2012年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

何是ホームページやブログを書くんだろう? 私は。

 
主題、いまさらなにげに?
人により、企業や団体により様々だと思いますが、振り返って私の場合をもう一度考えてみたいと思います。

それは今日の新聞でリタイヤ後の人生でやりたいことの一番がボランティアだというのです。そのボランティアを長く、継続するのは有償ボランティアが一番だといいます。私もそう思う。

自分が知り得た事、みんなに知って欲しい事、決して自分の利を考えず人が喜んでくれる事、ホームページやブログを見て決して自慢ではなく、他の人が少しほんの少しでも役に立ったと思われる様な記事を書きたいと思います。

それでもたわいの無いことを書く事もあり、不満を書いて見たり自分の都合の悪いことは書かなかったりする事もあるやも知れません。間違いや、書かないほうが良いと後に読み返して削除したり修正したり、より正確に自分自身の考え、自分の言葉で書きたいと思います。
まだ残っている柿の色づいた葉
関連記事
スポンサーサイト

| なんとなく思う事 | 10:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

乾燥粉末生姜を作る

 私にとって欠かせないものです。医者薬いらずの生姜湯と大根飴です。

夏場はCOPDにとって過ごしやすいのですが私の症状のひとつ、季節の変わり目や最近、寒く乾燥してくると四六時中の痰、特に朝方。のどの痛み。私の場合帯状疱疹の慢性化と同居していて、日替わりで痛みがあちこちに走る事。特に耳下腺の腫れ、首筋のこりなどが出てくる。

医者で薬をもらっても直らないのでもう2年ほど医者に通っていない。

前置きが長くなりましたが、備忘にいつもの作り方を写真を撮っておきました。ひね生姜はよげれを落として皮付きのまま薄くスライスして干します。4日から7日。
shouganamasuraisu.jpg
乾燥したらこんな感じ
shougakannsou.jpg
これをミルサーで1分、粉にします。20秒くらい電子レンジでチンして湿気を取るとより細かくなります。
shougakannsoumirusamae.jpg
生150gが乾燥するとこれだけになる
shougakannsoukona.jpg
1分程で粉に
shougayu.jpg
スプーンに3分の1くらいにお湯を注ぎ、蜂蜜スプーン1杯、粉黒砂糖をいれかき混ぜしばらく飲み頃の温度になるまで5分くらい?放置する。十分粉になっていないと生姜の粒がどうしても出来るが全部飲み干す。片栗粉を入れとろみをつけるとさらに喉が潤う。

でも朝はこれを飲む前にうがいしてぬるま湯を飲み、大根飴で喉、口内を潤す。それから生姜湯を飲む。食事前に飲むこともあるがどちらを先にしても体調によって変えればよいと思う。

 乾燥生姜にすると体を内部から温めるショウガオール成分が増える事をNHKで昨年やっていたが粉末にする為必要なことなのです。その以前からミルサーを購入し私は実行していました。

生姜の薬効を教えてくれた親戚でもあり最大の友人でもあったI氏は先月亡くなられた。いろいろ置き土産をいっぱい残してくれた。でも聞きたいこと教えて欲しいこといっぱいあるのに、風の如くあっという間に天国に行ってしまった。
関連記事

| 免疫力アップと健康食 | 20:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

小さな庭に初めて柿が実る

 大実西条という渋柿の苗を4年前に庭に植えました。もも栗3年柿8年と言いますが接木苗からだと4年で実がつくそうです。先日合計32個収穫できました。 一番大きそうなのを計ってみると重さは178gでした。滴果した位で消毒などはしていません。自然落果は収穫の半分くらいは落ちていたと思います。たぶん幼樹には生らせ過ぎかも知れません。
渋柿はひと手間かけると甘柿よりおいしいよ 

20個はブラックニッカ37度ウィイスキーで渋抜きし、残りは干し柿にしました。
ウィイスキーの渋抜きは1週間で渋が抜けるとのことでヘタの緑色が茶色になれば渋が抜けた目安になるということでしたが2日目でもう色は変わっていました。早すぎるのでそのまま4日目には実が割れてきているのに気付き、試食してみました。十分渋は抜けており、熟柿になりかけていました。
ニッカブラッククリアー37度で渋抜きしました
今年の経験から渋抜きのやり方をまとめておきますと、
まだ色づきが若いかなと思われる状態で収穫する。
→35度ウィスキーにヘタを30秒間漬ける。 注:液体は振り掛けたりしない。
→チャック付きビニール袋に密封し暖かい所で保存。
→ヘタが茶色に変色を確認し3日目で1個試食してみる。
→そこで判断する。

干し柿も余り熟し過ぎない方が良い様な。
もみもみすると飴色に変化します 
時々もみもみしますと飴色になります。これで5日目。
関連記事

| 季節 | 22:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。