PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

もう泣きっ面に蜂!

 大失敗をやってしまいました。PIoneer AVアンプVSX-D3が数年前からガリオーム、リレーなどの接触不良など調子悪く数日前から左右共全モード音が出なくなってしまいました。左右同レベルのノイズだけ聞える状態。

あてもなく上蓋を開け、まずショックテスト。簡単な接触不良ではないらしい。メイン基板と信号制御基板?を繋ぐコネクターを外し、点検しようと電源swを入れたところ接続していた自作FE-167スピーカーからドスン!と大音量がした。

もう10年近いし、修理はあきらめて買換えかアンプを自作することにした。ところでPC用のスピーカーアンプを仮に繋いで当分使用できる様配線し音出しする。が!左右共異常に歪んでいる。FE-167 2本共ボイスコイル焼損。ボイスコイル部分がマグネットとこすれているのである。手でコーンを押してみるとゴシゴシ。<泣><泣>

また仕舞っておいたFE-107ツインのスピーカーに取り替える。これは低音が出ないのでYAMAHAスーパーウーファーYST-SW45を引っ張り出す。どうにか聞くに堪えそうな音になったが前と同じような6万円ほどもするAVアンプに買い換えるのはバカらしい。

ついでにDVDプレーヤーもトレイの開閉など調子がおかしかったので点検。ベルトは伸びで固まっているし、ディスクを認識せずすぐ排出してしまう。これもあきらめたLG製の安物なのであきらめはつく。安価なCPRM対応のプレーヤーを探し買い替えすることにしよう。

故障は続く。次ぎは何だろう?ウォシュレットも調子悪いし、そうそう風呂のシャワーの混合水栓もハンドルが異常に重くなっている。20年近いので買換えだろう。パソコンも最近のHD画像の再生すらおぼつかないし、ハイビジョン画像編集など歯が立たなくなってしまった。今はスペックダウンしてDVDに焼いてお茶を濁している。

秋月電子のオーディオアンプキットを注文した。テレビ用のICを使ったものです。何とか聞くに堪える音さえ出ればよいことにする。

これからは以前の生活を縮小し、昭和のやさしい時代にUターンしよう。車は軽、ようやくカラーテレビ、クーラーは無くても夕涼みして寝る。つつましくもあの昭和40年代に。
関連記事

| オーディオビデオ | 00:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://matrasan.blog87.fc2.com/tb.php/209-65b7b40f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT