PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

自然の冷蔵庫

 冬は野菜や畑で収穫出来るものが少なくなりますので、昔から保存食品をよく食べていたと思います。最近私もキムチや白菜漬けなど漬物をよく作ります。作ったものをどこに保存するかいつも迷います。小型冷蔵庫を別途購入しこれに保存することが多いのですが、保存温度が低すぎるとかたくさん作った場合は入りきらないとか困っています。

昔の田舎の家には北側の寒いところに漬物置き場の納戸があり、大量のたくわん漬け樽が並んでいました。戦後の街中の一般住宅にはその様な構造の建物はありません。台所こそが食料品の保管場所です。床下収納があれば代用には出来ますが、通常の一般家庭では台所は居間と同様冬場でも20℃くらいの温度で暖房する家庭が一般的と思われます。

漬物は冷蔵庫でも良いのですが場合によっては熟成や発酵が遅れる場合が多く、キムチや蕪寿司、生寿司など漬けてから早く食べたいケースもあります。そんなときは私宅で番寒いところの玄関へ置いたりしています。おかげで我が家は他人様にくさい!と思われている事でしょう。

北側造りつけ自然冷蔵庫を考えています。そのうち春が来てしまうのです。。。。。。。。

蕪寿司

 大人の甘酒
関連記事

| 発酵食品&発酵機 | 12:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://matrasan.blog87.fc2.com/tb.php/10-e8efe546

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT