2013年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

今年も春が

IMGP2364.jpg

部屋の暖房は結局殆どエアコンは使用せず、石油ファンヒータだけでした。設定温度は19℃~20℃です。朝方は室温10℃を下回ります。暖房しない部屋に置くランは5月になってようやく咲きます。

数年前は22℃~24℃でした。室内に置いたラン類は1月末から2月初旬には咲き始めていましたが、今年はデンドロが3月始から咲き出し早いものから胡蝶蘭も咲き始めました。まだしっかりつぼみの胡蝶蘭もあります。4月下旬まで楽しめます。

最近は冬場他の花類は置いていませんのでこの花たちが咲くと春がようやく来たなって思います。
関連記事
スポンサーサイト

| 季節 | 14:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ダイハツムーブカスタムX L150S 補機ベルト3本交換

H14年のL150Sです。
記事は別にしましたが、ブレーキパッド交換より先に行いました。ベルト交換の方が簡単と思ったからです。
FF横置きエンジンなのでウォーターポンプ、発電機、エアコンコンプレッサーは向かって左のわずかなスペースに納まっています。私の手は小型のかわいい手なので何とか入りそうですがそれより作業スペースが殆ど無い! この画像を撮っているときはもう半分あきらめていました。 ゴム製吸気パイプは簡単に外れますので外して作業します。
enjinloom.jpg気を取り直しやる気を奮い立たせ、取り掛かる。

まずは各補機類のベルト張り調節ボルトと固定軸の位置確認です。ボルトサイズも確認。発電機軸固定ボルトだけ14ミリ。後は全て12ミリでした。 手持ちの工具で作業可能か確認します。
長尺めがねレンチとラチェットレンチ50ミリ延長ソケットを買いに走ります。
ラチェットレンチも長さが足りなく緩めるトルクが不足しますので場所によっては針金で丸棒を縛って延長しました。
一番上はウォーターポンプ。アジャスターボルトを緩める。簡単なのはこのボルトだけ。この下側についている軸のボルトを緩めますとベルトが外れます。
pomp.jpg
発電機のベルト、コンプレッサーのベルトも交換しますのでとりあえず外したままで、この真下にある発電機こアジャスターボルトを緩めます。このボルトはラチェットレンチが中途半端で届きません。50ミリくらいの延長ソケットをかませて外します。
alternator.jpg写真を撮るにもアングルが難しい。下のプーリーが発電機です。手探りでアジャスターボルトを緩めました。軸のボルトは車体をジャッキアップし下側から緩めます。
alternator1.jpg発電機軸側固定ボルト

下側からの画像です。

ジャッキアップし、タイヤ止、万一落下安全の為タイヤ2本で支えを作ったやりました。
comp.jpgエアコンコンプレッサーアジャスターボルト。

下側に2本の軸ボルトで固定されています。
交換したベルトは発電機とウォーターポンプ用はひび割れが激しかったですが、エアコン用は殆ど痛みはありませんでした。(走行は45000Km)

 
いずれもとにかく作業スペースがわずかで工具の取り回しに苦労します。注意すべきは緩めるときに慎重にボルト頭を舐めてしまわない様に。一発目の緩めが大事です。バンパーを外したほうが作業性はよくなるがそれはエアコンベルトだけの話。

昔の様にエンジンルームはガラガラなんていうことは無いとは思いますが専用ツールが必要なんていう車もあるかもしれない。

あとは、取り外した逆の順に取り付けしベルトの張りをきつめに調整しボルトを固定します、調整するときに使用するテコはありあわせの長め、細めのバールを使いました。右手でバール操作し、左手でレンチ工具で締める。

軸側のボルトの締め忘れがないように。最後に念入りにチェック。

以上、ディスクブレーキパッドとベルト3本交換は整備見積りは3万円でした。DIYでは部品と追加工具で7千円です。差し引き2万3千円の節約。でも作業時間は恥ずかしながらなんと6時間!

関連記事

| 車、エブリィ、ムーブ | 21:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ダイハツムーブカスタムX L150S DIY整備 ブレーキパッド交換

 先日スピード車検を受け、検査を通してもらったのですが、ディスクブレーキパッドと補機類ベルト3本交換整備をDIYでついにやりました。

車の整備は昔20才代に日産サニー、三菱360VANを嫁さん用に中古を購入ライニングやベルト交換などの整備して以来の事です。ろくな工具も持たず無謀かと思いましたがチャレンジしてみました。なにをやるにしても道具あっての DIYを実感。

ベルト3本で2500円、ブレーキパッド2500円は事前に通販で購入しておいたもの。追加購入した工具は長尺めがねレンチ12-14が1200円、ラチェットレンチのソケットアダプタ680円
使用した工具と部品は交換隅の古いパーツ
ボルト頭サイズは12ミリと14ミリ以外は不要でした。専用工具ブレーキピストン戻しツールは使用せず。木工用クランプで代用です。実は長尺めがねレンチと50ミリ延長のソケットアダプターは作業途中ホームセンターに買いに走りました。画像に無いですがマイナスミシンドライバーとラジオペンチを使用。
rdisk.jpg作業はジャッキアップし、馬はかけていません。輪止、車体下にタイヤ、木箱を置いた安全策です。片側づつ行います。

画像はキャリパーのボルトに長尺めがねレンチをかけています。右フロントディスクブレーキです。
ldisk.jpg左フロント。キャリパーを片側ボルトをぬいて針金で吊っています。まだパッドは古いまま。内外共にこじて外す。新品パッドを入れる前に錆を落としておきます。ピストンのシールゴムあたりもクリーナーで綺麗にしておく。
パッドの外側に少しグリスを塗布します。ピンも新品に交換。
clamp.jpgシリンダーピストンはこの木工用クランプで代用しました。

その前にブレーキオイルタンクのオイルを灯油スポイトで10ccくらいぬきました。ピストンを戻すときあふれ防止です。左右完了後ぬいたオイルを戻します。
パッドを挿入しキャリパーをディスクに元とおり組付けます。
brakepad.jpgキャリパーボルトを取り付けしっかり長尺レンチでボルトを締め付け、パッド交換完了です。

取り外したヂスクパッドです。残りは約2ミリと奥は3mmでした。
   ブレーキオイルは見た目汚れなど無き為、交換せず。ブレーキオイルキャップを取り付けブレーキペダルをポンピングします。オイル漏れなど無いか確認し、走行しブレーキテスト。異常が無いことを確認して再度点検し完了。ブレーキペダルのエア-抜きは省略しました。素人DIYです、念の為、当分毎日ブレーキの効き具合や異音、オイル点検をします。

記事にしてみると簡単に出来た様に見えますが、最初は取付、取り外しにちょっとしたコツがあり慣れが必要です。一度やれば誰でも出来る作業です。但しやはり命を預かるブレーキです慎重に。適当に済ます訳にはいけません。でも後でやったベルト交換より私にとっては楽でした。

関連記事

| 車、エブリィ、ムーブ | 19:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ムーブの車検を受けた。消耗部品交換整備は自分でやる(予定)?

 H14年登録のムーブの車検を大手デーラーで受けました。
過去はデーラーの言いなりで高いときは10万以上も支払いを繰り返していました。退職後は車も保険の見直しや全て軽四に乗り換えたし経費削減に励んでいます。今回も格安車検で節約です。デーラー、町工場、全国チェーンの車検専門店、スズキアリーナ店なんと4店で見積りしてもらった。

■ やはり超大手デーラーは8万を越し、まだ見積もり以外にも要整備箇所が出るかも しれないと。高いというとスピード車検という方法もあります。車検を通すだけ。4万3千円。

■ 町工場は5万5千円程。ブレーキオイル交換含む。要整備箇所が出てきても部品代金だけで済ませますとの事。

■ 全国チェーン車検専門店は4万5千円程。スピード車検で1時間ほどで済むそうだ。整備中に途中見積もりしますとの事。これは車検に通すための整備だ。
   
■ スズキアリーナ店6万円弱でブレーキオイル交換含む、他は全て別途。要整備追加はベルト、Bパッド、プラグ、バッテリで32500円

で、前回と同じ超大手デーラーのスピード車検4万3千円に決定。
昨日ムーブを持込、2時間待って(その間近くの街中スパで時間潰し)車検完了。交換部品は無し。シールは後日受取。

見積もりより高い4万6千円だという。4月から自賠責保険が24ヶ月分が4千円程値上がりの為だそうだ。大手デーラーでも見積もり見落としはするもんですね。見落とし理由説明もろくにせずに。自分で調べ何とか理解できたけど。

で、お勧め整備プラス3万8千円の見積書を準備してブレーキパッドは2ミリしかないという。(1年前も2ミリしかないとおっしゃった)。 ベルト類に亀裂が入り、何時切れてもおかしくない。バッテリは負荷テストでなんと9.11vですぐ交換しないとセルモーターが回らなくなるとのご説明。

もういつの間にか9年目に入るのだ。約43500Km ブレーキパッドは下り坂が多いので消耗が早い。ゴム類部品も昨年フロントシャフトブーツが破れたように、Vベルトはひび割れ、窓サッシ周りのゴムは白化してきている。ライトの透明カバーも。

補機ベルト3本、フロントブレーキパッドをネットで手配した。バッテリーはまだ1年未満なので夜間に補充電し、様子を見る。補修部品交換は今回、自信は無いけどDIYチャレンジ精神だけでやるつもり。

工具はラチェットレンチ。モンキー。手持ちだけで済ませたいと思っていますが、めがねレンチとクロスレンチ、馬あたりを買わなければならないかも。若かりし、昔はライニング交換やスパークプラグ交換、そうデストリビューターの接点交換もやったぞ。すっかり忘れたけれど。それ以来だ。無謀か?。



関連記事

| 車、エブリィ、ムーブ | 19:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。