2013年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年07月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

現在ヤフージオシティーズダウンしています。

ただいま2013年6月30日 まつらさんホームページとSLエブリーホームメイドキャンパーのページが接続できない状態が続いています。

朝9時過ぎから殆ど、繋がらない状態が続いています。

ヤフージオシティーサーバーがダウンしている状態です。

ヤフージャパンにはトラブル案内もありません。

ご迷惑をおかけいたします。(matrasanサイト管理人より) 

13:40頃ダウンロードは非常に遅いながらも復旧?
アップロードは不可。ジオシティーズのページにはトラブル案内は無し。
5時間もダウンさせておいて知らん顔でしょうか?

17:00頃になってようやく復旧した感じ。この時間になってから
【システム障害のお知らせ】が案内が出た。発生時間や復旧予定も
記載されない。
ちょっとひどいんではないですか?


関連記事
スポンサーサイト

| 未分類 | 13:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ツバメ5羽いっせいに巣立ち

tubame06.jpg
これは6/23に撮影したものです。この頃から時たま1羽だけ近くを飛ぶ様になっていました。

今日は久しぶりの良い天気になりました。

朝方はまだ曇っていましたが10時過ぎにツバメの鳴き声がにぎやかと思いましたら既に巣は空っぽ。時々旋回して巣の近くに来るのですがもう戻る事はありませんでした。

一時、近くを数羽、いや他の巣の巣立ったばかりのツバメ?と一緒に数えると10羽以上群れて飛んでいます。

あっけなくあっという間に巣立っていきました。もう戻る事は無いのでしょうね。巣の下の掃除も今日で終わりと思うと少し寂しい気もしますし、掃除から開放されますのでやれやれとも思いますし。

昨日は猫が巣の近くをうろついていました。親ツバメはなんと甲高い鳴き声を上げて低空から猫を攻撃していました。数回の攻撃で猫は早足で退散していました。その間巣のツバメは身をかがめ伏せの姿勢です。いなくなったらまたにぎやかに鳴き声を上げていました。

最近は人に慣れたのかこちらがじっと見つめていても平気に身を乗り出したりしていました。

あっけなく、あっという間に。   さようなら。
関連記事

| 季節 | 15:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

5羽でした

だいぶ大きくなりました。4羽と思っていたら今日は5羽がはっきり見えました。

昨日は梅雨の晴れ間。親がえさを運んできたときのにぎやかな鳴き声に、歩道を歩く人が何だろうと覗いていきます。

白い尾羽のようなものは他の鳥の羽で巣作りの材料の様です。

昨日は羽ばたきまでする様になりました。もう巣立ちも間近かもしれません。

tubame09.jpg
追記: この日昼過ぎに数羽が飛び立ち近くの電線まで周回を繰り返しました。

巣立ち直前の模様です。いつの間にか親と変らない大きさになっています。

もう糞の量が半端じゃなく、巣は玄関ドアの真上、ドアの開閉もままならず、早く巣立って欲しいと願っています。

たぶん明日かな?
関連記事

| 季節 | 09:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ツバメ雛は元気です。

 4羽の雛は元気に育っているようです。だいぶ大きくなったので毎朝、玄関先の糞の掃除が大変です。少し前から気になっている事があります。

親鳥の一羽は真っ黒ではなく、突然変異なのか少しグレーというか灰色が混じっています。珍しいかもしれません。

巣にはどうも尾羽のピンと伸びたのが見えますが真っ白なのです。なかなか4羽一緒に顔を出すことは無いのですが全身真っ白の雛はいないようなのですが。巣を覗いても伏せるのでよくわかりません。

昔徳島の田舎の家の納屋には毎年やってきて何度か真っ白のツバメの誕生を見ましたので驚くことは無いのですが、珍しい事です。まだはっきりしませんが、画像の白い尾羽?が確認出来ます。何なのでしょう?
tubame11.jpg
関連記事

| 季節 | 18:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

USB3.0外部HDD熱暴走対策 Freedom FHC-361BK

昨年10月に購入したデータバックアップ用Freedom FHC-361BKですが最近気温が上昇したせいか、バックアップ中固まってしまう状態になりました。パソコン本体まで固まってしまうので、使わないでいましたがやはりバックアップが無いのは万一の時を考えると不安です。

筐体の温度が熱いって思うほどになっています。オーバーヒート熱暴走と判断し、冷却を考えて見ます。

まず分解し冷却ファンの装着を考えて見ます。5センチのファンを入れるスペースなどは無く、HDDの発熱はアルミ筐体の熱伝導による冷却効果しかないようです。と言っても隙間はあるし中途半端な構造です。

そこで5センチファンはアルミケースにfan穴を空けて外側にホットメルト接着、内部の空気の循環は望めないので後部底に吸気用として6mm穴2ヶ所、前パネル横に6mm穴4箇所を開けました。空気の流れを想定し冷却を考えて穴を開けます。適当に開けたのでは効果的な冷却は望めません。うまくいけば外気を吸い込みHDDを冷却しながらファンで吸い出す冷却経路が出来ます。本日の室内温度は27℃。

これでファイルコピーを連続2時間ほど実施しました。結果は快調です。一度も止まる事はなく、筐体に触っても常温という感じ。ディスクマークも昨年より少しよくなっている感じです。
Freedom_fhc_361bk.jpg
ファンの12V電源は後部の電源スイッチ通過後にリード線を半田付け取出しPC用チップソケットで脱着可能としました。ファンは昔のVGAカードの冷却ファンのリサイクル。製作費用はゼロ円です。
前回導入記の記事
関連記事

| パソコン | 17:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。