2010年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年07月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

名水の硝酸態窒素濃度をテスト

 硝酸態窒素の検査キットを入手しましたので先日汲んできた鳥取大山の湧水、備後の名水、自宅の福山市水道水をテストして見ました。結果は以下の画像をクリックすれば大きくなります。 

大滝の名水0.35mg/?
 
大山清浄泉0.57   大山本宮の泉0.57

大山清浄泉は水場より標高の高いところはなにも無く登山者や野鳥、小動物程度。理解に苦しみます。大気汚染からきたものと推測されます。意外と備後大滝の名水が低値なのです。本宮の泉は大山でも標高は裾野に近いところですが大山清浄泉とほぼ同じでした。

俄山弘法水0.23mg/㍑ 
福山市水道1.72mg/㍑
福山市新市町 大滝の名水硝酸態窒素は 0.35mg/L 地元の人以外はありがたく汲ませて戴くという態度を見せないと気分の悪い事になる。車の中までペットボトルの数を物色されたり、混んでいたら、流し台水栓の水を同質だから汲めと言われたり。他の人がまともに志納金20リットル百円を入れているのを見たことが無い。どうもそんな人は維持管理費を払っているからだとか。汲みに行くたび気分を悪くする。部屋ではお年寄り同士昼間からカラオケ騒ぎ。
昔の検査ですがラドン冷泉とか。宣伝はたくさん掲示してあるのだが本当は地元以外の人間は来て欲しくないらしい。どこから来たかとしつこく聞く。地元意識が強く、既得権益を守りたいだけだと思う。
福山市津之郷町 弘法水 今は左側に大型タンク給水施設が出来ました
20リットル200円、料金所できっちり徴収される。余計なことを言うと(保健所検査有無を尋ねた)汲んでもらわなくても良いので帰ってくれといわれちゃった。
ここも昔の検査ですがラドン冷泉とか。小規模ながら入浴施設もある。一般人は入って欲しくないいわゆる組合員の共同浴場(公衆浴場なのだが)です。でも大滝の名水より、料金さえ払えばお客様という態度がはっきりしていて悪い感じはしない。

硝酸態窒素の汚染については日本国内全く汚染されていないところは無いとはいえ、鳥取大山の湧水にまで検出されてしまいました。

水道法の水質基準及び地下水環境基準は、硝酸態窒素及び亜硝酸態窒素として「10mg/L以下」と定められています。すぐに人体に影響がある数字ではないと思いますがブルーベイビーは日本でも出生しています。命の水大切にしましょう。 
 
福山市水道は0.8mg/L前後でHPで公表されてはいます。(上記は公表値より多いが)

季節により変動があり梅雨時が最悪の時期のようです。芦田川より取水されており、全国的には平均値以下のようです。季節変動が大きいのも取水場所からやむを得ないと思われますが有害物質濃度は一時期より向上しております。

硝酸態窒素の水資源への影響は全国的にも悪化傾向にあリます。熊本など農業県では深刻な事態に直面しつつあり、県あげて取組みがなされようとしています。

芦田川水系においても窒素系肥料の減量化、環境浄化のさらなる取り組みが望まれます。

硝酸態窒素の話と別件で随分いやな思いをした。
他人を思いやる心、もう少しやさしくなれないかなあ。。。。。


関連記事
スポンサーサイト

| 水のお話 | 12:30 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

もっと自然エネルギー使用を

太陽光発電、エコキュートは買ってはいけないと書きました。

 太陽光発電、発電した電気を自宅で直接使用する分はほんのわずか。売電することのみが設置者のメリットなのであって、エネルギー効率や自宅においての投資効率を考えると高額なお金をはたいて設置するようなものではありません。エコキュートにしても、今の半額以下になれば設置してもメリットはあるでしょうが、いずれも、この電力割引制度のような公平性を欠いた形で成り立つのは偽エコ商品といわざるを得ません。 まして電力を浪費するオール電化など決して導入すべきではないと私は考えます。その為に人類に危険な原子力発電を作らねばならないとはとんでも無い事です。

資源の無駄使い
 もはやこのような資源の無駄使いによる、大量生産のコストダウンの思考は考え直す必要があるのではないでしょうか。どう見ても大企業や一部の人だけが享受できる景気浮揚策であり、本来のエコではありません。

自然エネルギーの活用とエネルギー分散を
 
エコとは自然エネルギーを利用する事やエネルギーを使わないエコも。ちょっと昔に戻るエコもあることを見直す必要があります。太陽、水、風、海、木など植物 。家庭でも太陽熱、ガス、灯油、電力にエネルギー分散を。

ちょっと昔のエコ、電気を使わないエコも
私がごく最近実施したエコですが電気ジャーポットが壊れましたので買い換えました。魔法瓶に戻そうと思っていましたが家内の反対に合い、魔法瓶タイプの電気ジャーポットに買い換えました。しかし今までのような98度程の保温キープは止めて魔法瓶保温を使うようにしました。湯沸しはガスコンロです。保温はジャーポットの保温構造を使用するだけでほぼ待機電力程度になります。



朝になり、家族が使用する頃に再沸騰を使うか、コップ一杯だけなら電子レンジで短時間チンする。こんな使い方です。大型魔法瓶としての使い方そのものです。まだ使い始めて半月程度ですが前年同月と比較してなんと2000円も電気代が安くなっているではありませんか。我が家で一番の電気大喰らいだったのです。(恥)


政府地方自治体に提案

住宅建築には必ず自然エネルギーを利用した機器やシステムを全消費エネルギーの何割かを導入するよう義務つける事、住宅減税に結びつける事などが必要でしょう。二酸化炭素削減にも一挙両得にもなる。既に優秀なソーラーハウスやよく考えられた雨水利用装置、単純で電気を一切使わない太陽熱温水器なども。このような優秀な機器を開発した企業家や省エネに貢献した者への褒章制度など充実させる事が必要ではないでしょうか?

太陽熱温水器がかっこ悪くてエコキュートはかっこいい、こんな風潮は政府や大メーカー、販売業者、公共性が求められる電力会社のCM。我々はこんな人たちのに踊らされてはなりません。

家庭でも得られる、太陽熱、風力、雨水などの活用にこそ政府や自治体からの援助、支援が求められます。

誰もが公平に享受できるエコでなくて何がエコなのでしょう


この記事も書きかけ随時追加変更します。


関連記事

| エコに生きる | 09:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ちょっと昔にもどる

シンプルな太陽熱温水器は

 夏の陽が射した屋根に上ったことがある方は理解いただけると思いますが屋根瓦の熱さは靴を履いていても焼け付くような暑さです。冬でもお風呂の温度は40℃でよいのでちょっと追炊きするだけで追加エネルギーは大幅な節約になります。太陽光発電だけではなく、以前は太陽熱発電も平行して研究されていましたがいつの間にか光を電気に変換する太陽光発電に集約されました。


夏場の冷房は

 40数年くらい前、井戸水を通す冷風扇が急速に普及しました。電気冷房と違い体に優しいのです。家電メーカーの思惑や地下水の取水制限などで消滅しました。地域によっては再度見直されても良いのではないでしょうか。四国の有名な湧水、地下水の町、西条市で家電サービスマン時代の思い出。懐かしいです。町屋やキャバレーまでも通水ファン冷房が普及していました。今は使用されない水は垂れ流されています。

ゴーヤなど植物、緑のカーテンやコンクリ屋根の緑化やアスファルト道路にに打ち水。これでも2℃や3℃冷却効果はあるのですから。最近の新築住宅は庇(ひさし)が無い家が流行しています。部屋に直射光が入らないように庇やすだれカーテン。ガラスに断熱フィルムやシートの貼付けなど工夫できる事はたくさんあります。

特に屋根断熱は2階部屋において重要です。わたしは屋根裏換気扇を設置しています。屋根に穴開きホースで水を流すのも効果があります。屋根からの熱気を遮断すると場合によってはエアコン不要になるケースも。


暖房は

 現代はエアコンが主体です。これも薪ストーブやペレットストーブも見直されなければなりません。こんな昔に戻るようなシステムには政府の補助金は出しません。一部の自治体がほんの少し援助がある程度です。煮炊きを含めた囲炉裏。二酸化炭素排出量はゼロなのです。昔の人は当たり前なのでしょうが、ちょっと昔に帰るのもよろしいのでは。

部屋の外部冷気の断熱や保温断熱もなければいくら暖房器具を増やしても無駄にエネルギーを浪費するだけです。

お風呂に入りたい 日本人なら!

 家庭で一番エネルギーを必要とするのはお風呂のお湯を沸かす為です。今の時代、電気やガス、灯油を熱源としています。いずれも化石エネルギーが主体。これが不足するのでやむを得ず自然の敵、危険な原子力という訳です。


太陽熱温水器はエネルギーはただ。 二酸化炭素排出もゼロ!

 太陽熱を電気に一旦変換するのではなく太陽熱を直接エネルギーとしてお湯を沸かします。それを自宅で消費するのです。自給自足。エネルギー効率は太陽光発電を利用しお湯を沸かすのと比べると誰でも理解できると思うのですが。タンク分離型もある。これから地球温暖化が加速すると言われています。なぜもっと太陽熱を直接エネルギーとして利用する方法を導入しないのでしょうか?


太陽熱温水給湯システムは不凍液を強制循環させるシステムのものが一時流行しましたが、寿命が来た段階で廃れてしまいました。大手家電メーカーは撤退。液漏れなどの故障、製品寿命がモーターなど電気部品や、外装寿命より早く到達し、製品購入価格が高価だった。大半元を取れなかった。高価な補助熱源を必要とする。原始的で単純な太陽熱温水器はしぶとく生き残っていまっす。


おすすめはお湯を沸かす為だけの 太陽熱温水器

 夏はたくさん水で薄めなければはいれないぐらいになります。曇りでも40℃くらいは到達するので殆ど追い炊き不要。冬の薄曇りでも追い炊きや灯油ボイラーで熱湯追加だけで大幅な節約になります。20年くらいの製品寿命はあります。製造実績は50年くらいもあります。設置費用も含めて20万円程度。唯一、満水時300キロ程の重量になるのが欠点です。


太陽熱温水器にはエコポイントや助成金はない

 太陽熱温水器、ソーラーシステムにもごく一部の自治体から小額ながら補助金がでています。例えば広島県では広島市だけ20万円以上の太陽熱温水器に5万円。兵庫県では加古川市だけ先着順で1/3の補助など恩恵が受けられるのはごく一部。無いと言っても過言ではない。太陽熱温水器こそエコなのに。ただこれも胡散臭いメーカーもある。 長府製作所、YAZAKI なら問題はないと思う。


山間部では山が荒れています。

 消費されない森林資源をエネルギー源として活用できないのでしょうか、田舎のお宅であっても都市部と同様のエネルギー消費形態がいまや当たり前です。昭和40年代まではお風呂はマキで焚き、囲炉裏の家庭がたくさんあった。もちろん玄関、台所もひんやりした土間。かまどがあって、昭和20年代に電気が配電されたばかり。エネルギー支出は電気料金が初めてだったという。都市部であっても薪炭屋さんがたくさんあって繁盛していた。


荒れた山とエネルギー資源との話題はまた次回に考えて見ましょう。過疎化や雇用創出、人間性回復にまでつながる興味深い問題があります。


関連記事

| エコに生きる | 11:23 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

エコキュート太陽光発電は買ってはいけない

 ちょっと過激なタイトルですが、生活に余裕のある方はこの際、景気刺激策に乗り、政府や自治体からの助成金を活用し是非共、購入し景気浮揚にご協力いただきたい。が金持ちのエコ(エゴ?) との見方もある。それでなくてもも買った人すべてが良かったと考えている訳ではない。買ったのは失敗だと思う人がたくさんいるのも事実(後述)。

経済的にも公平性を欠いた施策

国、自治体のエコポイント、助成金制度は考え方が間違っている

 太陽光発電、エコキュートなどの設置購入費に国家と地方自治体両方から助成金をもらい、太陽光発電した余剰電力は倍の金額で電力会社が買い上げるという。この財源は一般消費者からの税金や電力料金値上げによってまかなうという事。購入者だってこれでも必ず元を取れるとは限らない。

話はそれるが高額な自動車や大型テレビなどにも金額が高いほどエコポイントは増額される。

このような理不尽が許されて良いのでしょうか。この付けは将来に禍根を残す事にならないのか? 

税の逆進性は消費税の増額と合わせて加速されるばかり。喜ぶのは誰だろうか? 


高額なエコキュート、太陽光発電は買いなのか?
 いずれも80万円くらいから数百万円もの高額な買い物です。毎月の電気代がただになるなら採算は合うだろうが寿命はせいぜい長く見ても15年くらいなもの。太陽電池パネル、単純に150万円を15年で割って見ると月8333円。しかし電気代はただにはならない。うまくいっても何とか償却だけは出来そうではあるが。資源の無駄使いになりなるだけだ。雇用の創出や景気浮揚にもならない。

よく考えて本当にエコなのか何がエコなのか自分の条件に当てはめなければならない。

エコキュートお徳か、元は取れるのか?
エコキュートは従来の電気温水器と違い炭酸ガスを冷媒としヒートポンプサイクルのコンデンサー(放熱)を熱源とし間接的にお湯を沸かすシステムで従来のヒータ加熱より3倍の効率を得られると宣伝。またサイクルの運転は夜間電力割引で負担は軽くなる。しかし高額な金額が元を取れる前に寿命が来てしまう。まず家電製品は10年から長くても15年の寿命になる。20年は使えなければ元は取れない。

 またIHヒーターと組み合わせた電化住宅割引などの電力料金は深夜割引を使用する分には割安なのだが日中に電力を使用するような家庭(老年家庭など)では割高になる。また大半の従量電灯Aの一般家庭の我々が負担しているのである。公平性にも欠ける。電力会社は公共性を持った企業であるはず。

エコキュートの根の深い問題点 約10年~15年が限度
エコキュートは耳新しい。発売開始からまだ数年しか経過していない。ヒートポンプサイクルの寿命は意外と短い。エアコンのサイクルと違い出力2Kw~3Kwものコンプレッサーを使う。高耐圧電気部品を使用しているし、もちろんマイコン基板も。故障は必ず発生する。欠陥が無くても10年間無故障は皆無に近い。しかし部品供給も修理も可能。

10年~15年が寿命
設置後20年間無償保守でもなければ採算に合わない。工場での大量生産品の部品供給は10年でも難しいのですから20年間の保守管理はほぼ不可能。私もさまざまな現場で20年正常に動作可能な状態に維持出来る一般家電製品なんぞ聞いた事が無い。エコキュートも太陽光も厳しい自然環境負荷、動作高温、高耐圧、高電圧に晒され、かつデリケート。家電製品よりもはるかに故障率は高い。但し超低価格で保守管理が使用可能ならこの点は何とかクリアできるかも知れない。

宣伝と実際は違う
私見としては冬季0℃以下になるのが当たり前の地域では設置しないほうが良いと思う。熱交換効率が宣伝のように本当なのかも疑問。冬場の熱交換率は広告では見かけない。冬場が一番の問題なのに。外気との熱交換は深夜電力を使う夜間に運転する。地域によっては冬場一晩中運転音がすると報告されている。深夜に発生する低周波騒音は近隣騒音としていずれ問題が発生する。凍結するのを避けて明け方まで分割お湯沸ししているのだ。


太陽光発電、日本には適さない。
瓦と一体以外は屋根は傷みます。パネルの故障、寿命もあります。強風で飛ばされる事も。黄砂などの汚れによる効率低下は発電効率の比ではありません。屋根の上は通常簡単に清掃も出来ない。年々発電効率も落ちてくる。一部のパネルの故障でほとんど発電しない状況にもなります。ほったらかしでは故障していても発電量が少ないだけで解かりません。保守点検は必須なのです。

東北日本海側など日照時間の少ない地方やビル影、木陰など設置条件に障害があれば設置すべきではない。 数十年故障無し、又は30年災害を含めた無料保障で瀬戸内のような曇りや雨の少ない地方でようやく元がとれるかもしれません。屋根材が寿命が来た時はどうする?エコキュートと同じくインバータにはマイコン基板やハイパワー半導体素子を使用します。デリケートなマイコン基板も。故障は付き物ですが故障修理は当然高額になります。メーカーに強くクレームを訴え無償修理の要求がなければ高額修理代を徴収されます。通常、太陽光発電システム修理はパネル、コンデショナーのユニット一式交換となります。

商売丸出しリフォーム業者など悪徳業者に騙されるな!
 耳に響きのいいオール電化。エコという嘘の看板でエネルギー効率の悪いエコキュート+IHヒーターをセットで売ろうと国や自治体の助成金を武器にしていることである。業者は当然ですが販売利益の事しか頭にありません。ランニングコストなど都合の良い事ばかりあげつらっているだけです。20年ローンを勧めたりするのです。ローンが終わるより早く製品寿命が確実に訪れます。山間僻地で太陽熱温水機を太陽光発電、エコキュートセットで取替えされる方が急増しています。経済性より高齢化による利便性を優先すればやむを得ない選択かも知れませんが大抵、悪徳業者の口車に乗せられただけです。 

 太陽光、エコキュートの訪問販売は後を絶ちません。私宅にもメガエッグの個人情報を元に電話セールスがあったばかり。
断わる口実は 「訪問販売はお断りしています」 
それだけ。
セールスの質問などにいちいち答えてはいけません

 
この記事の下部には記事の内容と連動した広告が表示されます。無料ブログを提供しているFC2が商売の為に表示しているものです。この記事趣旨としては表示してほしくありません。
2011.12.15 修正追記しました。

関連記事

| エコに生きる | 19:05 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

我が家の消費電力量は?

 家庭によって使用電力量は大幅な違いがあると思われる。我が家の年間使用電力量を家電品目別に推測であるが面白半分で調べてみた。 2009年1月~12月 実績を調べて目標を立てる。

 使用電力量実績: (合計年間使用量5045KW/h  年間支払い金額 126,513円)
                                   月間平均420KW/h 3人家族
 

 いきなりですが節電目標: 年間金額で12250円 節電電力量490Kw


パソコン   は省エネモードで使用。こまめに電源を落とす。

ジャーポット はガスで煮沸、魔法ビンモードで使用し、使用時再沸騰

暖房温水便座  夏場は便座、温水共にオフで使用 常時節電モード

テレビ 見ていないときは電源オフ

照明  離れるときはスイッチオフ

エアコン 極力エアコンを使用せず扇風機を使う


こんな省エネでどうだろうか? 


 給湯は石油ボイラーなのでこちらも省エネが必要。年間90,000円にもなる。石油給湯器設置時は灯油18リットルなんと400円程度だった。ここ数年、石油高騰の為異常な支出でなっている。太陽熱温水器導入が一番と思われるが、これの設置に際してお国からなんの補填も無い。太陽電池パネルやエコキュートは補助があるのに。給湯の主目的はお風呂だったら太陽熱温水器設置費用は20万円後はただで太陽が湯を沸かせてくれる。しかし当家の屋根は古く苔が生えている。屋根葺き替えが先。

冬は20度しか上がらなくても半分熱い湯を追加し調整すればよい。昔はマキで沸かしたり屋外に設置した循環ガス風呂それがいつか自動温度調節のカランがついて贅沢になった。ちょっとだけ昔に戻ればよいことだ。いずれ、太陽熱温水器を検討しよう。

都市ガスは年間35000円以下煮炊きしか使わない。

関連記事

| エコに生きる | 22:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。