2012年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年11月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

熟柿

 他より早く熟れてしまった熟柿。採らねば落ちてしまう。子どもの頃を思い出す。透明感のある飴色の輝き。
西条柿の熟柿
関連記事
スポンサーサイト

| 季節 | 10:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

浴室シャワー混合水栓の修理

 今日は TOTO TM-245Cシャワー混合水栓の修理です。
症状不具合は3ヶ所。温度調節のダイアルが硬い、右回転は押しながらまわさないと回らない。シャワーと水栓切り替えダイアルもゴリゴリ。シャワーホースヘッドのホース側から水漏れ。硬いのは錆び落としなどクリーニングとグリスアップで直ると思われる。本体部からの水漏れは無い。 
画像はピカピカ修理完了後  
 新築時から20年にもなります。先日買換えした台所水栓は3代目。こちらはいまだに何とか持ち応えているのです。こういうものは"触らぬ神にタタリなし"で、分解すると劣化したパッキンが原因で水漏れなど故障が増幅してしまいます。先日の台所シングルレバー水栓がそれです。

着手前に予想される部品見積もりは、右の温調ツマミが硬いのは温度調節ユニット部TH674Rの交換が必要と思われます。3500円以上。スパウトシャワー切り替えが硬いのはバルブTHY525-1R部品交換が必要と思われます。2000円くらい。シャワーヘッドからの水漏れはパッキン交換だけです。分解時見つかる不良パッキン類500円。

ざっと見積もると、部品代だけで6000円以上もかかる可能性有り下手するとシャワーホースセットまで交換すると1万円。修理業者でも買換えを勧められることでしょう。で、工事費込みで安くても2万円以上?使用期間20年でこの状態なら新品に買換えが普通でしょうが、先日の出費もあり修理に取り掛かることにしました。

 ひとまず分解清掃して本当に交換が必要な部品を見極めようと着手いたしました。工具はアンギラス、プラスドライバ、マイナス小型ドライバー、大きめマイナスドライバ、カッターナイフ、アンギラスに巻くビニールテープ、清掃用具。クランク部の止水栓を閉めてシャワーホース、スパウトをアンギラスで外し、続いて左右クランクからナットを回し本体を取り外します。

作業台に置いて分解できるものはすべて分解しました。サーモユニットはカルキで硬く固着しておりボデー本体を万力などで固定しアンギラスなどの工具で力任せに回すしかありません。私はガスコンロで暖めながらやりました。目視で判断ですがパッキン類はほとんど交換が必要でした。特にクランクパッキンは外しただけで黒い水、グズグズ状態。ユニット類、シャワーのエルボなどのOリングは交換せずに慎重に清掃、分解した部品やボデー内外は、洗剤クレンザーなどで布切れ、歯ブラシを使い清掃、ツルツルに磨き上げます。

サーモユニットのダイアルが硬いのはEリングを外しシャフトを押しながら内側にシリコングリスを塗ることにより軽く回るようになり、交換不要と判断。各部品は乾燥後要所を極少量のグリスアップ、サーモユニットのボデーに付いているOリング2本にも薄くシリコングリスを塗り、回しながらゆっくり挿入し再取付けします。

シャワー、スパウトの切り替えダイアルが硬いのはTHY-525-1Rのスピンドルの錆び汚れを清掃しシリコングリス塗布により軽快に回転するようになり、交換不要。(水栓用シリコングリスは模型プラスチック用で代用しました)

後は痛んでいるパッキン(変形したり硬化している)をホームセンターに持参し同一のものを見比べて購入、取り替えるだけです。下図の赤丸のパッキンはホームセンターに在庫の汎用品で買えます。再び、本体の組み立て、クランク部も新品パッキンに取替え取付け。交換手直した部分は下図のとおりです。  
TM245C分解図、修理箇所 
矢印はシリコングリス塗布
はパッキン交換。

これで各ダイアル操作もスムースに回転するようになり新品時の操作感に戻った感じです。

修理費用はパッキン類の500円程度だけ!

最後にピカピカに磨きあげました。20年前のシャワー混合水栓が蘇りました。!
この時代の商品はボデーを持てばしっかりしたつくりであることが解る。ずっしり重い。

シャワーヘッドのホース側Uパッキン交換
hose_upakin.jpg 
ホース側Uパッキンはホームセンターの係りに聞いても知る人は少ない。ホースの買換えを勧められる。ネットで調べると三栄水栓からシャワーホースパッキンセットとして発売されていた。三栄水栓PP40-9Sを取寄せ注文し後日交換。数百円程度の物は通販では送料を含めると高くなるのでホームセンターで取り寄せが安く済む。

他メーカーには適合しませんと記載はあるがToTo TM-245Cとヘッドホース側寸法は一致しました。(水栓側は別途汎用で適合)純正部品はホース組品でしか設定が無い。200円程度で修理できるので3000円程の節約が出来た。三栄水栓というメーカーは良心的だと思う。こういうメーカーの製品だと信頼できる。
関連記事

| 家電と設備機器の修理 | 19:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

シングルレバー混合水栓の水漏れ

台所シングルレバー混合水栓TOTOのTKG31。スパウト胴体継ぎ目から水漏れがひどくなってきたので修理トライです。TOTO HPで調べてみると回転スパウトのUパッキン交換修理またはグリスアップとあり、簡単に直ると思われました。

先日、注文しておいた2個のUパッキンが到着したので交換してみました。結果失敗!ひどくなりました。安易に考えていました。失敗原因はグリスを使わずそのまま強引に組み立てた事、バルブカートリッジ下にあるパッキンが痛みがある状態が解っていながら交換しなかったことです。

今日は慎重に分解。まず止水弁を閉じます。レバーハンドルを上に引き抜く。ストッパーを抜く。カートリッジ押さえを左に回転させ外す(手回し不可ならアンギラスなど工具が必要)この状態でバルブカートリッジの交換は可能です。回転スパウト分解は回転スパウトをゆっくり左右にまわしながら上方に引き抜きます。無理やり外すとパッキンに傷を付ける。分解した各パーツ 錆び痛みバルブ動き固い
 上の画像は真ん中がバルブ。その右が温水と水道水の通じるパッキンとスプリング、その右は回転スパウト、手前はスパウト上下の止水U型パッキンです。
ひどい痛み具合です 
バルブカートリッジパッキンの拡大画像です。ボロボロです。
止水漏れは無かったので現状バルブカートリッジ(TKY-582N)は操作が重いのは内部にカルキが付着し、ボウル部は油切れになっていると思われます。カートリッジを分解清掃、注油は可能と思いますが、プロでも多分やらないと思います。画像のパッキンはバルブカートリッジとセットとなっている。

修理時は水栓専用シリコングリスが必ず必要です。画像は模型用シリコングリス。シリコングリスは低温から高温に耐え、無味無臭、無害。ただ水栓用以外は人体に有害な恐れもあり使用しない方が良いと思います。ネット通販でも3g1200円もします。少量なのに高価です。

また気付いた事ですが回転スパウト内側は錆びや汚れで凹凸が出来、分解、挿入時にUパッキンを傷つける恐れがあります。コンパウンドやクレンザーなどで内側全面ツルツルに磨かなければなりません。
 
さあどうしようか?ホームセンターを覗いてみました。バルブカートリッジはホームセンターでも売られてる。¥5400-ですが、新しい商品も見ている内、買おうかちょっと迷ったので買わずに帰ってきてしまいました。もう一度ネットを調べているとカートリッジパッキン単体でも手配可能。(TY-582N-OP)¥780-

スパウトUパッキン93269HPRSPも少し傷を付けていたので再度交換要¥240-。水栓シリコングリス3gも必要¥1200-バルブカートリッジTY-582N 5400円、レバーハンドルもユルユルニ磨耗している¥1700くらい。
以上でなんと部品代だけで8500円。スパウト胴継ぎ目部に錆びが発生しているが交換はしない。

新品買換え金額に近くなる。なので一式新品交換することにしました。inax製品Amazonお急ぎ便送料込み¥9507- 

部品入手して修理は可能と思われましたが、部品手配にも日にちを要しますし、新品価格に近い修理金額になり、買換えを選択しました。中国製など超格安品もネット購入可能ですが故障時の修理などまず不可能です。短期間で故障すると高い買い物になります。水周りは生命の源。やはり国産品に限ります。

この記事の部品名称番号、価格などはTOTO TKG31型だけに該当するものです。大昔の水栓と違い、結構精密に作られているという実感。10年使用でこんな事例もありますという話し。
関連記事

| 家電と設備機器の修理 | 20:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ギガビットLANのテスト結果

 実際にどのくらい早くなったのかテストしてみました。ギガLAN対応NTT西レンタル品PR-S300SEモデムルーター。
下表はRadhuインターネット回線スピードテストです。100Mbps接続とはカテゴリ5表示のフラットケーブル(4芯)、1Gbps接続とはカテゴリ5ストレート接続ケーブルです。時間帯は土曜日15:00台

100Mbps接続では
Radishuのサイト NTT西光ネクスト 100BaseLANから 

1Gbps接続では
Radishuのサイト NTT西光ネクスト 1Gbps LANから 
3倍近く早くなりました。Core2 E2200 XPパソコンがよみがえった感じです。WIN7 i5メイン機で測定したのと殆ど変わらない結果が得られました。ボトルネックから開放された感じです。

次にLAN接続でPC同士のHDD間ファイルコピーを測定しました。233MBのビデオファイルです。
   100Mbps接続では   2分20秒
   
1Gbps接続では    11秒

同じく504MBのビデオファイルです。
   100Mbps接続では   4分10秒
   
1Gbps接続では    14秒

ちなみに内蔵SATAHDD同士の504MBコピーでは約10秒でした。
驚異的な数字! これには驚きました。
いつの間にかHDDインターフェースもSATA600など本体内規格は遥かに性能アップされており、LANの100Mbpsの縛りが大きなボトルネック要因だったのです。カテゴリ6ケーブルは試していません。さらに早くなるか?
これを見るとLANHDDサーバーが欲しくなります。
アイオーデータ機器では1TBのLANHDDで1万数千円で買えるらしい。これはもうHTTP接続でどこからでもファイルの操作が出来る。10base-Tの時代からの進歩。すごい時代になったものである。
関連記事

| パソコン | 16:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

遅まきながらギガビットLAN導入

 先月新調したパソコンにはマザーボードに1000BASE-TのLANが実装されており、インターネットへの回線速度も少し速くなりました。PCとモデムルーターとの通信が1Gbpsで接続が確立しているかタスクマネージャーのネットワークタブで確認できます。
またモデムルーターPRS300SEのWEB設定画面から各接続先WANも含めて確認できます。

回線速度測定サイトRadishでは昼間条件の良いときですが上り135.5Mbpsを記録しました。以前のPCは100BASE-Tで60Mbps程度でしたのでおよそ2倍早くなったといえます。

前の記事に記載したHDDデータの外部バックアップはUSB3.0接続の1TB HDDで行う事にしていますが、これをサーバーとして使用することにしたいので性能アップを図ろうと、現在の100BASE LANから1000BASEにリプレースをすることにしました。
 用意したのは
予備機側に1000BASE-TXのPCIカードIOデータETG3-PCI ¥1254-の用意
ケーブルは現在は100BASEのケーブル。カテゴリ5もストックがあるのでOKのはず。

予備機のOSはXPなのでドライバーをインストール後カードを装着し、デバイスマネージャーで認識確認後、タスクマネージャーでネットワークを確認すると100Mbps接続としか表示されない。???
taskmanejer.jpg 
下側がPCIカードが1Gbpsのポートですが100Mbpsと表示されています。

画像は使用していたケーブル。形状がフラットで100base対応のケーブルですが表示刻印などは不明でカテゴリー5であるか否かは不明です。←テスターで導通テスト結果全ピン接続ではありませんでした。(CAT5ケーブルではない)
目視では全ピン接続されているか不明。 
この4芯結線のカテゴリ5表示ケーブルでは100Mbps以上のスピードは不可能

10年程前作ってあった自作カテゴリー5ケーブルモジュラープラグ部分。
T568B規格のストレートケーブルです。7m程度。
自作T568B 全ピン接続ケーブル 

上記のカテゴリー5準拠自作ケーブルに交換してみると
メイン機のWIN7でのタスクマネージャー
めでたく1Gbps接続と表示されました
なおモデムルーターのWEB設定でも機器の状態、情報メニューからWAN、LANのリンク状態が接続された端末毎に確認できます。
これでインターネット接続の回線接続速度をテストすると100Mbps以上の速度が獲られました。
めでたしめでたし。下手な内蔵HDDより速いスピードなのだ!  
 
これでホームネットワークのLANサーバーでなくてもメイン機USB3.0経由HDDをサーバー代替としても十分な速度をえられる。予備機は大画面テレビをモニターディスプレイとしています。HD動画のファイルをLAN経由で再生してもスムースに再生されることが確認できた。高価なLANサーバーを買わなくてもすむことになる。但しメインPCの起動が必要となりエコではないけれど。。。。

 世の中いつの間にかLANはギガビット時代に突入している。今回もNTTレンタルのモデムルーターが1000BASE対応機器であったとは知らなかった。PCI_LANカードも安くなっているし、ケーブルは高価なカテゴリー5Eや6でなくても"カテゴリ5ストレート接続ケーブル"であればギガビットLANとしての性能は発揮されている。自分の持っているモデムルーターが1Gbps対応であれば少しの出費でギガビットLANが実用化出来てしまう。お勧めである。
 


関連記事

| パソコン | 23:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。