| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

コンプライアンス軽視の結果

東京都知事、東京オリンピックの問題。政治的なことに触れないつもりだったこのブログですが、舛添都知事の行状は公私混同というより、まさに詐欺師そのもの。即刻辞職はもちろん、捜査当局は罪を問うべきである。

往生際も悪い、金の亡者。知事の給与収入は血税であるという認識などさらさらない!なんでもかんでももらえるものは1円でも領収書をもらって政治資金として請求する。罪を問うのはもちろんであるが都民にとっての損失は詐欺内容の返還賠償だけでなく、辞職に伴う選挙費用まで賠償させる必要がある。あの笑い顔を見ると罪の意識など全くない。

辞職すれば済む問題ではない!
血税が無駄に使われる!
都民は声を大にして怒るべきだ!

東京オリンピックの招致の為とした、2億円の振り込み問題はコンプライアンス調査がなされていれば子どもでも解る。国民サイドから見れば、反社会団体を隠れ蓑にした業者と同一であり、もう不正な行為で招致したオリンピックはいらない。招致委員会は国民に対して説明、謝罪しなければならない。私利私欲の疑念すら沸いてくる。

胡散臭いCMがあふれている。過払い金返還や、B型肝炎保証、薬品などなど。オリンピックの招致についても同様だ。利益につながるなら何でも商売にするってこれでいいか?

日本は腐ってきている。政治家は自己利益しか考えていないものばかり、。政治不信はつのるばかりだ。

無責任な政治家。こんなことを繰り返している限り、年金崩壊の足音が大きくなっている様な気がする。

≫ Read More

| 政治と暮らし | 11:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

政治に将来の日本を任せられるのか?

 危機的な状況に日本は置かれている。
その認識が殆どの政治家に無いというのがさらに危機的状況を生んでいる。

将来の年金受給を受けられないのではないかという、
現役時代の不安感は現実味を帯びている。
受給者も将来確実に受給カットは待ち受けている。

医療も崩壊寸前。
生活保護者は爆発的に増加している。

経済が沈滞し税収は減っているのに支出は増加
国民一人当たりの借金は数千万円と言う。
給与はダウンしているので収める税金も減っている。
企業は脱日本。将来の税収は減少の一途。

不安が不安を呼び個人は余計な買い物はしなくなった。
企業は大企業のみ肥大化している。

欧州の財政破綻への不安は時間単位で一喜一憂している。

日本が他人事でいられるわけは無いのに。
あまりに日本の政治家は馬鹿の集まりなのではないのか。
政治家ではなくただのサラリーマン。

数年前、駄目自民党に愛想を尽かし、国民は民主党を選択した。
今国民はまたやっぱり民主党もだめなのか同じなのかと不信感を募らせている。
かといって、自民党の昔の社会党のような、
なんでも反対のなんでも批判の態度は支持は得られない。

財政建て直しが一刻の猶予も無い状態に置かれているとき、
民主党はイタリアの首相のような政治家になれるのだろうか

本物の政治家が日本を救う事になる。衆愚政治は確実に日本を滅ぼす。

| 政治と暮らし | 09:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

事業仕分け

政府による事業仕分けですが、やはり税金でまかなわれている事業は無駄な事業が多い。また民間と違い利益を出さなければ潰れるという意識が無い。必要不必要か客観的に決められない事業も多い。独法だけでなく再度あらゆる事業の見直しを行過ぎと思われるくらい、やってみるべきだと思うのです。

県や市町村単位でもそんな動きが出てきても良いと思うのですが、遅々として進んでいないように思います。国民としてはもはや国や政府は個人を守ってくれません。希望が見えなくなって来ているのですから私たちは生活防衛に走らざるを得なくなるのです。景気縮小のスパイラルに陥っているのが見えないのでしょうか?

ギリシャは3割が公務員、公務員天国。権利主張しゼネスト。国家が破綻しそうなのに。スペイン、ポーランド、英国すら危ういといいます。日本の財政状況はイタリア並?日本の格付けが3ランク一挙に下がるなど、考えたくは無いのですが、中国のバブル崩壊のあおりを食う可能性など、考えておかなければならないと思うのです。世界同時不況の火種は世界中いたるところくすぶっているようです。

日本政府や地方行政の甘い体質、議員のサラリーマン化。甘い汁に群がる天下りなど利権団体。日本をだめにしている元凶か。右肩上がりの時代には多少そんな無駄があっても目をつぶっていられましたが、今の時代まずは徹底的に無駄の削除を行なわなければ財政建て直しなど出来る訳ありません。無駄を省き必要な事業だけに絞るのは当たり前の事。

国民負担は今後急激に増大することは間違いないところ。年金生活者の当方としては生活防衛に走らざるを得ません。私も家庭内事業仕分けを、ここのところ、やっております。といっても生活程度縮小のようなものですが。

今年65歳になり介護保険料が大幅値上げという通知です。また健保組合から値上げの案内も来ました。最低でもそれらの相当分くらいは事業見直しを図り財政建て直しせねばなりません。光熱費の節約も必要ですが多額の割合を占めているものは、

健康保険料、税金、各種保険、自動車保険、インターネットプロバイダー、携帯電話のコース変更、携帯メールの配信変更、製品購入先のネットへの変更、100均使用、光熱費等の支払い一元化などです。

結果は一部過去ブログにも記しましたが、傷害保険は重複分は解約。医療保険も一部解約。保険の削減効果は大きく、意外と次は携帯電話の見直しです。携帯は今まで毎月3500円程でしたが現在は1500円。年間18000円の削減。Amazonやオークションなどネットで購入するものは10000円以下のもので安けりゃ文句の無いもの。

| 政治と暮らし | 12:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

無反応な日本

 最近の報道をみると調査捕鯨、イルカ捕獲などの問題、トヨタ車のリコール問題、など1980年代のジャパンバッシングの再来を思わせるものがある。当時とは全く同じ繰り返しとはいえないが、今回こそ問題の過剰な反応によるジャパンバッシングの様相を見る。



もちろん個別の問題に対して対応しなくて良い話ではないが、少し向けるべき矛先が違う気がする。過去アメリカは日本たたきをで問題を解決できたわけではない。それどころか自国の産業をきちんと育成はして来なかった。結果ここ数年のアメリカ発世界不況が発生しGMなどの自動車産業壊滅となっているのだ。



同じ繰り返しというなら怒りの向けるべき矛先は中国、韓国、台湾、東南アジアなどの新興諸国かも知れない。しかしこれは自由貿易自由主義の常。放置してよいとはいわないが、アメリカなど先進国は世界の流れに自国の努力無しで将来があるわけではない。



日本は今の閉塞した状況をいかに脱するか、また必ず脱する事が出来なければ将来は無い。夕張どころか一億総飢え死にするしか無い。いまこそ国益が最重点問題である。ODAなどに金を使っている場合ではなくなった。民主党政府は無反応で緊張感に欠けている。外交は中国を見習え!















| 政治と暮らし | 17:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

政治不信

 近頃の政治経済はどんどん悪化の一方であるように思います。

日本経済は根本的な回復の目途など無い様に思います。過去成功した事例など通用しない時代になっています。今の世界の状況から日本のおかれた立場を冷静に分析し、進むべき方向を何とか見つけないとこのままでは日本は沈没します。

成長しなくても夢のある、生きがいがあるような将来が描ける方向は無いのでしょうか?無限の成長が無くては政治も経済も成り立たないのでしょうか?自然に帰る人間の生き方を今こそ模索するときのような気がするのです。

もう既に日本の国の経済は破綻している状況だとしてもおかしくない国の借金。夕張が日本を象徴している。

日本の舵取りを政権交代などという音頭に乗って国民は現政権に託しました。本当の政治家はこの世には居ないのでしょうか。ここまで日本の舵取り役がだらしないのが続くと世界での日本の信用などあったものではありません。

将来に夢がある国でなければ経済が縮小し、終いには年金支給率50%削減などという状況に陥る可能性まで考えてしまいます。


| 政治と暮らし | 13:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |