PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

肺機能検査

8月4日受診した特定検診結果を聞くのとついでに肺機能検査を受けた。現在の体調はいつもの喉の痛みと痰であるが、耳下腺の腫れを訴えると院内の耳鼻科受診を勧められたので診てもらう。


結果は前回よりやはり好転していた。年齢相応であり問題なしと。血液検査は、尿検査結果もほぼ異常なし、Hba1cも正常値になった。中性脂肪値も正常。尿蛋白± 肝機能の数値も10年来のほぼ正常の数値。となった


 食事療法、民間療法と運動による効果がでてきて、全身機能が好転してきているのがこれで証明できたと言える。腎機能は尿蛋白±年齢相応との事。

肺機能検査は自分では見方がまだ良く解からないが正常に近付いたとの事。自分でも実感できている。少なくとも間違いなく進行は止められている。酸素飽和度98%


耳鼻科では喉は 『年齢相応。朝起き掛けの痛みはガラガラうがいをしすぎてはいけない。イソジンなど使ってはいけない。喉は潤すだけにすればよい。口中の自分で治そうとする良い菌まで流してしまい炎症を起こすから注意して』。『耳下腺の腫れは正常の範囲です』

呼吸器内科では口中は清潔にしないといけない。痛みがあればイソジンなどでうがいをするよう指導されていた。このことを言うと苦笑いしていた。


今まで肺機能検査結果は説明のみだったが今回、検査結果表も前回分とあわせてコピーをもらってくる。大山登山の話をすると、落石に中止しなさいだって。もちろん体に対しては何の問題もありませんという事。


年に一度CT検査を勧められる。肺ガン検診として。このままなんにもなければ年に1回受診でよいと言うことか?しかしCTは肺X線検査の100倍の放射線が照射され、肺がん検診の為なら受けないほうが良いという説もある。ほぼ毎年泌尿器科を含め受けているので何も体調に問題なければ止めた方が良いのかも。


たぶん天気もよさそうなので今週中には、大山に行く。


 


関連記事

| COPDと帯状疱疹 | 19:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://matrasan.blog87.fc2.com/tb.php/127-1212c097

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT