2011年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年08月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

戦後のテレビ時代の輝きが消え去る

アナログテレビ様 

少なからずというよりこれで現役時代は大半、飯を食わせていただきました。

学校もこれの専門学校を出て就職し、最後まで電機に関わって現役を終えました。

RCAの大型輸入テレビジョンの修理もやりました。もちろんそれは真空管。

入社数年は真空管時代でオールトランジスタになり、モジュールIC化され、IC化されましたが基本はアナログのまま、マイコン化が進みパソコン全盛となり、表示素子が液晶になり、世の中が一気にデジタル化が進行、今日の日を迎えました。

私個人的にも今年は戦後何十年となりましたと言いますがその戦後何十年目と言われる数字が私の年齢なのです。アナログテレビは本放送から数えて50数年と思いますが、子どもの時、若い頃は天然色テレビは大人になったら見えるのかな?とか薄型平面テレビが果たして実用化されるのかとか、考え想像したものです。

アナログテレビジョン様。本当に大変お世話になりました。私の人生の輝きでもありました。NHK放送がスノーノイズに埋もれるのをあと1時間15分後、お見送り致します。

最後のアナログ画像 
完全停波は12時間後の午前0時。砂嵐となりました。空いたアナログテレビの周波数90Mhz~220Mhzはどの様な使われ方をするのでしょうか?

関連記事

| 社会と暮らし | 10:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

エブリィワゴンの記事はブログページで独立させました。

 カテゴリー”車、ポルテ、エブリィ”ですがエブリィワゴンの記事を独立させました。

車中泊用の改造記事が中心となりますが、プロバイダーがぷららになって無料ブログが使えるようになったのでこの機会に新に開設しました。改造記事が一段落したらそれまでとなりそうですが一気に書いてしまう予定です。

こちらです。→SL’エブリィ君のブログ

お暇でしたら覗いてやってください。”じいちゃんようやるなあ~” といわれそうです。。。。。。
関連記事

| 車、エブリィ、ムーブ | 13:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

DMC-FZ38絞り優先モード

 この春三瓶山登山の時、いつも使う絞り優先モードで露出オーバーになりシャッターが下りないことがありました。おかしいなと思いながらiAモードで撮影しましたが白っぽく撮影されていました。

数日前にも室内でも同様の事があり設定をいじっていましたがf8以上の設定が出来ないのに気付き故障と思い、カメラ店に持参しましたが、その場でメーカーに問い合わせ結果FZ38は絞りF8以上の設定はないとの事。

理由の説明は有りませんでしたが絞り機能としてf8以上ないことは無いと思い、ネットで調べました。

すると、撮像素子の小型デジカメは絞り変化による解像度の最良点は開放なのだそうです。実験実画像も提示されており、昔の絞ったほうが解像度が上がるという私の常識は崩れ去りました。

最近各メーカーともf8以上の設定を出来なくしているそうです。取説を読み直すと確かに記載されていました。何故そうしているかは取説には記載されていません。

iso感度はAUTOですと80まで自動変化しますので+/-の露出補正しか方法はないようです。山岳撮影などではNZフィルターが必要な場合が出てきそうです。RAW撮影し、自宅現像が良いのかも知れません。他になにかいい方法があるのでしょうか?

ついでの話ですが今日16GBのSDカードを購入しました。送料込み1920円です。カメラ用ではなくて音楽ファイルをストックしてエブリィワゴンのカーナビサンヨーゴリラに装着、再生するためです。2009年11月に購入した3100円の16GBSDカードより転送速度が少しはやくなっておりました。

メモリカードは買うたびに安くなりますが最近少し落ち着いているようです。
関連記事

| カメラデジカメ | 13:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ガリオーム

 私の体も相当ガリオームになって来てはいる。今日はこの話ではありません。

最近の方はガリオームといっても何のことやらと思いますが。

ここ数日補修、修理が続いています。可変定電圧電源は40年程前のアマチュア無線をやっていた頃の物ですが、何とか使えています。ただ、VR(正確にはバリアブルレジスター)を回して電圧変化がスムースでないのでこのVRを交換しました。付属のアナログ電圧計の針のスムースさに新品の感覚がよみがえりました。

これは8Vから15Vくらいまで可変でき5Aも取れるので実験などに重宝しています。音量調節などオーディオアンプでは電子ボリュームになって久しいですが、数ヶ月前廃棄したP社のAVアンプは電子VRでありながらひどいガリオームでガリノイズが出ない変わりにちょっと触るとスピーヵーから爆音大音量が発生していました。部品代を聞くと5000円以上修理代で10000円ですって。他にも故障が出て廃棄しました。

ディスクリートのアンプは修理可能なのに中途半端なIC、モジュールICアンプは修復不能です。

 
豆級をLEDに交換

地方都市は衰退し電子部品屋さんも相次ぎ廃業し通販でしか手に入らなくなりました。通販はクリック一つで買えてしまうのでつい、送料などを気にして一緒に余分なものまで買ってしまいます。上記のVRを買うついでに白色LEDは100個も買ってしまい、今日は電池2個の懐中電灯の球が切れたので抵抗なし直結3パラの無茶をやって見ました。電流は40ミリアンペアしか流れていませんので大丈夫だろうと思っています。
白色砲弾型LED3パラ 下は天眼鏡LED1個直結
ついでに天眼鏡の球も3チップLEDに交換しました。新品単3電池交換時の高い電圧が気になりますがこれも電池が消耗していたのか20ミリしか流れませんでした。
関連記事

| オーディオビデオ | 09:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

走行距離93kmの新車でタイヤのパンク。運が悪いと言えばそれまで。

 エブリィのタイヤ、左前輪がパンクした。3日前空気が抜けかけているので自転車用空気入れで入れて様子を見ていた。今朝僅かに再度抜けていた。新車から12日目(9日目)、走行メーター93km(スタート5Km)である。

タイヤのパンクは数年前ポルテの時、縁石にはかまをぶつけてバーストさせて以来である。バルブ不良かも?デーラーに持ち込む。原因は先が磨耗して細くなったタッピングスクリュービスが刺さっていた。クギ類でパンクした事は数十年来記憶に無い。新車93kmはあまりにも運が悪い。。。。その場で修理代1000円!パンク修理代としては安いのだがちょっと納得しがたいが、何も言わず(言えず)帰宅。

そこまでの話で済む事でなんと言うことではないかも知れない。電話してみた。自分を納得させるために。

デーラーは納車後のパンクについてデーラーの責任は無い。製造工場や陸送時、新車整備の工場などでのパンクなどは絶対にないという常識。2,3日ならまだしもと言う。

私が100%納得出来ない理由は確率的に数十万キロに1回あるかないかのクギ類のパンクがたった走行93Kmで発生するものか?納車前に刺さっていたというのは絶対に無いと言いきれるのか?

そこで常識のすれ違いは納得は出来なかったが修理方法や損傷程度に付いても説明は無かったので質問することにした。外側からのゴムの詰め物での修理だそうである。このデーラーではパンク修理方法はこの方法しかないとの事。他に方法があれば教えて欲しいとまでおっしゃる。

と、ここであまりの隔たりにあきれて話は中止する。

クレーマーじゃない。もういい。それがあなたの常識。客観的な世間一般の常識かも知れない。でもタイヤは命を預ける大事なパーツ。新車から傷の付いたタイヤでスタートしなければならないなど不安は残る。

 この話はこれで終わりとした。このデーラーは悲しいが信頼出来ないと思った。自分の選択ミスである。

しかし後がある。この記事を読まれた方の想像にお任せします。自分の尺度だけの考え方を押付けようとしても相手にも言い分はあるし、無理に譲歩されても納得できない感情的なしこりは残る。
関連記事

| 車、エブリィ、ムーブ | 17:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT