2011年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

今年はゴーヤカーテンでなく芋つるカーテン

 例年ゴーヤを作っています。特に今年は節電目的で話題になりましたが、種蒔き時期を失念してしまい、代わりにサツマイモ鳴門金時の挿し枝を植えました。

西陽が照りつける西側の窓のプランタ置き出窓に3本、南側庭に5本植えました。もう9月半ばになりましたが下葉も枯れ上がることなく元気に大きな葉っぱを茂らせています。 プランター植えは水遣りが遅れるとすぐ萎えてしまいます。

路地植えは3m程に成長し充分な日陰を作ってくれています。昨年より気温が低かったし、芋つるカーテンの効果もあり、今年は一度もエアコンのスイッチは入れた事もありません。10月も半ば位になるとサツマイモの収穫が期待できます。ゴーヤに劣らない日陰を作ってくれますので、もっと芋つるカーテンの効果が知られるようになればいいと思うのです。
芋つるカーテン 
追記:10月末に芋つるが枯れ上がって来ましたので、掘り起こし芋を収穫しました。予想を超える収穫量です。プランター3個に3本のつる。地植えが4本。

なんとプランタの方が2.5k。地植えは2.2kg合計5kg弱も収穫です。2個ほど芋虫のような幼虫に食われていましたがその他は綺麗な姿です。地植えに期待していたのですがつるは勢力旺盛に伸びておりましたが養分は芋には行かなかったようです。

芋つるカーテンは芋に養分が貯まりやすいようです。横につるを伸ばすと伸びたつるから根を生やし芋への養分が分散されうまく行かないのです。その為時々つるを揚げてやる必要があるとNHKの園芸番組でやっていました。

一石二蝶の芋つるカーテン来年は流行させましょう!



関連記事
スポンサーサイト

| エコに生きる | 15:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

島根の名湯巡り、有福温泉、八雲温泉、広瀬温泉

 先日隣県の島根の温泉に行ってきました。有福温泉、八雲温泉(熊野温泉)、広瀬温泉です。出雲の社、須佐神社、熊野神社参詣を合わせての訪問です。

有福温泉は3月からの2回目で同じ御前湯。熊野温泉は熊野神社横にある地元の温泉、ゆうあい熊野館。広瀬温泉は月山の湯憩いの家これも2度目でした。

いずれも300円。多分広島県では300円はもはや1軒もありません。いずれ劣らぬ本物の温泉。
御前湯 
御前湯の2階休憩室。大正ロマンの建物。廻り階段をあがると休憩室。
 
熊野温泉。八雲温泉熊野館 
熊野温泉大きな浴槽と窓の向こうには露天。薄い鉄色。泉質はナトリュームカルシューム硫酸塩泉。

広瀬温泉憩いの家 
泉質は八雲温泉熊野館とほぼ同じながらこちらが含有量が多い。鉄錆び色も濃い。
300円なら毎日でも入りたいと思う。いずれも平日閑散時間帯であるにもかかわらず盛況でした。
こんな温泉が地元にあれば良いのにと訪れた都度地元の人がうらやましく思うのです。
関連記事

| 旅行温泉巡礼遍路 | 21:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

”犬の糞持ち帰りましょう” の注意札、効果は疑問

 以前、タイトルのような禁止札は役所から頂いて掲示しましたし、自分で
作製し、掲示しましたが効果はありません。掲示した翌日には禁止札の前に
やられた事もありました。

先日また玄関前にやられました。夜から早朝にかけて多分夜陰にまぎれて。

いつも出歩かない21:30頃散歩してみましたら、ぞろぞろたくさんの犬をつれた人が歩いています。狭い歩道を2匹、3匹引き連れた人もいる。交差点の歩道で3人の犬を連れた人たちが犬談会議。通行妨害。

どうも夜陰にまぎれての糞尿排泄時間帯散歩であるかの様子。
マナーも躾もあったもんじゃない。無法天国。
こりゃ、看板など夜では見られないよな。

やはり、町内会や自治体にお願いするしかないのか。たまに注意ビラが町内会の回覧で廻ってくるが”犬の糞は持ち帰る用にしましょう”では効果はありません。犬を飼うことは社会的責任が発生する事や糞やマーキングは犬の訓練が必要なことを飼い主に啓蒙、承知させる必要がある。糞、マーキングをしなくなれば糞を取る用具さえ持つ必要もなくなるのである。こういう啓蒙活動が無ければ放置糞は無くならない。

ほんとに極、少数ですが、犬を従えて、リードは短く、脇目もふらず、すたすた歩いている人を見ます。これぞ理想の愛犬家。拍手。

クリックで印刷用に大きくなります 

こんな看板は如何でしょうか? またやられましたら掲示しようと用意しました。

各町内会で啓蒙運動や躾訓練講習会の実施をお願いしたいものです。

関連記事

| 社会と暮らし | 22:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

またトイレの話で恐縮です

 先日トイレの天井からの雨漏りは原因がわかり修理中ですが、今度は再びウォシュレット温水洗浄便座が故障しました。肝心の水が出ないノズルも動かない、便座センサーが動作していない模様。

購入後2ヶ月。初期不良である。Amazonで購入で有るが東芝に連絡、今日訪問を受ける。センサー又はスイッチ基板を取り替える為、後日再訪問との事。14000円ほどで購入したもの、無理もいえないので部品交換を待つ事に。

コストパフォーマンス抜群と思っていたが、品質はどうも残念な結果の模様である。それでも3年くらいは使用できなければ逆に高い買い物になってしまう。→→→9/15ようやく修理完了

昨日ホームセンターにトイレ雨漏りの修理材料購入のついでにトイレの白熱電球をLEDに交換しようとOHM電機のLED電球LDA6N-H3を買ってきた。980円也。昼白色。消費電力6.0W。360lm(ルーメン)。寿命40000時間という。

10年程前、省エネタイプE26口金の蛍光電球を購入したが電球と同じくらいの寿命しかなかったのでまた白熱電球に戻していた。そのときの省エネ蛍光電球もOHM電機であった。同じ轍を踏まなければ良いが。

結構明るい。充分明るい。今まで使ってきた30W白熱(320lm)より明るい。色も問題ない。光の広がり方も充分(影は多い)。4万時間の寿命は連続なら4年半程。1日1時間とすると100年あまりも切れないということになる。

話題を変えて有機ELはどうなった?
有機EL表示素子では各社が撤退し、サムスン1社が製造している。しかし照明分野では蛍光発光だけでなく燐発光でLEDよりさらに明るさが向上する。電球型でLEDの8000lmが最高のようだが有機EL OLEDでは10000lmが既に開発完了との事だ。有機EL発光ダイオードOLEDが次世代主力照明となるかも知れない。面発光というのは応用が広く魅力的だ。

この技術は日本は停滞又は脱落しつつある。欧米や韓国に抜かれてしまったかもしれない。 

ただこれからの新技術はいままで通り、希少金属、材料を使うのではなく如何に希少資源を使わないで技術向上が図れるかに懸かってくるように思う。日本も以前は官民上げて新技術の育成に力を入れていた。日本の生きる道はやはり、一歩進んだ技術で先行するほかないと思うのですが。いまこそ.......................がんばれ日本。 
関連記事

| 住まいのDIY | 10:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

台風12号でまた雨漏り発生

  久しぶりに台風12号は福山に近い岡山を通過した模様です。
先々月の雨漏り場所とは別の1階トイレ天井からの雨漏りです。
朝、起きてトイレに入ると床がビショ、ビショにぬれています。
あ!雨漏りだ。もう10年以上も前、大きな台風がとうり過ぎた時と全く同様。

その時以来なのですが、気にはしていました。そのときだけだったのですが、天井クロスにはしみがあり、多分、天井裏はカビや木材、の痛みが発生しているだろう事は想像していましたが、以来、雨漏りは再現していなかったので放置していました。

思い切ってしみの多い部分の天井をはがしました。まだ雨漏り最中でしたので落ちてくる水と戦いながら、後の補修を考えるとあのリフォーム、ビフォーアフターのテレビのようにはいきません。
出窓の水切りから台風時雨水侵入

天井板をはがしたら天井から室内へ結構な風圧が感じられました。丁度台風の北風をまともに受けて雨水が浸入している最中だったのです。

雨漏り箇所 

 先月と同じように、2階出窓部分のアルミサッシの下部、水切りの外壁との隙間にコーキング不良(コーキング忘れ)の箇所が見つかりました。
 





雨水は天空から降りますが台風時は横や下から降る事もある。ここにタバコの煙などをかざすと吸い込んだり噴出したり、流れが確認できます。

修理完了までは1週間以上懸かるとおもいます。コーキングは晴れた日にやれば数分で終わりますが、天井の復旧修理は内部の木材が乾燥するのを待たねばならないからです。

トイレの天井裏は結構な空間があるのです。なにか活用できないか天井裏が乾燥するまでに考えて見ます。
関連記事

| 住まいのDIY | 20:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。