PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

薬を止めて食事で病気を治す まとめ

運動リハビリも必要条件ですが

COPD(肺気腫)など高血圧、糖尿病、

心肝機能改善、高脂血症など 生活習慣病

に食事で改善できるレシピをまとめてみました。

中でも毎日欠かさない食べ物は古来の発酵食品です。

食べ続けることが大事。腸から健康になり免疫力も向上します。


具だくさん味噌汁

  作り方詳細はここ 塩分極小食べるおかず味噌汁
 季節の野菜をたっぷり使うこと。かぼちゃ、サヤインゲン、
 キヌサヤ、オクラ、きのこ類、ニンジン、大根 ジャガイモ、
 タマネギ、なす、など4種以上、わかめなど海草類。
 出汁は鯖いわし節だし、イリコの頭腸を取ったもの、昆布
 乾炒りいずれも粉にしたもの水1.5リットルに粉だしをいれ
 最低数分おいてから沸騰させる。
 これに適当な大きさに切った具を煮えにくい順番に投入し
 味噌を大匙1杯溶かしながら投入。中火で具が煮えればOK
 刻みネギをかけて食事の最初に食べるのです。
 一日2食


キャベツの酢の物
 作り方詳細はここ

 キャベツ半玉を5ミリくらいの千切り耐熱容器に入れて電子
 レンジで8分ほど加熱 米酢50CC、料理酒50CC、醤油大匙
 2杯を混ぜて電子レンジで3分加熱沸騰させるこれに頭と腸を
 取ったイリコをトースターで乾煎りし上記のだし汁に投入
 耐熱容器のキャベツに上記を投入し混ぜる。すぐ食べても
 良いし、冷蔵庫保存し常備菜とする。
 イリコでなく昆布出汁でもよい。昆布を乾煎りし、粉末にした
 ものやシマヤだしの元などでもOK
 一日1食以上


黒酢タマネギ
 作り方詳細はここ

 中タマネギ3個を輪切りにし30分放置空気に晒す
 瓶に入れ、黒酢をタマネギを浸かるまで投入
 冷蔵庫で保存し3日目くらいから食べる。小皿1杯を毎食。
 余った漬け汁黒酢は他の料理に使う。
 一日2食


黒豆納豆   作り方詳細はここ

 黒豆納豆でなくとも市販の納豆で可。これを白菜キムチとあえて食す。
 一日1食以上


玄米ペースト 1人前 要は白米より玄米を食すと言う事。

 キャベツ酢の物に使ったのと同じ粉末出しスプーン山盛り
 1杯をお湯150ccに投入数分置いて玄米を乾煎りし粉末に
 したものスプーン山盛り3杯黒米など雑穀も同様粉末スプ
 ーン山盛り1杯を入れて混ぜてOK
 硬さは好みで調整。電子レンジで加熱しても良いがそのま
 まのほうが成分が壊れにくい。味付けは出しで充分ですが
 加えるなら極少量の藻塩、醤油で炭水化物は食事の最後
 に食べる事。 一日1食以上


生姜湯 

 生姜をすりおろし、冷蔵庫の角皿製氷する。これを紅茶に
 黒糖ひとカケと一緒に投入、電子レンジで加熱。水溶き
 片栗粉か葛粉を投入。とろみがつくまで再度加熱。
 生姜は乾燥粉末生姜を使えばショウガオールが増量し効果
 が倍増する。
 コップ1杯にスプーン1/3量で充分。胃が丈夫でない方はさら
 に少なめに。肺、上気道の炎症には一日2杯くらいか?


大根飴

 大根を皮付きのまま1センチ角に切り瓶に入れ蜂蜜を投入
 冷蔵庫に数時間置く。大根は水分が出て干からびた状態
 になる。サラサラにの液体になるので良く混ぜ液体だけ瓶に
 入れこれを喉が痛いときなど適時舐める。
 荒くすりおろしたものに蜂蜜をかけたものはすぐにサラサラ
 液になるのでこの方が手軽にすぐ利用できる

小魚類
 いわし、鯖、サンマなど青魚を最低2日に1回は食べる。


豆類

 豆腐、おから、煮豆類は一日1食は食べる。おからがお勧め。
 具で煮付けたおからは常備菜に食べ切れなかったら
 おからハンバーグで食べる。


イモ類

 山芋、サトイモなどご飯の代わりに。食べ過ぎに注意


ヒジキ、わかめなど海藻類

 ヒジキ煮物などは常備菜として作り置きして冷蔵庫へ。
 カットわかめ、粉寒天はすぐ使えて便利。常備する。


ポン酢などは

 道の駅などで安価に出回る時期に柚子、ダイダイなどを使い、
 昆布、鰹節と一緒に米酢と混合し漬け込んで冷蔵保存して常
 備しておく大量に作っても1年くらい充分持つ。


季節の野菜、果物は

 難しい料理は不要。出来るだけ皮付きのまま一口大に切った
 野菜を電子レンジ対応タジン鍋などでチンするだけ。そのまま
 でも充分おいしい。
 味気なければポン酢やマヨネーズをかけて食べてもよい。
 果物は悪くはないが、甘い果物の食べ過ぎは良くない


缶詰め類や塩鯖

 鯖、サンマ、いわしなど急に魚が食べたいときはこれで
 代用可能


ヨーグルトは発酵食品であり腸には整腸作用があり一日

1食は食べる


 自家製のプレーンヨーグルト。出来ればカスピ海ヨーグルトなど
 基本的に肉類や乳製品は摂らない、小麦粉製品は全粒粉、
 米粉や玄米粉で代用し減らす。


家庭用製粉器購入をお勧めします。岩谷ミルサーなど。

 昆布、鰹節、イリコ、干し椎茸、玄米、雑穀、など粉にすると
 消化も良く、出汁は食べられる。カルシューム、ミネラル分を
 残さず摂取できる。


同病の宣告を受けた親愛なる兄にメモとしてまとめました。


 


関連記事

| 免疫力アップと健康食 | 22:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://matrasan.blog87.fc2.com/tb.php/139-dac52d84

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。