PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

COPD に生姜湯と大根あめ

 風邪気味のときなど免疫力強化に生姜湯、喉の痛み、咳、痰によく効く大根あめ。常時作れるようにして、時に応じて舐める事にしています。いずれも体を温め新陳代謝を促進させる効果があります。

COPDにぴったりの民間療法です。人に教えられたものをしっかり、忘れないように作り方のメモです。

生姜湯の作り方

 簡単には皮付きのまま、すりおろしてお湯に溶かし、適当にはちみつ又は黒砂糖を入れて飲むとビタミンやミネラルを補給することができます。

いつでもすぐ作れるようにするには、買ってきた生姜はすぐに全部すりおろして冷凍庫の角型製氷皿で凍らせ、ポリ袋に入れて冷凍保存します。このとき1センチくらいの輪切りにするとおろしやすい。

 使用都度1,2個ずつお湯と一緒にコップにいれレンジで加熱。また、水溶き片栗粉や葛粉でとろみをつけるとすりおろした生姜がよく交じり合いまろやかになる。体がよく温まります。冬だけでなくシーズン通じて毎日飲んでいます。

お湯の替わりに紅茶で溶かすと効果は倍増するそうです。また、紅茶にはカテキンカフェインも含まれているため、メタボの方、おすすめです


追記 生姜は生の状態ではジンゲロールが、薄くスライスし天日で乾燥。これを加熱使用するとショウガオールという物質が大量に生成され体温を暖める効果が倍増すると言う。乾燥生姜は摂取量が多すぎると副作用がある。胃腸に負担をかける。腎臓にも負担をかけ血尿が出ることもあるという。


大根あめの作り方 3題

■ 皮付きのまま1センチ角くらいに切り、広口ビンに入れ、はちみつをたっぷりかけて数時間置く。干からびた大根は取り出し液体のみ、冷蔵保存する。これを喉がからんで痛みがあるときなどに都度舐める。残った大根は味噌汁に入れて食べる。

■ すりおろし大根に、すりおろし生姜を少量加え、はちみつ又は黒砂糖を少量混ぜて飲む。水溶き片栗粉でとろみをつけるとよく混じり醒めにくくまろやかになる。

■ 大根、蓮根を皮付きのまま等量をすりおろし、蜂蜜を適量混ぜて暫く置いて飲む。

ついでの話ですが

 イソジンなどのうがい薬は極力使わずまず、薄い塩水で喉、鼻、を洗う事。上記民間療法で気管支拡張剤、咳止め、痰を切る薬剤などは使用しなくて済む。喉の痛みには大根あめ、生姜湯は即効性があります。セレベント、スピリーバなど吸入薬もこれで止めることが出来ました。COPDを直す薬はないといいます。しかし医者はさまざまな症状の苦痛を言うと症状を軽くするとか、進行を止めるといい、大量の薬を出し、栄養点滴をすすめます。私の場合、体調が悪くなるだけでした。

 


関連記事

| 免疫力アップと健康食 | 11:49 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

No title

まつらさん こんばんは。
気管系の支障はお辛い事と存じます。
薬は病状の改善には有効だと思いますが過信するのはだめですよね。
僕も例の体調不良時にろくに人の話も聞かずに処方された薬も医者も逆効果でした。自分で原因は把握しておりましたので元を断たないとダメと感じていました。
まだまだ暑い日が続きますがお大事になさってください。

| ☆Take It Easy! | 2010/08/01 19:07 | URL | ≫ EDIT

No title

こんにちは
ないちゃんのブログから来ました。

いろいろ、勉強になりそうなので、チョコチョコおじゃまさせてください。

| COPD58 | 2010/08/03 09:44 | URL | ≫ EDIT














TRACKBACK URL

http://matrasan.blog87.fc2.com/tb.php/118-2dcd83b1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。