2016年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

〇〇光コラボ 通信速度と解約時に盲点

昨年から始まった光コラボサービス。通信料の家計に占める割合について政府からも業者指導の話など出ている。

私もついこの前、ガラケーから楽天のSIMフリースマホに替えたばかり。SIMフリースマホも、固定通信の〇〇光もキャリアー業者から回線を借りて再販するもので大きく違うのはたとえば1本の回線を複数の契約者に分け与えるもので、ラッシュ時間帯になると大幅な速度ダウンというより画面が動かないことが有ります。

固定回線でも 〇〇光の宣伝が盛んです。フレッツ光+プロバイダから、プロバイダ業者などがまとめ転用するサービス。調べると安価なだけでなく多大なデメリットが潜んでいる様です。

例を上げると
ぷらら光のHPには "転用しないと損!" ”品質は今までと同じ。だから安心!” と記載されています。しかし別項に”ぷらら光はベストエフォート型サービスです。中略 お客様の環境や回線の混雑状況によって大幅に低下する場合があります” と小さい文字で記載もあります。うそと、ほんとが同居した説明です。これは転用しなくても有りうることと誰でも読み飛ばしてしまいます。程度の差は説明文では判断出来ません。

実際に光コラボサービスに転用された方の評価は回線速度ダウンについて酷評されています。私の様なリタイヤ組は回線が空く時間帯を利用すれば問題は少ないかと思いますが現役の方は重大な問題です。他の光コラボでも同様の説明で、ことさら支払い料金を強調しています。

正直に説明を記載するなら 【転用すると、従来の回線速度は空いている時間帯では維持される場合も有りますが、回線を契約者で共有する性格上平均的な速度は著しく低下します】 と記載すべきではないでしょうか?


SIMフリー格安スマホも全く同様で、私の楽天モバイルスマホも最大225Mbps、上り50Mbpsはベストエフォートですが昼間はサクサクですが19時~22時くらいは大幅ダウン。画面が固まったままになってしまいます。家庭内ではルーターの無線LANを使ったWIFIなので快適ですがこの時間帯のドコモ回線では電話しか使えません。

”ドコモ回線だから安心” の宣伝も過大広告でしょう。 ”ドコモ回線だから通信可能エリアが広い” と記載するのが正しいのかなと思えるのですが。

〇〇光コラボでは一旦転用すると上記の問題が発覚し、元に戻そうとしても簡単には戻せないのです。NTT東西とは縁が切れており、電話番号さえも新規申し込みとなります。多大な工事費などが発生します。

その他プロバイダ変更は不可能、NTTサポートの様なサポート体制とは程遠い対応とかデメリットが多すぎる。

それでも自分の場合は900円ダウンの支払い金額に釣られてぷらら光を選択するかも知れない。電力系光も最近値下げしているし、考えどころかもしれない。

NTT東西もアンケート実施するまでも無く! これを機会に料金引き下げや追加サービスを拡大すべきと思います。



≫ Read More

関連記事

| インターネット&通信 | 21:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スマホの広告

P1240705.jpg
PCサイト用に作成されたブログですが一番下左右一杯に広告が表示されています。
P1240706.jpg
ホームページ最下部に表示された広告。
アンドロイドスマホの画面です。最初は無料カウンターの広告かと思ったのですが、Googleが人のサイトを利用して広告を勝手に表示させているものです。 このサイトは私のサイトであり広告表示を許可したことは断じてありません。こんな事が許されるのでしょうか? 違法性は無いのでしょうか?
P1240709.jpg
画面右上隅の3点ボタンをクリックするとこのメニューが表示されます。"PC版サイトを見る"にチェックを入れると以後表示されなくなります。
他の機種iPhoneなどでも同様の手順の様です。
関連記事

| インターネット&通信 | 07:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スマホ デビューしました

zenphon2_la.jpg

 ついにスマホデビューです。
多分死ぬまでガラケーと思っていたのですが世間の変化はとどまることはありません。キャリアのスマホではいまだ8000円くらいの支払いが一般的だそうですが、何時のまにか、MVNO業者のSIMフリースマホが超格安で使えるようになりました。MVNOは大中小乱立です。

固定通信サービスはテレビのコマーシャルで各社の"〇〇光"の宣伝がにぎやかです。これもNTTの回線などから借り受けて再販する業者の宣伝です。これはさておき。

〇 ガラケーの解約
 AUガラケーの通信費は1350円でした。11年目で解約料は3000円。12年目では解約料は発生しないそうです。解約には2年縛りがあり
解約料が不要なのは更新月の1ケ月間のみ。(最近2ケ月間に延長される)楽天モバイルではその月が近付いたらメールで連絡をくれるサービスもある

〇 MNVO契約したのは楽天モバイル。各社比較した結果、回線がドコモであることが絶対条件としました。何故なら北海道の山奥のキャンプ場ではドコモエリアしか使えない所が多かったからです。安価であること、業者の信頼度?などからの選択です。MVNOは解約や、コース変更も違約金、解約金は1年経過で取らないので案外変更が簡単です。

〇 機種
ZenFone 2 Laser8GB。 どれを選んでよいのか解らなかったのですが切り捨て方式で除外するのは反日国家中韓の製品、高価すぎるもの、機能が明らかに劣るものを除くと台湾メーカーで自作パソコン黎明期から付き合ってきたマザーボードで有名なASUSの ZenFone 2 Laser8Mになりました。国内メーカーは富士通arrows RM02が良いかと思いましたが角のあるデザインは使いづらいと思い外れました。SHARP、SONYは悪くないのですが価格が高すぎる。買取、分割も選択できますが分割と一括は最終支払い金額は全く同一に設定されています。24分割支払いでその間解約されにくいとの政策と推測されます。端末同時購入で3000ポイント、初月通信費無料が適用されます。 別途購入も考えましたが同時契約が一番安かったです。  結果はメモリ不足を感じ、16MBタイプを選びぶべきだった。

〇 SIMの選択
データと電話も可能な3.1GB通話SIM1600円としました。自分の使用スタイルでは適当と判断したのですが、コース変更はいつでも可能。
  結果はWiFiを使用する様心がければ充分な選択。......と思われる長期旅行では一時的にコース変更か。

〇 MNPの手続き
AUサポートに電話し、MNP予約番号をもらう。解約料3000円、MNP手数料2000円が合わせて税別で5000円との事。調べてみるとこれが一番の曲者で"誰でも割り"を契約していると9500円もの解除料を支払わなければならないようです。通常2年毎の自動更新の様です。更新月であれば解除料の支払いは不要です。キャリヤの契約更新月は2017年10月でした。契約更新月に移行するのが無駄な出費が抑えられます。解約についてはフリーダイヤルで。→AUショップでは間違った情報の場合もあった。

〇 楽天モバイルショップで即日お持ち帰り購入
福山にはショップは無く倉敷まで平日に。契約後3時間後のお渡しでした。結果的にはほぼ機種コースを事前に決めていたので再確認したことくらいでスムースに契約購入できました。設定や、電話帳以降もその場でやってもらえ即刻使用可能となりました。対応は私の質問に対しまだ充分な知識がないと感じた。

〇家族娘のスマホはweb上から契約  →平日朝一で楽天モバイルショップが一番。
発送が非常に遅い。3/9契約完了メール。3/13発送メール。同日16:00t到着。早速設定しようとしたがAPN設定は1から2日開けて設定して欲しいとのこと、楽天電話も認証を受け付けない。日曜夜なのでラッシュで駄目なのかも知れない。月曜まで放置するしかない模様。
もちろんフリーダイヤルは繋がらない。やはり経験者であればフリーダイヤルなど無くても、難なく開通となるのだろうが。
やはり、平日に楽天モバイルショップまで出かけてお持ち帰り購入が一番スムースにいく。

〇 感想
スマホ初心者としては操作の習得に時間がかかります。今日で4日目ですが本体の操作すらまだ充分ではありません。メニュー画面に不要と思われるアプリがたくさんあり削除しなければ容量不足になりました。ダウンロードしたアプリはまだヤフーナビ、QRコードだけです。ZenFone 2 Laser8Mは他社比較はできませんが、何のストレスもなく快適に動作しています。家ではフレッツ光WiFiですのでストレス無く使えます。外に出ても4G回線の接続でさくさく動きます。ただ、スマホ画面を見続けると目が疲れます。
本当に必要だったのかはこれから外に出て必要としたときだと思います。
関連記事

| インターネット&通信 | 12:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |