2012年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

奈良薬師寺の復興に思う

金堂2階部分の全てが経蔵である


 先日親類のお見舞いを兼ねて奈良へ行って参りました。奈良、京都は寺社仏閣の宝庫ですがこの歳になっても訪問できてないところが一杯ある。教科書に出てくるようなお寺さえ行けていない。

たぶん誰でも修学旅行などで東大寺には行っても唐招提寺や法隆寺、薬師寺には行けてない人は大半だろう。私もそのひとり。西国33観音霊場参りも興福寺だけ。

今回ようやく唐招提寺と薬師寺、法隆寺に行く予定を組んだ。唐招提寺前の駐車場に車を停めて歩いて2ケ寺を訪問する。

詳細な下調べはせずに訪問したが特に薬師寺については何度もNHKなどで復興、修復の様子が放映されていたので想像はしていたがその復興振りは驚嘆に値する。白鳳往時の主要伽藍は全て復元されたのではないだろうか。

東塔は鉄の鎧いを被り見られなかったが、西塔、金堂講堂、回廊の建築当時のきらびやかさに驚かされた。遠い昔の教科書で見た薬師三尊像は千数百年も前に作られたとは思えないほど艶やかであった。あの日光菩薩、月光菩薩を拝観するだけで充分癒される。

この復興財源が庶民の写経納経によってほぼ全てがまかなわれたという。テレビなどで良く露出度が高かったので良く憶えている、あの饒舌な高田好胤前管主の功績である。見方によれば金儲け第一主義のお寺の代表のように思われる方もいるかも知れない。その通りですと案内僧は冗談めかしておっしゃる。薬師寺であったがこそ庶民に受け入れられたのだと思う。

復興を国に頼らず、勧進だけで成し遂げたのである。実際にその伽藍を見て驚きを隠せない。
関連記事
スポンサーサイト

| 旅行温泉巡礼遍路 | 10:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

兵庫の有名三湯より山陰の温泉だよ

 あまり下調べもせず、兵庫県城之崎、湯村の温泉に行って参りました。有馬温泉を含めいずれもかなり有名で一度は行きたいと思っていましたが、残念ながら自分の感覚からは期待はずれに終わりました。

中では、昔訪れた有馬温泉の印象の方がよかった。城之崎、湯村は小説などで有名なだけの印象で温泉そのものは私にとって好ましいものではありませんでした。

関西の方々はもう少し足を延ばして鳥取、島根に行かれたらすばらしい温泉に巡り合えると思います。道の駅もたくさんあり、車旅には絶好です。

山陰の温泉も有名どころよりひなびた小さな温泉の方が満足できる。例えば皆生温泉より広瀬温泉とか鷺の湯温泉。東郷温泉や羽合温泉。玉造温泉より付近の小さな温泉がたくさんある。

もっと足を延ばして島根へ行くともう貴重、希少な温泉がたくさんある。出雲湯村、三瓶温泉、小屋原温泉、温泉津など枚挙に暇がない。車で温泉はしごには最高。鳥取島根の温泉恐るべし。
関連記事

| 旅行温泉巡礼遍路 | 22:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

温泉地の共同湯

 昨日は道の駅神辺高原で車中泊でしたが少し到着が遅く併設の温泉施設には入れませんでした。さすがにスキー場で高地にある為、夜桜満開。

実は夕方、念願の城之崎温泉に行ったのですが、何かお祭り?か何かの為街中の駐車場には入れず、駅前の駐車場はタクシー専用で駐車可能な場所が見つからずあっさり大江戸温泉でUターン。うろうろしただけで予定変更。

城之崎温泉の共同湯に入りたかったのです。城之崎の共同湯は旅館の共同湯であって、ドライブ客にとっては近くに道の駅や歩いて行ける駐車場も無く、街中しか駐車場も無い。何か催し事があったりすると駐車不可能な温泉場のようです。電車バス利用のあくまで宿泊客だけの温泉場。それはそれで城之崎温泉の特徴かも知れません。私の事前調査、理解不足でした。 auto packerなんたらHPを見たのがいけなかった。

起床し早朝、神辺高原からトンネルを抜け、国道9号線沿い兵庫県北の湯村温泉へ行へ。薬師湯の駐車場は2時間200円。中国地方には無い、近畿でも多分一番の高温泉です。朝8時過ぎでで入浴可能でした。料金400円。お湯は特に特徴の無い無色透明の湯。アルカリのぬめりも全く無い。温泉臭もありません。掛け流しかも知れませんが加水し有効成分は殆ど失せていると思われます。

場内には熱伝対を使った発電装置を活用し発電しながら温度を下げる活用法で適温にしていると説明がされていました。それであれば、成分など失われるはずは無いのですが、元々温度が高いだけでただの水に近いのかも知れません。

同名の出雲湯村温泉は同じくアルカリ単純泉ですがさらっとしていて源泉が40℃強でそのまま掛け流しの為、肌触りや香りなどはるかに上質に感じられました。規模が100倍くらい違いますが。

湯村温泉は夢千代日記で有名な温泉。町もこれが唯一の宣伝文句。入浴後、整備された川沿いを歩き荒湯(源泉場)で生卵を買い、足湯している間に10分少しで柔らかめの温泉卵が出来上がりました。荒湯は湯煙りと僅かに硫化水素臭が漂い成分は濃いものが予想される。薬師湯と似ているのは無色透明。

一言、言わせてもらえば薬師湯はサウナ、露天風呂も付いた小型スーパー銭湯風です。共同湯にミストサウナが必要なのかな?地元民の共同湯であれば、70円は理解は出来ます。あからさまに記載する必要があるのでしょうか?券売機の料金表を見ながら独り言ですが、あ!70円だ!と叫んでいましたら、受付の女性が400円ですよ!と大声。

まあ2時間の駐車料金と思えば高くないのですけど。入浴客は2時間無料とは記載が見当たらない。受付の女性に声を掛けてもらったので無料で済んだ。駐車料金まで取られるとスーパー銭湯以下だ。

共同湯の形態は来場者にとってわかりにくい。湯村温泉薬師湯のようなスーパー銭湯風の共同湯もあります。共同湯には無料で地元民以外でも入浴させてもらえる場所もあります。地元民も町外者でも同じ300円という所も山陰ではたくさんあります。一般300円表示で表示はしていないけど地元民は無料というところもあります。(九州の温泉地などに多い)

飛騨平湯には24時間無料の共同湯もありました。(喜捨料金)

今も昔も温泉好きは跡を絶たず、共同湯の関係者は外来者を歓迎出来ないのかも知れませんが、温泉地であれば温泉客で地元は経済が成り立っているはずです。少し堅苦しくとも、大きな掲示板等で共同湯の形態の説明をして理解を求める努力は必要かと思います。薬師湯には湯村温泉の案内図すら置いていなかった。水資源も温泉資源も同じ、只の既得権益を保ちたいだけでは文句も言いたくなる。
町内者と町外者の記載順が逆だぞ。腹の立つ看板。区内者は70円 
受付には町内者70円と確か記載があったがこの看板は150円。400円は変わらないが?
関西から城之崎や湯村温泉に行くなら少し足を延ばしてひなびた鳥取の温泉が余程湯ったり出来る。帰途は東郷温泉国民宿舎の湯に浸かって倉吉経由で帰る。



関連記事

| 旅行温泉巡礼遍路 | 14:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

NTT西日本光もっと割引

メガエッグ光からNTT光ネクストに乗り換えて10ケ月。1年を経過すると割引がプララが有償となり他の割引を含めても毎月1300円ほど高くなり、5995円となる。

もっと割りの新しい体系が2012年2月?から変わったそうで1000円ほど(30%引き)割引になるそうです。但し、30ヶ月毎の自動更新がありその間の解約は31500円から残余によって10500円の解約金を請求される。解約金は解約する際は永遠に続く、自動継続前1ヶ月間だけは取らないという。継続は手続き不要で通知もしないという。

ネットから申込をした。個々の契約条件により、適用可否は後日連絡。この連絡もOKと来て申し込むかどうかの返事を電話で迫ってきたがもう少し冷静に考えて再検討する事にした。

メガエッグ光から乗り換えして1年経たないし、再びメガエッグの条件も改定され1年割り経過後はメガエッグの方が有利になってきている。NTTも解約金での縛りで乗り換え防止しようと懸命かも知れないが余りに長いというより、永遠の縛りつけは余りに強引な手法の様に思う。

2年位の縛りは今まで仕方が無いと思っていたが永遠に縛られるのは如何なものか。継続案内通知くらいしてもよさそうに思う。この商法も問題があるのでは無いか。 1ケ月前に通知する様変更となった(2013/5/10 116で確認)
いずれにしてもこのままでは7月からは1300円値上がりになる。
引越しはまず無いし、自分の年齢も考慮し、あと2ケ月以内にどうするか結論を出すことに。
関連記事

| インターネット&通信 | 22:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ネットに広告はつき物ですが

 私も最近は調べ物があればまず、ネットで検索して情報を得る習慣が付いてしまいました。

以前も書いたことがあるのですが検索上位に表示されるサイトでも明らかに有益な情報の提供とは言えない、明らかに商品の宣伝の為のサイトであったり、コンテンツよりはるかに大量の広告で肝心の文章をは最後の方。探しまわるというおかしいサイトもあります。

更新がされない為、広告表示が大きく表示される場合も多いようです。このFC2ブログも1ケ月更新されないとトップに画面半分程表示されます。

インターネットをインフラと見た場合、余りに広告の多いサイトは有害サイトと変わりなく、私などは一瞥クリック移動してしまいます。中にはこのようなサイトでも有益な情報は埋もれているかも知れません。モラルも問われます。まだコンテンツが貧弱でも広告の全く無いサイトは信用できます。

しかし主をなくした亡霊サイトもたくさんあります。

広告の貼り付け方も出来る限り、最小限とし、はっきり区別すべきです。
広告と本文を紛らわしく同色化したり、区別無くした、巧妙なサイトばかりが目立ちます。私はその様なサイトは信用できないサイトと判断して、即刻移動です。

例えば車中泊用品を売りたい為、設置された誘導の為だけのサイト。コンテンツが貧弱であるにかかわらず、広告が異常に多いなどです。検索トップテンリストでも明らかに数件表示されます。グーグルなど検索大手でも商売上はマイナスではないし、逆にプラスに働く。使用者の無知が利益をもたらす。

広告収入を得るため、サイトを立ち上げて、コピペだけでコンテンツを少量作製し、1日で多数のサイトを乱立させるなど簡単なことです。それで生活している人もたくさんいるという。


有益なサイトなのに余りに邪魔なアフリエイトが異常に多いサイトもあります。過剰な広告はサイト主の品位も低下させます。今時有益な情報を無償提供するにはコストもかかります。でも広告は最小限にしましょう。
関連記事

| インターネット&通信 | 10:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。