PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

黒豆納豆作りは進化しています。

 ホットキャビタオル蒸し器での納豆作りは週1のペースで作り続けています。納豆はやはり、黒豆が比較にならないほどおいしいのですが最近小粒黒豆が入手できません。なにか毎年、作付けする農家が減っているようです。小粒を買うときに居合わせた農家の方が、大粒の方がおいしいよ!って言われましたが、納豆を作りますのでと答えるとああそう!ってびっくりされていました。

発酵用容器は今、水切りトレイ付きシールパックを使っています。フタには5ミリのパンチング穴をたくさん空けたものを使用しています。発酵完了して保存する時は穴無しの容器に移し替えて冷蔵庫に保存します。その前はラップやアルミホイルをして箸で穴を開けて通気を確保していましたがゴミとなりますし、穴空けくずが納豆に混入します。

数日前から種を混ぜるのに細工しております。種は市販の納豆を購入し、乾燥豆300gに対してパック4分の1を使用しますがいままで気にせずそのまんま混ぜていました。出来上がると種は干からびて小さくなっています。どうしても異物に見えてしまいます。種を小さな果物フォーク先が3つに分かれているものを使って、つぶして見ました。小皿に取り、湯で溶きます。これを蒸した黒豆と混ぜるのです。液状ですのでよく混ざります。また発酵も早く、きれいに白い粉が吹き出来上がり、満点です。半割り納豆も試しましたが、大粒でも種を液状にしたものを使えば仕上がりはきれいに早く出来ます。

詳しくは黒豆納豆の作り方のページをみて下さい。 



関連記事

| 発酵食品&発酵機 | 09:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://matrasan.blog87.fc2.com/tb.php/21-0742d3ac

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。