PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

木枯らしが吹いたら早速、咳痰が。

 昨日気温が10℃台になった。寒いと感じ、着る物で調整はしていたが就寝後、痰と咳が止まらなくなった。いつもの大根飴の作り置きはなく、黒糖入り生姜湯を飲んで体が温まったのですが、逆に咳と痰は増え、止まらなくなってしまった。


兎に角、消炎しなければ眠れない。大根飴を作ることにする。即席の作り方ですが速攻で効いて、ようやく眠る事が出来た。


 今回試してみた即効大根生姜湯の作り方を紹介します。一回分です。

① 大根20g程度をすりおろす。

② 生姜1センチ角 すりおろす。(乾燥生姜粉でも可)

③ ①、②を湯飲みに入れ、蜂蜜をかぶるくらいにたらす。

④ 電子レンジで2分程加熱する。出来上がり。

   これをそのまま食べても良し、濾して液体だけを飲んでもよし。

        濃ければお湯で薄めてもよい


これでも大根の有効成分は抽出されるようです。③の状態で1時間くらいでも置いたほうがよいとは思いますが咳き込んでいたので電子レンジで暖めました。即効で効いてくれましたよ。


注意事項の追記です


 この大根生姜湯は大根飴に比較すると強力に効くのですが、喉の炎症がひどい場合や子どもさんにはちょっと刺激が強すぎるようです。そんな場合は


2~3倍のお湯で薄める。生姜を少なくする。体を温める効果は少なくなりますが生姜を使わないなどとしてください。


関連記事

| COPDと帯状疱疹 | 00:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://matrasan.blog87.fc2.com/tb.php/146-2552f740

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。