| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

奥出雲の延命水

 奥出雲の名水 延命水を汲んできました。


大きな地図で見る

奥出雲 亀嵩温泉に行きました。単純アルカリ泉ですのでちょっとぬるっとしていますが、残念ながら塩素臭がしており、数年前の印象は良かったのですが前回は冬でしたので塩素投入量が少なかったからかもしれません。

 亀嵩は松本清張の小説”砂の器”の舞台となった場所です。先年のテレビドラマでも収録があったようです。父親はこの近く日南町出身だったり母親は志和(東広島)だったり清張が生まれたのは広島市。中国山中の、この近辺はなじみがあったようです。

 私自信は読んでもおらず、ドラマはちらっと見ただけ。清張全盛時代にもあまり好きではありませんでした。

でも清張好きにはたまらない場所なのでしょうね。

ついでに鉄道ファン好きで有名な出雲坂根駅のスイッチバックの場所にある湧水、延命水も汲んで来ました。




最近新築された出雲坂根駅。以前は木造駅舎


少し北側500mくらいに新たに給水場所が作られていました。
無料(浄財寄付)です。どこで湧いているのか不明

  また例のパックテストです。大山の水と同じくらいの硝酸性窒素濃度でした。同じ日本海側になりますのでアジア大陸からの大気汚染物質飛来が原因かもしれません。毎年黄砂の飛来は増加しています。酸性雨によるブナ林の枯死も増加していると聞く。

スポンサーサイト

| 水のお話 | 17:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

名水の硝酸態窒素濃度をテスト

 硝酸態窒素の検査キットを入手しましたので先日汲んできた鳥取大山の湧水、備後の名水、自宅の福山市水道水をテストして見ました。結果は以下の画像をクリックすれば大きくなります。 

大滝の名水0.35mg/?
 
大山清浄泉0.57   大山本宮の泉0.57

大山清浄泉は水場より標高の高いところはなにも無く登山者や野鳥、小動物程度。理解に苦しみます。大気汚染からきたものと推測されます。意外と備後大滝の名水が低値なのです。本宮の泉は大山でも標高は裾野に近いところですが大山清浄泉とほぼ同じでした。

俄山弘法水0.23mg/㍑ 
福山市水道1.72mg/㍑
福山市新市町 大滝の名水硝酸態窒素は 0.35mg/L 地元の人以外はありがたく汲ませて戴くという態度を見せないと気分の悪い事になる。車の中までペットボトルの数を物色されたり、混んでいたら、流し台水栓の水を同質だから汲めと言われたり。他の人がまともに志納金20リットル百円を入れているのを見たことが無い。どうもそんな人は維持管理費を払っているからだとか。汲みに行くたび気分を悪くする。部屋ではお年寄り同士昼間からカラオケ騒ぎ。
昔の検査ですがラドン冷泉とか。宣伝はたくさん掲示してあるのだが本当は地元以外の人間は来て欲しくないらしい。どこから来たかとしつこく聞く。地元意識が強く、既得権益を守りたいだけだと思う。
福山市津之郷町 弘法水 今は左側に大型タンク給水施設が出来ました
20リットル200円、料金所できっちり徴収される。余計なことを言うと(保健所検査有無を尋ねた)汲んでもらわなくても良いので帰ってくれといわれちゃった。
ここも昔の検査ですがラドン冷泉とか。小規模ながら入浴施設もある。一般人は入って欲しくないいわゆる組合員の共同浴場(公衆浴場なのだが)です。でも大滝の名水より、料金さえ払えばお客様という態度がはっきりしていて悪い感じはしない。

硝酸態窒素の汚染については日本国内全く汚染されていないところは無いとはいえ、鳥取大山の湧水にまで検出されてしまいました。

水道法の水質基準及び地下水環境基準は、硝酸態窒素及び亜硝酸態窒素として「10mg/L以下」と定められています。すぐに人体に影響がある数字ではないと思いますがブルーベイビーは日本でも出生しています。命の水大切にしましょう。 
 
福山市水道は0.8mg/L前後でHPで公表されてはいます。(上記は公表値より多いが)

季節により変動があり梅雨時が最悪の時期のようです。芦田川より取水されており、全国的には平均値以下のようです。季節変動が大きいのも取水場所からやむを得ないと思われますが有害物質濃度は一時期より向上しております。

硝酸態窒素の水資源への影響は全国的にも悪化傾向にあリます。熊本など農業県では深刻な事態に直面しつつあり、県あげて取組みがなされようとしています。

芦田川水系においても窒素系肥料の減量化、環境浄化のさらなる取り組みが望まれます。

硝酸態窒素の話と別件で随分いやな思いをした。
他人を思いやる心、もう少しやさしくなれないかなあ。。。。。


| 水のお話 | 12:30 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

水を求めて大山に出かけました

 絶好のドライブ日和。1000円高速を使用し、境港、皆生温泉、大山にドライブ。

目的は境港でお魚の買い物、皆生温泉入浴、大山の森林自然浴とおいしい水を汲みに1000円日帰り欲張りドライブの旅です。

高速道路はそれほど渋滞など無く、SAでの人出はちょっと混雑程度。13:30頃、境大橋をくぐった境港水産物直売センタ―に到着。このほか三ケ所ほどある直売センターの魚市場がありますが、昔からのこちらが市場らしく活気があります。価格も安い目?と思います。買い物よりこの売子の活気が好きです。大蔵省も売子さんとの掛け合いを楽しんでいるようでした。

鮮魚もよく取れる時期なのか結構たくさん並べられていました。買って帰ったのは干物類とシーズンではないのにカニ。姿寿司にしたら丁度良い大きさのアジが安価で売られていたのですが、保冷箱の持参を忘れていたので断念。

皆生温泉おーゆーランドでたっぷり入浴。いも洗いとまではいきませんが混んでいました。いわゆる食塩泉です。ここは基本料金は350円と安価ですがサウナ、洗剤など別料金です。ランチ付などメニューが豊富。サウナ付で520円でした。皆生温泉の歴史や各種温泉の効能などのパネル展示が勉強になりました。

最後の目的の有名な大山のおいしい水。たくさんの湧水場所がありますが、『本宮の泉』の源泉場所へ訪問。駐車場には地元の人は迷惑しているなどと案内板に書かれており早々に退散。ここから引かれている大山道路沿いのどんぐり村で20リットル汲みました。並ぶ事なく4本の水栓があり飲んで見ると、冷たく体にしみわたるおいしさです。100円奉納して参りました。この近辺の水道水は大山の水だそうで近隣の人は汲みにくる必要は無いそうです。汲んでいくのは私達の様な遠方からの観光客。


大きな地図で見る

ついでに大山寺を過ぎたすぐの離合場所?沿いの『清浄泉』。大山寺大工三輪平太の墓のある場所。悲しい伝説の場所なので水を汲む人は少ないようであるが飲んでみると本宮の泉とはなにか少し違うがおいしい。ペットボトルに入れて帰る。


大きな地図で見る


枡水高原を経由、ここにも道沿いに枡水地蔵尊の名水。ここで左折し蒜山道の駅風の家を目指し、旧大山有料道路。鍵掛峠駐車場で休憩。ゆっくりブナ森林浴をしながら蒜山インターより帰路に就く。ちなみに風の家は5時終了しており残念でした。せめて土、日くらいは夏場19時くらいまで営業して欲しいです。

現役時は月に数回米子を訪れていましたが今は遊びで年間2回くらい。晴れた日の大山の雄大な景色は気分が爽快になります。

| 水のお話 | 11:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

水についての話題

水の自然循環は破綻している
窒素肥料汚染の問題。数年前アメリカ、カナダで湖の汚染のニュースがあった。湖を水源とした公共水道水が原因で健康被害やがん患者が大量発生したとのこと。日本国内でも発生しているがあまり報道されないそうである。

それは硝酸態窒素と言われる物質。野菜や水に含まれ人体に入るとタンパク質とアミノ酸に結合する強力な発がん性物質なのだそうである。大気汚染物質のNOXがイオン化したものと考えると解かり易いとの事。主に窒素肥料のやりすぎによる農業汚染物質で除草剤などの農薬以上に厄介な汚染物質。

これの除去は家庭用の浄水器やアルカリイオン整水器での除去は現時点では不可能。スーパーなどで設置している、純水供給器、アルカリイオン水整水器で硝酸態窒素を除去出来ると宣伝しているものもあるようですが、大半除去できていないのが実態のようです。

作られた水も危険?
また純水の純度によりますが純水であればプラスチックやアルミなど金属までも溶解させます。超純水は液晶パネルや半導体製造時洗浄に使用されます。

海水淡水化プラントの水を飲み続けていると骨そしょう症になるといわれています。

スーパーに置かれている純水供給装置がどれほどの純水を作るかは不明ですが、学術的な純水という単語からは飲んではいけない水。有害物質を除去した水の意味で使用された言葉なら良いのですが逆浸透幕を使用したものはついでにミネラルまで除去される場合もあり全ての料理、飲料用として使用するのは疑問符が付く。

アルカリイオン整水器も同様であるとの説。むやみに盲信しこればかりはよくないと思うのはここまで読んでいただいた方は理解できると思います。アルカリ性の水は料理やお茶など飲み物に使用するとうまみ成分の抽出や濃縮が倍増されるようである。これは事実で業務用として料理店などで使用している。

しかし、飲料水として継続して飲むのはよくない。胃は強い酸性の消化液を出す。どうなるか考えて欲しい。胃腸病に効果があると謳って宣伝しているケースもある。ごくまれな胃酸過多症の症例のみではないか?薬の服用に使用してはならないと言うのは医者もメーカーも認めているのは事実。

煮沸して飲料とするのもよくない?
煮沸するとミネラルや体に必要とされるものが蒸発してしまう。雑菌類は死滅しても煮沸で重金属などが濃縮されてしまう。ここまでくるともう何を信じたらいいの?と言う事になる。トリハロメタンを除去するのに30分も沸騰させると場合によっては危険な水を作ってしまう結果となる。
目的によって必要なら煮沸するというのではどうだろうか?
元々生水として飲んで大丈夫な水なら不必要な煮沸はしない。コーヒーを入れるには必要なこと。なんでもかんでも煮沸した水しか飲まないのはいけないと言う事になる。

天然水は安全?
大メーカーが販売している天然水にも殆どに硝酸態窒素が含まれている。NOXがイオン化したものが硝酸態窒素なので大気汚染は地球全体に及ぶ。

硝酸態窒素の対策は?
海外先進国では既に施肥量のコントロールや除去技術の確立に取り組みがなされているという事です。公共水道の除去技術は確立されておりません。

個人的には自分が飲んでいる水を知る。それで自分で必要な対策をするということでしょうか。

有害物質は山ほどあります。悪名高いダイオキシンやPCB、農薬も深刻
これも触れだすときりがありません安全と思われる食品を個人で選別するのは不可能ですが同じ食品を食べ続けるのだけは避けたい。見た目私が子どもの頃より河川や海は綺麗になっていますが食品汚染は遥かに増大し、自然界に循環、拡大しています。

乳幼児や若年者にとって将来が大変心配です。早期対策が望まれます。私も調べていくにつれショッキングな話題に自分自身もうこの歳になっては遅かりしと思いました。

 !命の水!もっと知る必要があるのではないでしょうか?


もはや絶対安全な水はこの青い地球には存在しないのでしょうか?

| 水のお話 | 14:21 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

浄水器とアルカリイオン整水器

浄水器
私の乏しい知識からは活性炭フィルター、中空糸膜フィルターなどを使用し、トリハロメタンや塩素化合物、臭い物質などの有害物質を除去しおいしい水にしてくれるのが浄水器。

価格は1万円以下で充分買える。2ヶ月~3ヶ月にごと3000円ほどのフィルターを交換しなければなりません。体に害があるという話は聞きません。蛇口に取り付けます。

アルカリイオン整水器
電気分解によりアルカリイオン水を生成するものがあります。これはアルカリイオン水が体に良い、おいしい出汁がよく抽出されるので料理がおいしくなる。などの効果があるといわれています。

ところがアルカリイオン水は体に悪いので飲んではいけないという説もあるようです。特に食前、食事中などは胃酸を中和してしまうので絶対飲んではいけない。胃潰瘍を作り、ピロリ菌が喜ぶなど言うのです。参考『1日2食健康法』。 しかし胃酸過多の人には良い効果もあるらしい。

価格は数万円~数十万円もします。形は据え置型。ランニングコストはフィルターを約6ヶ月毎3000円くらい。中には胡散臭い商売も話題になります。

天然の銘水
私は備後の湧き水 弘法水、大滝の名水、延命水、長生きの水など山へ行った都度汲んできます。いずれもおいしい水です。が常時家に貯水というわけには行かず、水道水も飲みます。

 単純に水道水を5分ほど沸騰させるだけでもトリハロメタンは消えるようでおいしくもなります。

というわけでペットボトル入り市販の水は購入したことはこの数年ありません。

上記は間違い!15分以上煮沸しないとトリハロメタンは消滅しないし、逆に短時間の煮沸ではトリハロメタンは増加するとの事。 大変な間違いをここ数年やっていました。

飲料用として購入するなら最近性能もアップした高機能浄水器。アルカリイオン水の料理がおいしくなるというのも魅力です。これが今の私の結論ですが、大体勇み足が多いのでしばらく検討して見ます。

| 水のお話 | 12:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。