PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

家庭用地デジチュナーDTV-S110 を車載する

2011年4月16日 更新
 ポルテのカーナビのテレビはアナログ。そこで当分は地デジチューナーを購入することにしました。しかし車載用は移動受信を考慮した設計で大変高価です。どうせ走行中は見られませんし、停止時なら家庭用で充分です。アマゾンで送料込み3935円で購入しました。

車載化実験です。
電源をDCAC100Vインバータ、シガープラグ車載USB電源をテストして見ました。
へんなアンテナ、ヘンテナの自作とあわせての実用化実験です。
dtvs1101024.jpgバッファローDTV-S110

電源はACアダプターが付属し、本体DC5Vの端子に挿します。
手のひらに乗るコンパクト。選局時の反応もそこそこ。映像出力がRCAピンしかないけれど価格相応です。ワンセグとの切替は無いようです。
福山彦山中継所100W局を受信します。
HG120_12V.jpg  車載化の一般的な例は12VDCACインバーターを使用するのが一般的。ノイズも無くきれいに映りました。
しかしDC12V→AC100V→DC5Vはいかにも非効率。

そこで、
usbpower12v.jpg 
100均車載USBはビートノイズが入ります。  MP3再生時高周波ノイズも入ります。
DTV-S110の本体電源はDC5V入力なので、12Vシガーソケットから変換します。

100均で購入した12V車載用USB電源に同じく100均USBケーブルのメス側をDCプラグに交換加工します。
USBケーブルメス側はDCプラグに半田付け交換する。DCプラグは使わなくなった古いACアダプターのプラグを流用。USBケーブルの電源は赤色がプラス、黒色がマイナス。DCプラグは内側がプラス。念の為テスターで確認しました。数日使用で通電しなくなりました。容量オーバーだった模様。
car_chr62ubk.jpgサンワサプライCAR-CHR62UBK
 MAX 2.1Aだそうだ

車載USB充電器ipad対応Amazonで送料込み972円。
画面,音声共ノイズも無く発熱も少ない。2ポートなので携帯電話やMP3プレーヤーくらいなら同時充電できる。
hentena1024.jpgヘンテナとは1972年当時中学生だったアマチュア無線家が最初に考案したアンテナです。

地デジ用ヘンテナ参考図です。2ミリVAケーブルを裂いて使いました。福山中継局の中心周波数を基準に短縮率0.98をかけたものです。
使用する地域は下記で調べました。
中心周波数チャンネル
地上デジタル放送中継局一覧
平衡不平衡変換は行いませんが受信アンテナでそれ程、気を使わなくて大丈夫。
P1030782.jpgフロントガラスにヘンテナを透明テープで貼付けました。不細工です。取付角度は水平偏波受信用ですが垂直でも少しはレベルはが落ちる程度。
当然フロント方向が受信レベルが上がります。これで福山市内をテスト走行してみましたが見透し範囲だとほぼ100%受信可能でした。府中市エリアに入ると中継局が切り替わり受信可能でした。
想定外の高感度でした。
DTVS110 CAR1024チューナーはダッシュ下にマジックテープで取付。DVDナビにはビデオ外部入力ケーブルを使用しました。AVセレクタでMP3プレーヤと地デジの切替をしています。
液晶は480*270。ワンセグは320*200dです鮮明。音質も大満足です。ワンセグ切替があれば最高ですが。
 本体DC5v電源に車載USB充電器が活用でき、ローコスト車載地デジ化がうまくいきました。ヘンテナはダイポールよりは受信レベルは向上するようです。ネット検索すると自作参考記事がたくさん出てきます。

家庭用ですので車載時は高温にならない所に設置する必要があります。

DTV-S110のDC電源プラグの形状は5Vの通常規格ではなく径5.5ミリでした。
アマゾンなどで売られているPSP用変換ケーブルは合いません。
参考 秋月電子通商 標準DCプラグ(MP121C) 内径2.1mm外径5.5mm¥60
    USBケーブルは100均でもOK。
    ビデオ外部入力ケーブルはヤフーショップなどで購入可能。
関連記事

| ポルテ車中泊DIY | 00:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://matrasan.blog87.fc2.com/tb.php/202-5a833f8e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT