2010年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年09月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

夏の暑さにもマケズ

 例年夏のウォーキングは控えていました。

今年は猛暑が続いてはいますがあえて体力強化の為夕方から歩くようにしています。

今日はカメラと梅干水をバックに入れて いつもより大目のジョグウォーキング。

小水呑橋-神島橋-草戸山展望台ぐるっと一周

1万6041歩 帰宅後57.8Kg 体脂肪率16.5 内蔵脂肪レベル8

メタボ検診結果が病院から郵送されてきました。既往症欄はなし、COPDはどうなったのか?。HDLコレステロールがL36これの改善方法を考えなくてはいけないのかな?それ以外は正常値。

 


関連記事

| 歩く ジョグウォーキング | 23:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新鮮な魚

魚屋が姿を消してて久しい。魚行商は昔話。

近くのスーパーで魚を買うが、最近尾頭付の魚が売り場に並ぶ量や種類がたいそう減ってきた。アジやいわしの小魚まで頭を落としてトレイにパック詰め。大量に目につくのはパック詰めの刺身盛り合わせ。鯖も2枚下ろしだったのがこれもめったに並ばなくなった。鯖寿司も作れない。鯖はノルウェー産の塩鯖が殆ど。数年前、これで作ったが脂ぎって不味い。塩焼きでしか食えない。

姿寿司などには新鮮な魚が必要なのです。これでは作る気もしない。猛暑で不漁なのかも知れないが、買う側からしたら、調理済みパック詰めは手間や捨てるものが少なくなって便利という事。

売る側からは頭を落とすので鮮度が解かりづらく、売れ残りが少なく、効率がよくなる。黒ずんだ魚体や血の気の失せた白い色これでも、普通の人はから揚げ用などに買っていく。これでは本当の魚好きの人は買わない。太刀魚も3分割した魚体しか最近見たことがない。

今年産のさんまをまだ買っていない。不漁なのだそうだがここ数年安価で食べられたのに残念です。9月、10月になれば戻りさんまが大量に取れる頃が一番おいしい姿寿司が作れる。

みなさん魚をもっと食べましょう。姿寿司、食欲をそそります。 子どもに食育を! 作り方はこちらに

関連記事

| 料理寿司 徳島郷土料理 | 10:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

カスピ海ヨーグルト 室温36℃の発酵

カスピ海ヨーグルトは28℃が発酵適温ですが、今夏の猛暑は日中は室内でも36℃にも達しました。出来る限りエアコンは使わないでいます。家中の涼しいところでもせいぜい1℃や2℃低いくらい。

もちろん加温型の発酵器は不要です。ペルチェ素子使用の冷温庫が欲しくなるところです。この猛暑の時期は発酵スタート温度を低めでスタートすると綺麗に固まります。冷蔵庫から取り出した低脂肪牛乳1リットルを1分加熱し、スキムミルクを15g投入攪拌し、冷蔵したカスピ種を100g入れて攪拌。家の中で一番涼しいところに置く。6時間から7時間で出来上がります。

ヨーグルトは一日1食~2食、1食で150ccは食べます。もう自分で作り続け、食べ続けて10年近くなります。食品としてはもちろん、腸内環境を整えるには私にとって不可欠な食品です。

各種ヨーグルトの発酵データはこちらに


関連記事

| 発酵食品&発酵機 | 09:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

COPD治りました?

 肺機能検査は過去再々受けていたが結果表は頂いた事はなく、当然記号や数値の見方説明も受けていなかった。今まで知ろうともしなかった。恥ずかしい限りである。いやなことであり避けて来たという事かもしれない。

先日体調が良いときにスパイロ検査を受けて、検査表のコピーを戴いた。見方を聞いたが詳しい説明はなく今日ようやく見方をネットで検索し調べてみた。

検査表からF%VC が1秒量で93.11% FEVC1%が1秒率で89.73%ということだと思われる。VCが肺活量で3.11l。 これはCOPD診断基準より遥かによい正常な検査値ではないか?。肺年齢の予測値もない。どうも旧型の機器のようだ。

COPDの診断基準ではそれぞれ80%、70%以下だそうだ。当初の診断結果表を要求したのだが2年前のコピーを戴いた。これにはそれぞれ83.97%、79.44%とある。肺活量も2.83→3.11

なんと10%以上も改善している。

COPDは悪化することはあっても好転する事はないそうである。確かに私はCOPDと診断された院内の別の医師からも(セカンドオピニオンと称し)COPDの診断であり疑いもせず今日まで過ごしてきた。しかしそれでも病名が確定し、一時は落ち込んだものの、病気に負けず打ち勝つべくさまざまな自分なりの努力はしてきた。

かかってきた病院に対して何故COPDの診断を下したのかきちんと相対してみたいという考えもある。でも今の状態が良くなっている事実に対して不満を述べて何のプラスになるかと考えると診断誤りで結果死期が近付いたなどと騒ぎ立てるのとは大違いである。単純に治らぬ病気、COPDが治ったのだと喜ぶべきかも知れない。

不要と思われる医薬点滴、不必要過剰な検査でこちらがおかしいと思って中断しなければ今頃どうなっていたのだろうか?ただ、スパイロまで何回か断わったのは悔やまれる。

コピーを頂く際にCOPDの病期を訊いてもむにゃムニャと0期でもⅠ期でもなくしかしCOPDを否定もしなかった。ここまでくると2004年当初のCOPDのスパイロ診断根拠を見せていただかなくてはならない。

しかし、COPDの確定診断は内視鏡で肺細胞を採取し顕微鏡検査で確定するそうだ。通常はそこまでせずに肺の画像所見とスパイロ検査での診断基準があり、それで判断されるのが一般的。私の場合当初の診断結果を下した検査表はもらえていない。ないのかと訊くと探すのに時間がかかるとか、ないとはいわなかったがカルテの保存期間は五年であるのであえて出さなかったのかも知れない。

またも医者不信と言われるかも知れないが、今、私が信用できるのは医者や薬ではなく検査機器の値だけ。しかし本来の健康を取り戻しつつある事が出来た今の体調を素直に喜びたい。

関連記事

| COPDと帯状疱疹 | 08:04 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

喉の痛みと痰を切る民間療法

先日のどの痛み、痰について医師に相談した。やはり、お薬を出しましょうとの事だったが丁重にお断りする。耳鼻科受診を勧められ、その結果はうがいのしすぎやイソジンの乱用はだめとの事。余程であれば別だが、薬物療法は副作用の害の方が私の場合多かった。

〇 朝起きがけの喉の手入れはぬるま湯をコップ半分飲み、薄い食塩水でのうがいの後、大根あめを小さじ1杯で潤す。 黒糖生姜湯の片栗粉でとろみをつけたものを湯飲み一杯 飲む。しばらくして朝食。

〇 日中の喉のメンテナンスは適宜、大根あめをなめる。なめ過ぎは良くないとは思うが痛みがあるときは量を減 らして都度なめる。黒糖生姜湯は一日2回までとする。

〇 口内炎にもかかりやすい。変調をきたした場合は速攻で ブロッコリーを電子レンジで茹でて食べる効果は抜群です。

〇 痰の排出は必要な事。単純にうがいするだけでなく、出し やすくする工夫が必要。 薄い食塩水を使う。少しづつ塩を加え適量を憶えておく。喉が痛いときはむせるが、生理食塩水の按配だと喉の奥や鼻空に入っても痛くない。

  頭を左右に傾げたり、気管を横に抑えるとか軽く上胸を 叩くとかやってみると出やすくなります。冬場は喉を暖めて やると出やすくなります。一度で出来るだけすべて排出しな ければ四六時中ゲロゲロでは喉も痛めてしまう。

〇  ジョグウォークなど運動で痰が少なくなるような気がしていま す。大山登山では殆ど出なかった。

〇  黒豆茹汁 私は黒豆納豆を作りますが、圧力鍋で蒸したそのゆで汁、副産物です。そのまま飲むか黒砂糖や蜂蜜をいれると飲みやすい。咳、痰。動脈硬化、腎臓病、肝臓病などを予防その他痰を切る民間療法や食材もあります。ネギを刻み生姜湯と混ぜて飲む、アロエあめが良いなどネットで検索すると一杯出ます。それぞれの民間療法や食材は副作用や毒等はありません。併用してもなんの問題もありません。

喉の痛み、去痰は民間療法で楽になります。このCOPDの症状のひとつは楽になれるのです。

関連記事

| COPDと帯状疱疹 | 11:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT