PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

パソコン組立てパート2 その三

 TWO-TOPよりパーツが夕方到着しました。予定より早く到着しましたので、ミニタワーケース(電源付)とIEEE1394-PCIカードの購入がまだですが、手持ちの旧ATX電源を使用し、バラックで組み立ててみました。WindowsVistaセットアップまで完了しました。以下レポートです。

最小構成のCPU,メモリ、モニタをマザーボードに接続しBIOSを確認しますと、BIOS Verは0504でCPUはE7400と表示されるもののBIOSをアップデートせよ。エラーですとなにやらメッセージ。E7400のまま、新しいVer0601を書き込んだCDをセットしましたが、起動時AIT+F2でEZFLASH2ユーティリティに入れません。何度繰り返しても同じ。前回と同じ、仕方なく手持ちのCPU E2200を装着しCPUを認識、これで素直にAIT+F2でEZFLUSH2が起動、BIOSのアップデートが完了。0601が2009/02/25のリリースでありました。ちなみにBIOSを覗いて見るとさっき無かったと思われるTOOLというメニューがあり、ここにEZFLASH2が選択できるようになっているではありませんか!

英文説明書にはちゃんとBIOS SETUP MENUからも起動できると書いてあります。説明書をよく読みましょう!ですね。 いや、やはりCPUを認識させてからでなければALT+F2もTOOLも表示しないようになっているのでしょう。確かE7400を挿したときCPU温度エラーのようなメッセージが表示されていたような?

今回は初期不良もなく順調にセットアップができました。VISTAのセットアップは1時間弱くらいで終わったのですが認証手続きし、アップデートすると2時間くらいかかりました。ダウンロードはすぐ終わるのですがインストールに莫大時間がかかるという印象です。マイクロソフトは現在のSP1ではなくSP2とかSP3で販売するのが妥当ではないのでしょうか、実使用上セットアップ終了だけで運用するというのはありえないでしょうから。

まだXPが併売されています。XPを選択する人がいまだ絶えないのが解るような気がします。価格が5千円程高く、大量のメモリや高性能CPUを要求するVISTAを敬遠するのでしょう。画期的と言えるほどのOSでは無いような気もします。次のWindows7?を待つと言う手もあります。

 旧型ATX電源でもなんとか動きましたがスリープが対応しません。明日ケースを買ってきて組み込みます。


関連記事

| パソコン | 23:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://matrasan.blog87.fc2.com/tb.php/20-16d34ebb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT