2009年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年04月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

立つ鳥跡を濁さず

 水鳥が飛び去ったあとも、また水が清く澄んでいるように、人も去るときは、あとが見苦しくないように、きれいに後始末しておくべきであるという戒め。

これがタイトルの意味のようです。今日はもう月末に近く4月から新年度。卒業や転勤、引越し、新年度への引継ぎなど、さまざまな場面でタイトルの戒めの諺が思い起こされます。

新たな門出を迎える人にとっても去る人にとっても身辺整理はこの諺を教訓に。

お役御免とばかりに放り出されては後のものが大迷惑します。

新任者は自分の過去の事には忘れがちですが、これまた人の振り見て我が振り直せの諺も必要でしょう。

昔、私が小さな出先の責任者であったとき、その職場の社員が転勤引越しとなりました。人員削減で借り上げ社宅を解約となりましたが、後日大家さんから呼び出しがあり、状況を確認して欲しいといわれ立会い致しました。諺とはあまりにかけ離れた汚さで私自身も唖然と致しました。

仕方なくではありますが休日に一日かけて大掃除をし、ピカピカにして大家さんに引渡し確認をしていただいた記憶がよみがえって来ました。これは私の部下への教育不足で私の責任でもあるのですが私は親から人の振り見て我が振り直せの諺はよく聞かされました。

たとえがあまりにわかりやすい直接的ではありますが挨拶や引継ぎなどがスムースに行われ、未処理事項を片付けてしまうと後任者は後、仕事がやりやすくなり前任者に感謝する事になるでしょう。

人間性の問題です。いくら頭の良いまた、地位の高い人でもこういうことが出来ない方が世の中にはおられます。人を踏み台のごとく昇進される人もおられました。


いま、この時期 大切な諺としたいですね。


関連記事

| なんとなく思う事 | 21:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Bドライブ

 最近自作したVISTAマシンが数日前からエクスプローラーで見たところ、1台しか接続していないフロッピードライブがいつの間にかBドライブとして認識されていました。

 私にとってはAX機を使ったシステムのメンテナンスをやっていた頃以来のなつかしきBドライブです。でもAがBに化けたもので気になります。読み書きは正常で特に害はないようですが。

BIOSではAドライブで認識されています。物理的な故障も疑い、FDDやケーブル交換、撤去取付など実施しましたが解決出来ませんでした。

ググっても見当たらず、レジストリを見てみようかと思いましたが、場所が探せず、価格.COMに書き込んで見ました。これも解決を得られず今日またググッて見るとMSサポートオンラインで見つけました。
VISTAで再起動を繰り返していると再現するそうで、やはりレジストリの変更で解決するとのことでした。

自己解決は出来ましたが、はたして単純に再起動の問題で再現してしまうのであれば発生頻度は少なくは無いように思われます。今USBメモリ全盛の時代、3.5FDを使用する頻度は微小となりつつあり、症状再現していてもエクスプローラーで見つける以外問題を発見する事もないかも知れません。
 最近ではFDを装備しないパソコンが標準となりつつあり、時代のうつろいも感じます。
参考に下記にMSのサポートページと価格.COMの私の書き込みページのリンクです。




関連記事

| パソコン | 13:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

鯖寿司大好き

 スーパーの店頭で新鮮で安価な物が出ていると、すぐ手を出してしまいます。行きつけのスーパーはディスカウントスーパーで鮮魚は安いのですが品物はもうひとつ?です。

鯖の新鮮なものを見つけると鯖寿司が食べたくなるのです。私が作る鯖寿司は2日がかりになってしまいます。

スーパーで午前中買い、すぐ調理、多い目の塩をして冷蔵庫へ入れます。夜遅く、酢水で洗って、昆布酢に漬け冷蔵庫へ。翌日朝ご飯を炊き、はんぼうで合せ酢で寿司飯を作り、ラップで巻きます。

味の秘密は生酢。ゆず酢を少しでもあわせる事です。

昼食には食べごろになっています。それを持って近場の温泉銭湯に出かける事もあります。

もともと鯖寿司大好きなので、以前はよく買ってきて食べていました。味はホントにさまざまで、どれも不味いと思ったことはほとんどありませんが、少し、くどいと思ったり、何か苦味を感じるものもありました。後味が良くないと感じる事もありました。

鯖の塩締めは多い目の塩で最低でも6時間。普段は12時間以上。

酢締めも6から12時間。鯖の味付けは酢で締めるとき、調味は昆布を使うことだけで、めったに甘酢にはしません。

シンプルな味で、食べ飽きることはありません。作って3時間以上置くと鯖の旨味がご飯にもなじみ、うまさ倍増です。

今日のは上出来でした。皮を剥ぐのは巻く直前にしました。青い色がきれいです。さあ鯖寿司弁当を持ってどこかに出かけようかな。


画像をクリックすると大画像が表示されます。

こちらで   matrasan  の鯖寿司作り方のページがあります。
関連記事

| 料理寿司 徳島郷土料理 | 10:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

デジカメ写真のデータ整理はどうしてますか?

 私の場合、結論からいうと、フォルダーをジャンル、カテゴリ、で大きく分けています。
さらに年月日で分けています。

例えば


てな感じ 都度SDカードメモリーに溜まると取り出し、USBカードリーダーに挿し、いったん全部、未整理フォルダーにコピーします。

あらかじめ保存したいところに空フォルダーを作成しておきます。

それを未整理フォルダーから切り取り、行き先の空フォルダーに貼り付けします。(ドラック&ドロップ)

同様を繰り返し、最後に確認し、残った不要なファイルは削除します。

写真のリネームは行いませんし、Jtrimなどで修正しても元のExifは記録データですから更新しません。

ビデオや音楽フォルダーも同様にしています。

Musicフォルダーは iTunesを使用するようになってから統一できなくていま、考慮中ですが。

どなたか他にいい方法があれば教えてください。
関連記事

| パソコン | 12:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

iTunes を使って見ました その2

 iTunes を使うまでさまざまなメディアプレーヤーを使いました。今まで音楽ファイルはエクスプローラーのフォルダーでジャンル別でのみ整理してきましたが、iTunes を使うと、困ったことがでてきました。

従来のファイル、フォルダーをそのままにして、iTunes にファイルを登録していくと、iTunes も勝手にアルバムフォルダーを自動生成して行くのです。これは困ります。

従来フリーソフトSuperTagEditorを使用し、アルバム名とかアーチストなどフォルダーごと一括変更などしていました。iTunesでも少し処理スピードが遅いですが一括処理が出来ます。iTunesのファイルと自分の従来のファイルは別々の物で、同期などは出来ないようです。

従って従来のSuperTagEditorを使用を続けるとiTunesには反映されず、しかもファイルは2倍以上必要となり、大変無駄なことになります。

iTunesのフォルダーはアーチストフォルダーの下にアルバムフォルダーの形のみでジャンル別でかつアルバム別などのツリー構造はとれません。決まった形のディレクトリ構造のようです。従って莫大なアーチスト別のフォルダーがスクロールしてしまいます。私の勉強不足かも知れませんが1万曲ほどにもなるともはや手動目視検索などは不可能です。アルバムが3,500ほどになりました。なにか別に方法があるのかも知れませんが.........。

iTunesのタグエディターを使うとSuperTagEditorとの併用は無理。別途保存してきた音楽フォルダーもiTunesに統合しなければ無駄なHDDスペースを食う事になります。iTunesのタグエディターは変換の反応がなぜかむちゃくちゃ遅い。

アルバム画像を使いたければ従来のファイルはiTunesに統合するしか無いような気がします。といいつつ、画像をWEBから探しては貼り付けています......。

たぶんこのまま使い続け、おまけにiTunes StoreでクリックしようものならAppleの思惑どうりになる。

関連記事

| パソコンソフト | 17:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT