2015年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

病院、医者には当たり前でも患者にとっては当たりとは言えない

 病院にいきました。耳下腺の腫れ痛みが続き、最近は腫れのぐりぐりが大きくなり熟睡も出来なくなり、市販の湿布薬で何とか寝付けています。明らかに症状は少しづつ進んでいるようです。

今日は症状を受付時記入した問診表を見ながら医師は症状を確認しただけで詳しく聞きもせず『薬をだしておきます』。とだけ。私、『以前から見てもらっていますが腫れ痛みは慢性化して悪化しているのですが?』それじゃCTとります。さらに症状を説明しようとすると言葉をさえぎって『CTをとりますから!』 でハイ終了。

で、再び窓口に戻り待つ。約10分後呼ばれて『料金は1050円ですが、以前血液検査していまして1030円の御支払い頂いていないので一緒によろしいですか?』 え?それはいいですけど、何の検査でその結果や検査表もいただいていませんが?

しばらく待たされ、医師に再度呼ばれ検査表を渡され『何も異常ないです』との事。???

で、受付に戻り、CT受診を待つ。しばらく待たされ呼ばれないので聞くと、〇〇病院を紹介するのだという。そんなこと聞いていません!どうも説明のつじつまが合わない。医師はでてこない。どうもこの病院にはCTは無いらしい。なぜCTをとりますといったのか?と聞くと詳細な部位まで見られるCTが無いのだという。だったら何故その説明が無いのか?

この医師、患者の椅子を勝手に外側に回す。これはむかつく。こちらが話している時には『だからCTをとりますから!』って。そのCTが他の病院でとらせるつもりでいたのか?

前回受診時の勝手に取られた血液検査。まあ、点滴と血液検査はセットが病院の常識。その検査結果もわざわざ説明しないのも常識。重大な結果がなければ患者に連絡しないのも常識。心配だったら患者が聞きに受診に訪れるのも常識。解らなければ患者から聞いてくるのが常識。

でも患者ってそんな病院や医者の常識を全て理解出来るのかな?今日の様に聞くだけで、症状を訴えるだけでまともに聞いて暮れそうも無いとか、無理して訴えても医者先生を怒らせる? それこそが怖いのです。

またも、この病院不信に陥った。今度はどこの病院?漂流する患者という言葉を聞いた事がある。私もそうなのか。
関連記事
スポンサーサイト

| COPDと帯状疱疹 | 18:01 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

自作発酵器温度コントローラーの更新

 100均シールタッパに組み込みました。
P1240264_1280.jpg
手持ちのDC12VACアダプターをタッパ内にいれし、温度検出サーミスタは50cm程延長しました。配線は半田付けし収縮チューブで配線保護。基板はプラスチックスペーサーとぷらネジでタッパに取り付けました。表示部分はカッターナイフで慎重に切り抜き。ACアダプターは最大0.1Aくらいの消費電流ですのであまり発熱は感じられませんでしたが上下の通風穴を開けました。

テスト結果は以前のK型熱電対を使ったオムロンE5RCSR1KJとなんら変らないと思われます。

使用するのはカスピ海ヨーグルトの28℃~発芽玄米作りや納豆の40℃程度でセンサーはNTC型サーミスターで充分です。

設定の仕方  に書かれていますが必要とする取扱説明事項は不十分で初期設定からの変更は不可能です。

設定温度、加温モード(オフ設定)に設定、ヒステリシス設定、遅延設定の設定変更が必用です。説明書無しでは使用条件化での設定はできません。ポチッた先では説明書が有りませんでしたが何とか入手。

変更するのは当然設定温度、オン、オフのモード設定、ヒステリシスの設定です。
加温モードに設定変更、ヒステリシスはデフォルトの2℃から0.2Vに変更の2点は変更が必用です。

関連ページ まつらさんのホームページ   発酵器の自作 

発酵器自作メニュー内にこの記事のページを近日中におきます。
関連記事

| 発酵食品&発酵機 | 12:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

自作発酵器が故障

 オムロン温度調節器とタオル蒸し器を利用した発酵器が故障してしまいました。FFFのエラー表示で操作不能となりました。温度調節器 デジタル式E5CS-RKJ ヤフオクで調達したそもそも中古品でした。

多分15年くらい経過しているものと思われます。早速再度ヤフオクで探すと高価な値付けしています。多分4000円くらいは掛かってしまいそうです。標準価格は15000円くらいですから4000円程度であっても落札購入しなければと、思ったのですが

いろいろ検索しているとワンチップマイコンで作られた超廉価品を発見早速ポチッと入手
P1240258_1280.jpg
サーモスイッチ 温度コントローラー 即決価格900円 でした。
● スペック
・電源電圧 : DC12V
※ 制御回路自体は3.3V、5Vでも動作可。
  リレー換装で5V化も可。(必要なら落札後、相談。)
・消費電流 : リレーオフ時35mA以下, リレーオン時 65mA以下
・基板サイズ : 48x40x14mm
・動作可能な周囲温度 :  -10~60 ℃
・動作可能な周囲湿度 :  20~85 %
・センサー(熱電対)の対応できる温度範囲 : -50~110℃(温度は、小数点第一位まで表示)
・熱電対 : NTC (10KΩ 0.5%) 防水
・出力リレー : 1接点、型名 : SRA-12VDC-AL
・重さ 約 22g
と云う物です。
熱電対と記載があり、それだけで1000円以上も掛かってしまいそうですがサーミスタじゃないかと思われる形状をしています。
”熱電対 : NTC (10KΩ 0.5%) 防水” と記載もあり、記載がなにか混同しているように思います。
明らかに普通のNTCサーミスタです。
用途としての性能的にはなんら問題ないと思われます。とりあえず100均食品タッパケースに入れ、基板にリレーを実装しておりこれも超小型ながら125V20Aとありますのでそのまま100Vでのオンオフ接点として使用します。

あと必要な部品はサーミスタ延長リード線、12V ACアダプターは1A程度の手持ち品、入出力のAC100V配線など。

次回、明日テストします。

関連記事

| 発酵食品&発酵機 | 22:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

北海道 旅先でのネット事情

 2015年夏の北海道は昨年と同じノートPC持参。Wi2 300を契約したのみでした。ガラケーを携帯した。

結果は全滅。繋がった場所は殆ど有りませんでした。今年はほ都市部に行かなかった事もあります。

何とか繋がったのはセブンスポットのみ。無料契約で都度短時間メールチェックなどで接続しました。Wi2 300は以前に比べてサービスも低下し不評の様です。

携帯はスマホは持たず、ガラケーだけです。スマホを持つべきか、必要とすることはめったになく、長期間の旅行の時くらいあればよいと思うくらいです。無駄な経費はかけられない。

レンタルスマホ、LTEなどを必要な折だけ借りるのも良い選択化も。

とはいっても、最近光とスマホのおまとめで3600円~などと格安宣伝が盛んで、しょっちゅう電話勧誘もあり、検討してみました。3600円とか、3800円は光の契約がマンションの場合で、戸建は1000円以上高くなります。だったらもっともっと割りなどと合わせた長期契約している今より安くなることはやっぱりなかったのです。

でも通信系回線が超高速対応されてきた結果スマホも欲しくなるのは当然かもしれません。SIMフリースマホとノートPCを組み合わせた使い方に興味もあります。

北海道の山奥ではドコモ回線しか繋がらないところが多いのです。札内川園地キャンプ場はその典型でドコモのスマホでばりばり通信しているのを横目でうらやましく思ったものです。ドコモ以外は電話もテレビも通じない。

こんな条件でお勧めの契約の相談に乗ってくれないかな?
後日楽天モバイルを契約
関連記事

| インターネット&通信 | 09:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。