2009年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年01月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

古里勝浦川の景色

旧今山橋上流の風景

里帰りの都度、何か違うと感じていたのです。

それは景色が青い、河原に緑が多い。

今の景色。今山橋付近から。

水面が多い。湖の様。玉石の川原は無い。

自然がいっぱいと思っていたのですが。

いつも夏。お盆の頃に帰るのでそう感じてもおかしくは無いのです。

子供の頃を思い出す。

ジェーン台風前は玉石の川原や少しの草木が混在していた。

用水路には蛍の洪水。鮮明に覚えている。

昭和25年、ジェーン台風で堤防やの草木、全てが流された。家や人までも。

それからも幾たびか台風の都度少し生えた草木はそのたび濁流に流された。

その後、川原は丸い石ころの石原となった。

草木は全て流され、白っぽい大小の石や砂利ばかり。

川からあふれるほどの大量の石ころと砂利。土泥は全く無かった。

左右に堤防が築かれた。

昭和30年台には砂利採取の機械がうなりを上げていた。

採取は禁止されたが既にあふれるほどの石原は姿を消した。

それなのにいつの頃からか川原は草原の様。

川原に玉石が見えない。水質もよく見ると昔の様ではない。

水中の石には泥が付着している。水に棲む虫が少ない

両岸の山はみかんの木が整然と手入れされて春には花が咲き、

盆地一円香しい匂いにあふれる。秋には黄金の山になる。

昭和40年代までは。

そしてみかんが売れなくなって久しい。

今もみかん山は残るがみかんの木と雑木の境が判然としない。

昭和50年頃、上流に正木ダムが出来た。

その後今の景色や水質になった。

台風が来ても昔のように堤防があふれるような水位にはならない。

土砂はダムで堰き止めれ下流にまでは達しない。

たまの放流で底をさらうように土砂を下流に流す。

しかし、上流から供給は無い。

淀んだ水面。草原のような川原。

小型台風では川はやさしく流れ草木は何事も無かったように。

子供の頃、喉が渇くと川の水を飲んだ。

洗濯も大きなものは川でしていた。

あずき餡を作るのに川の流れで小豆を洗っていた。

今、それでも水質は環境基準を満たしてはいるそうである。

いまも清らかに流れている勝浦川。

昔はもっときれいだった。

関連記事

| なんとなく思う事 | 10:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新型インフルワクチン注射しました

 新型インフルエンザワクチンの予約申込みを10月下旬にCOPD診断をもらった病院にしていました。年内に出来てよかったと思います。今日の病院は人であふれていました。

意外とマスクをしている人は半分くらい。蔓延しているという風には見えなかったです。ここにきて、ワクチンは充分供給できるようになったとか、英国などではだぶついてきているとか、感染しても殆どは重症化する比率は従来のインフルエンザと変わりないとか楽観論が出てきています。

これが鳥インフルエンザであってこの感染力なら世界でどれほどの死者がでたか、これを教訓に対策がたてらるのではないかと思います。
関連記事

| COPDと帯状疱疹 | 12:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

政治不信

 近頃の政治経済はどんどん悪化の一方であるように思います。

日本経済は根本的な回復の目途など無い様に思います。過去成功した事例など通用しない時代になっています。今の世界の状況から日本のおかれた立場を冷静に分析し、進むべき方向を何とか見つけないとこのままでは日本は沈没します。

成長しなくても夢のある、生きがいがあるような将来が描ける方向は無いのでしょうか?無限の成長が無くては政治も経済も成り立たないのでしょうか?自然に帰る人間の生き方を今こそ模索するときのような気がするのです。

もう既に日本の国の経済は破綻している状況だとしてもおかしくない国の借金。夕張が日本を象徴している。

日本の舵取りを政権交代などという音頭に乗って国民は現政権に託しました。本当の政治家はこの世には居ないのでしょうか。ここまで日本の舵取り役がだらしないのが続くと世界での日本の信用などあったものではありません。

将来に夢がある国でなければ経済が縮小し、終いには年金支給率50%削減などという状況に陥る可能性まで考えてしまいます。


関連記事

| 政治と暮らし | 13:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

冬場の黒酢たまねぎ

 黒酢たまねぎ。寒くなっても毎日作り続け食べています。

春先の新タマネギのおいしかった時期と比べるべくもありませんが、今の時期は、あまりに違い過ぎます。多少不味くてもCOPDの身としてはまた血糖値高めとしては欠かせない食品です。

こちらのスーパーで売っているのは北海道産ですが品質は安定しており、腐れなどはありません。地産地消と思い買った道の駅のタマネギは腐れ、カビだらけで腹がたつときも。価格も中型で一個50円程春は4個で100円で買えました。旬でなければ値段も高くなる。当たり前ですけど。

貯蔵物なので水分量が少なくなってきており辛味の他、苦味もある。あの目にしみる成分はより凝縮しているように思います。秋ごろからは蜂蜜も入れています。

結構たっぷり黒酢、蜂蜜を入れますのでタマネギを食べつくした後、瓶には残り汁"タレ"がたくさん残ります。このタレ、色々使い道があるのです。毎日ヨーグルトや黒豆納豆にも混ぜて食べています。最初は黒酢も少量しか入れなかったのですが単独でヨーグルトと混ぜるよりタマネギエキスと黒酢を同時に摂れる方が良いに決まっています。

黒酢たまねぎのタレ おすすめです。









 


関連記事

| 免疫力アップと健康食 | 20:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

私が画像、ムービーなどに使用するソフトの備忘帳

 毎年年末になるとこの一年分撮りためたデジカメ写真画像やムービーをDVD化します。今年は新しいデジカメを買いましたが、デジカメムービーがHD化(ハイビジョン)した為ちょっと難儀しました。


AVCHDという規格
買ったデジカメDMC-FZ38ではAVCHD liteの規格。拡張子はMTS。まずパソコンでの再生からつまづいてしまいました。これはAVS Media Playeという無料ソフトで解決しました。(Windows7では標準で再生可能となっているようです)

DVD配布
このままではDVDで配布できません。ブルーレイはまだ配布先はほとんど購入されていませんし、私自身まだです。DVDで配布するしかありません。当然画質はDVD画質になってしまいます。

編集焼付け
変換焼付けの手順は思考錯誤しながらとりあえず
1280×720のMTS→Free HD Converterで740×406のAVIへ→Corel VideoStudio 12試用版で編集MPGへ→Ulead DVD MovieWriter 2 SEでDVDに焼付け

使用パソコン
作業用のパソコンは現用機そのまま(XP、CPUペンティアムDual-Core2.2Ghz、メモリ1GB)で何とかなりました。Windows7でクワッドコアCPUであればMTSファイルを直接再生したりCorel VideoStudio 12で直接編集可能なようです。

快適な環境は?
現用のパソコンは基本的には3年前だからそろそろ更新しても良いかなとは思う。
今のハイエンド機であってもHDの編集はものすごく負荷は重いそうある。
DVD画質の編集並にはいかないそうである。
VGA画質に変換して編集。DVD配布でとりあえずお茶を濁す。


しばらく様子見としよう。
そのうちHD編集が快適に出来るようになると思う。

我が家でハイビジョン規格をパソコンや家電用機器で気軽に扱える様に機器を更新するには新たに数十万円の買い物が必要となります。

関連記事

| パソコン | 09:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT