2009年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年03月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

パソコン組立てパート2 その三

 TWO-TOPよりパーツが夕方到着しました。予定より早く到着しましたので、ミニタワーケース(電源付)とIEEE1394-PCIカードの購入がまだですが、手持ちの旧ATX電源を使用し、バラックで組み立ててみました。WindowsVistaセットアップまで完了しました。以下レポートです。

最小構成のCPU,メモリ、モニタをマザーボードに接続しBIOSを確認しますと、BIOS Verは0504でCPUはE7400と表示されるもののBIOSをアップデートせよ。エラーですとなにやらメッセージ。E7400のまま、新しいVer0601を書き込んだCDをセットしましたが、起動時AIT+F2でEZFLASH2ユーティリティに入れません。何度繰り返しても同じ。前回と同じ、仕方なく手持ちのCPU E2200を装着しCPUを認識、これで素直にAIT+F2でEZFLUSH2が起動、BIOSのアップデートが完了。0601が2009/02/25のリリースでありました。ちなみにBIOSを覗いて見るとさっき無かったと思われるTOOLというメニューがあり、ここにEZFLASH2が選択できるようになっているではありませんか!

英文説明書にはちゃんとBIOS SETUP MENUからも起動できると書いてあります。説明書をよく読みましょう!ですね。 いや、やはりCPUを認識させてからでなければALT+F2もTOOLも表示しないようになっているのでしょう。確かE7400を挿したときCPU温度エラーのようなメッセージが表示されていたような?

今回は初期不良もなく順調にセットアップができました。VISTAのセットアップは1時間弱くらいで終わったのですが認証手続きし、アップデートすると2時間くらいかかりました。ダウンロードはすぐ終わるのですがインストールに莫大時間がかかるという印象です。マイクロソフトは現在のSP1ではなくSP2とかSP3で販売するのが妥当ではないのでしょうか、実使用上セットアップ終了だけで運用するというのはありえないでしょうから。

まだXPが併売されています。XPを選択する人がいまだ絶えないのが解るような気がします。価格が5千円程高く、大量のメモリや高性能CPUを要求するVISTAを敬遠するのでしょう。画期的と言えるほどのOSでは無いような気もします。次のWindows7?を待つと言う手もあります。

 旧型ATX電源でもなんとか動きましたがスリープが対応しません。明日ケースを買ってきて組み込みます。


関連記事
スポンサーサイト

| パソコン | 23:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

パソコン組立てパート2 その二

パーツリスト。最新マザーではありませんが安全確実な選択です。iEEE1394はPCIスロットに増設です。HDDはなんと500GBですが5,000円弱で買えてしまいます。キーボードは手持ち流用。

マザーはP5KPL-CMに変更しました。IEEE1394はPCIスロット追加しても価格的に高くならず、ASUSの方が使い慣れている。今まで故障も少なかったというのが変更理由です。

  今回はTWO-TOP通販です。送料無料と価格比較で決めました。ただ、即納ではなくマザーボードが2週間待ちになるようです。さあどうなる事やら...........。
関連記事

| パソコン | 09:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

パソコン組立てパート2 その一

 先日組立てましたパソコンは無事納品いたしました。ネット環境のエクスポート、インポートなどセットアップはすぐ出来たのですがハードディスクデータの引越し作業に思わぬ手間取りました。ハードディスクを取り外して新しいパソコンにつなぎコピーすればすぐに終わると思っていました。が、新しいパソコンが認識してくれない。立ち上がってくれない。

仕方が無いのでルーターに接続、急遽LANで共有フォルダー設定、によりコピー開始しましたが、遅い!!そうだ10BASEだった。全部で2時間程かかってしまいました。まあ遅くて当然これが新調の理由ですから。

 さてパート2ですが
もう一台同じ程度のpcを作る事になりました。先回の5万程度でしたが、DELLの売り出し広告をネットで見るとほとんど金額的には変わらないか安いくらいです。逆に本体性能はDELLの方が良いくらいです。

それでも私が作る理由は私が元気で生きている限りの無制限サポート、セットアップ作業などを無償でしてあげられる事でしょうか。
今、部品の検討中です。CPUはE7400ですがMATXマザーが決まりません。ギガバイトGA-EG31MF-S2を使おうかと考えています。2000円程高くなりますがチップセットがG31採用IEEE1394を内蔵、ギガビットLANなどです。
急がないという言葉に甘えて、部品選びなどから楽しみながら検討しているところです。


関連記事

| パソコン | 21:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ノルウェー産冷凍塩鯖はそのまま焼くに限る

 ノルウェー産塩鯖冷凍品で さば寿司を作りましたが、やはり不味い。ノルウェー産塩鯖は焼いて食べる分にはおいしいのですが、やはり鯖寿司はだめです。でもせっかく作りましたので 作り方ではありませんが、だめ記録を残します。

買ってきたのは
 
自然解凍し、酢洗い、酢締めをします。一晩置きました。
酢飯を作り早速ラップ巻き1時間ほど置いて試食。


 
案の上、脂の乗りすぎです。口の中で身だけが溶けて流れる感じ。

脂が乗っておいしいといいたいところですが残念ながら、不味いという評価になります。あの噛むと歯ごたえがあり、じゅ!っと特有の旨味がしみて出てくる鯖寿司の味がありません。皮の部分だけでなく、身全てが脂身という感じです。
追記 冷凍→解凍を繰り返し細胞が崩れた粗悪品かも知れません¥198-でしたの。

ノルウェー産の塩鯖を使用して鯖寿司を作る方もおられるみたいですが、やはりこの脂身の処理が出来なければおいしくはならないと思われます。

薄塩のようですので解凍後再度たっぷりの塩で締めなおすと良いかも知れません。
 
食えないのでバーナーであぶりました。多少はおいしくなりますが、だめです。鯖寿司失敗の巻きでした。やはり、生のマサバに限ります。

冷凍でない、国内産の塩鯖だといけるのかな?でももうやめた。生に限る........ 

  matrasan  の鯖寿司の作り方のページはこちら

関連記事

| 料理寿司 徳島郷土料理 | 13:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

初めて操作しました Windows Vista

 Windows Vistaが発売されて久しくなりますが、私はWindowsXPを使い続けてきました。また他の人に作って差し上げたPCにもVstaはインストールしませんでした。XPの方がハードウェアスペックが低くても軽快に動くからという理由です。

今回Windows Vista Home Premiamをインストールした理由は、画像処理、動画編集をしたい、という要望があった事。その為必要とするメモリーやCPUの価格下落、円高下落で安価に組み立てられるようになった事があげられます。

2005年に昔の8ミリフィルムからパソコンへ吸い上げ、DVD化しましたが、とてつもなく時間がかかりました。
 いま、そのときと比較すると組み立てたPCで同様の作業ははるかに短くなっております。おそらく数分の1たぶん10分の1くらい? いま、ビデオカメラはハイビジョン化しており、巨大なファイル容量になります。これをストレス無く、さくさく編集、エンコード、焼付けなどまだまだ楽に出来る作業、環境ではないと思います。

 しかし、楽しい作業です。最終エンコードは寝ている間にやってくれればいい。くらいの感覚であれば、ハイビジョンのエンコードでも現在のスペックであれば我慢できる範囲でやれるのではないかと思われます。
Windows Vista Home Premiamを導入してあれば追加ソフトをあまり購入しなくとも画像、動画処理が楽かなと思ったしだいです。

関連記事

| パソコン | 11:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。