、SP端子。電源は12V2Aスイッチング電源。
X202Eとの接続はイヤフォン端子からでインピーダンス変換無しで接続していますがその必要もなさそうです。小型ヘッドホンプレーヤーからは音量不足です。

まあこんな形であってもなんとか安価に自作出来て、楽しく音楽を聴く事が出来る事の幸せを感じるのだと自分を納得させるのであった。

スポンサーサイト

| オーディオビデオ | 19:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ガリオーム

 私の体も相当ガリオームになって来てはいる。今日はこの話ではありません。

最近の方はガリオームといっても何のことやらと思いますが。

ここ数日補修、修理が続いています。可変定電圧電源は40年程前のアマチュア無線をやっていた頃の物ですが、何とか使えています。ただ、VR(正確にはバリアブルレジスター)を回して電圧変化がスムースでないのでこのVRを交換しました。付属のアナログ電圧計の針のスムースさに新品の感覚がよみがえりました。

これは8Vから15Vくらいまで可変でき5Aも取れるので実験などに重宝しています。音量調節などオーディオアンプでは電子ボリュームになって久しいですが、数ヶ月前廃棄したP社のAVアンプは電子VRでありながらひどいガリオームでガリノイズが出ない変わりにちょっと触るとスピーヵーから爆音大音量が発生していました。部品代を聞くと5000円以上修理代で10000円ですって。他にも故障が出て廃棄しました。

ディスクリートのアンプは修理可能なのに中途半端なIC、モジュールICアンプは修復不能です。

 
豆級をLEDに交換

地方都市は衰退し電子部品屋さんも相次ぎ廃業し通販でしか手に入らなくなりました。通販はクリック一つで買えてしまうのでつい、送料などを気にして一緒に余分なものまで買ってしまいます。上記のVRを買うついでに白色LEDは100個も買ってしまい、今日は電池2個の懐中電灯の球が切れたので抵抗なし直結3パラの無茶をやって見ました。電流は40ミリアンペアしか流れていませんので大丈夫だろうと思っています。
白色砲弾型LED3パラ 下は天眼鏡LED1個直結
ついでに天眼鏡の球も3チップLEDに交換しました。新品単3電池交換時の高い電圧が気になりますがこれも電池が消耗していたのか20ミリしか流れませんでした。

| オーディオビデオ | 09:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

もう泣きっ面に蜂!

 大失敗をやってしまいました。PIoneer AVアンプVSX-D3が数年前からガリオーム、リレーなどの接触不良など調子悪く数日前から左右共全モード音が出なくなってしまいました。左右同レベルのノイズだけ聞える状態。

あてもなく上蓋を開け、まずショックテスト。簡単な接触不良ではないらしい。メイン基板と信号制御基板?を繋ぐコネクターを外し、点検しようと電源swを入れたところ接続していた自作FE-167スピーカーからドスン!と大音量がした。

もう10年近いし、修理はあきらめて買換えかアンプを自作することにした。ところでPC用のスピーカーアンプを仮に繋いで当分使用できる様配線し音出しする。が!左右共異常に歪んでいる。FE-167 2本共ボイスコイル焼損。ボイスコイル部分がマグネットとこすれているのである。手でコーンを押してみるとゴシゴシ。<泣><泣>

また仕舞っておいたFE-107ツインのスピーカーに取り替える。これは低音が出ないのでYAMAHAスーパーウーファーYST-SW45を引っ張り出す。どうにか聞くに堪えそうな音になったが前と同じような6万円ほどもするAVアンプに買い換えるのはバカらしい。

ついでにDVDプレーヤーもトレイの開閉など調子がおかしかったので点検。ベルトは伸びで固まっているし、ディスクを認識せずすぐ排出してしまう。これもあきらめたLG製の安物なのであきらめはつく。安価なCPRM対応のプレーヤーを探し買い替えすることにしよう。

故障は続く。次ぎは何だろう?ウォシュレットも調子悪いし、そうそう風呂のシャワーの混合水栓もハンドルが異常に重くなっている。20年近いので買換えだろう。パソコンも最近のHD画像の再生すらおぼつかないし、ハイビジョン画像編集など歯が立たなくなってしまった。今はスペックダウンしてDVDに焼いてお茶を濁している。

秋月電子のオーディオアンプキットを注文した。テレビ用のICを使ったものです。何とか聞くに堪える音さえ出ればよいことにする。

これからは以前の生活を縮小し、昭和のやさしい時代にUターンしよう。車は軽、ようやくカラーテレビ、クーラーは無くても夕涼みして寝る。つつましくもあの昭和40年代に。

| オーディオビデオ | 00:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

デジタルオーディオプレーヤーに昇圧トランスを

昇圧トランスで音量アップのアダプターを製作

   先月カーナビなどのAUXに接続する為のトランジスターでプリアンプを作りました。欠点はポータブルプレーヤーのボリュームを絞らないと音が歪む。電源が必要。余分な配線がうっとうしい。

他の方法で簡単なのは市販FMワイヤレス。凝ってオペアンプICを使う。

ひらめきました。大昔レコード盤再生用MCカートリッジ(ムービングコイル型カートリッジ)に昇圧トランスを使っていたことを思い出しました。TRラジオの出力トランスST-30ってのがこどもの時使ったのを思い出しました。トランスといっても2cm角くらいの超小型8Ω:1KΩ?。これを逆接続で使う。

山水 トランスで検索。 今は橋本電気に製造委託し販売継続していました。インピーダンス比はST-30でも良いのですが入力トランスとしては1KΩ:100KΩのST-12が適当でこれを通販で購入
クリックすると回路図が
クリックで回路図
これ以上簡単な回路はありません。100KΩは無くてもかまいませんがあったほうが高域のピークが押さえられるようです。またトランスの鉄心もアースします。

薄いプラ板に部品を穴あけ固定し半田付け配線。100均食品シールパック200ccに組み込む。 入力側は1mミニプラグケーブルを直付け。出力側はミニジャックを取付。
 st12.jpg
自宅のアンプのAUXに接続直接接続したヘッドフォン出力よりトランスを使うと ボリュームを上げなくても音量が増加、FMなどに切り替えてもほぼ同じ音量となった。

カーナビに接続し外部オプションでVIDEO入力から鳴らしてみると大きな音量で再生される。文句無しです。外部ビデオケーブルは前回紹介しましたが各車用がヤフーオークションでも出品されています。

音質ははるかにこちらが良い。入力トランスは低レベル信号電圧なので損失が少なく特性劣化が少ないのです。本来高価なトランスを使うMCカートリッジ昇圧でもこの超小型トランスがマニアでも使うくらいなのだから文句なしです。

電源不要というのも究極のエコ!

昭和30年代のラジオ少年の気分を思い出させてくれました。確か150円くらいから300円で買えたと思いますが今回のST-12は税込み1個600円程でしたがその当時は学卒初任給は1万円以下でした。

世の中はカーオーディオでMP3を聞けるように最近外部AUX端子があったり、SDカードが直接挿せるタイプの機器も販売されるようになって来ました。つい10年前はMP3を再生可能なCDカーオーディオさえ稀でしたので隔世の感です。

| オーディオビデオ | 12:13 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

カーオーディオにMP3携帯プレーヤーを接続する

 携帯デジタルプレーヤーMP3を購入したのでカーオーディオから聞けるようにしました。

10年程前、携帯MP3CDプレーヤーにFMトランスミッターを付けてカーステから聞いていましたのでまた同じものを購入しようと思いましたが、FMは周波数ずれや、ノイズの問題があり直接接続できないか調べて見ました。

使用中の純正DVDカーナビNDDA-W55は外部VTRや地デジチューナが接続出来、音声ケーブルでMP3を接続すればOKとなりますしかし接続ケーブルの別売りはありません。自作しようと思ったのですがカプラーや接続端子図は公表されていません。例により、Webで探しまくりましたが見つからず代わりにヤフーオークションで出品がありました。1000円くらいから3000円くらいまで各社向けにたくさん出品されています。

最安値の1000円のを購入しました。今日実際に取り付けましたが、カーナビの後部のソケットに接続する為パネルの取り外しやケーブルの取出しに少し難儀1時間程もかかってしまいました。

操作画面にオプションでVTRが出現しますのでこれを選択、携帯MP3オーディオを再生すれば音だし成功です。MP3プレーヤーから市販のミニステレオオス-RCAピンオスLRケーブル→ナビ外部VTRケーブルに接続しました。

FMトランスミッターとは比較にならないクリアーな音質です。

ですが問題は少々音量が小さい(アンプの表示でCDやFMと-15db) プレーヤー側の音量を最大に、さらにカーオーディオ側もアップしなければなりません。なのでFMやCDに切り変えると大音量になります。

どうしてもプリアンプ(整合機)?の追加でレベル合わせの必要が出て来ました。

整合器の記事はこちら

| オーディオビデオ | 13:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

MP3デジタルオーディオ

 昔、カセットウォークマンが大流行した。それから四半世紀以上。時代の移り変わりはついにソリッドステート。半導体メモリーに記録されるようになった。私はオーディオには中学生の頃から興味があり真空管アンプや実験放送の時代のFMマルチステレオなども組み立てて聴いていた

この携帯オーディオ機器は購入したことは無い。子供に買ってやっても自分が聞く機会はないし、あまり必要性を感じなかった

ここにきてやれiphonだipodだとか巷で聞くようになったのと、ウォーキング時に聞いてみようかと思い立ちその首記のMP3デジタルオーディオというものをamazon.comで購入した。あまりに安価(トランセンドTS4GMP320 4GB 3290円) なのであまり期待もしていなかったが充分な機能、性能、記録容量もあり正直驚きであった。

早速パソコンのUSBに挿入iTunesお気に入りフォルダーからコピーし貼り付け3フォルダ2GBほど。ウォーキング開始。こりゃいい!


何がいいかというと、雑音が耳に入らない。自分の呼吸が気にならないでマイペースの呼吸が自然に出来た。出合った人には相手の声は聞こえないのでこちらからタイミング関係無しに挨拶した(出来た)うまく説明できないが出合った相手をあまり気にせず歩ける。


何を聞くのかというと、さだまさしや村下孝蔵など昔のフォーク。実際その時代にはあまり聞かなかったので逆に新鮮さを感じてしまう。


≫ Read More

| オーディオビデオ | 20:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。