PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

パソコン組立てパート2 その四

 昨日ミニタワーケースを購入し、組み込みました。最小限のアプリ、ソフトウェアをインストールしました。でも、何かこげ臭い匂いがする。新品の匂いか?それにしても今まで経験したことのない化学性の匂い。こんなもんか?その他は何の問題も無し。

今朝、電源投入しばらくするとまた匂いが気になる。バラック時は匂いなど無かったのでケースの電源不良と判断。念のため女房や娘に匂いを嗅いでもらう。やはり、変なにおいがするという。結局購入店に思い切って電話で相談する。持ち込みしてもらえば確認の上、不良ならケース電源を交換してくれると言う。

お店の開店を待って持参。バラックでは匂いはしなかったとか、経過事情説明。(穏やかに)お店の方も匂いは少し、するようですねと確認していただける。同一の商品は在庫無しの為、機種交換希望のアイボリーが無く、ブラックとなる。店頭でケースより、部品取り外し、帰ってから組み込む事にする。

さあこれでようやく完了となるはず。

30分程で組込み完了スイッチオン............................>>>>>>。。。。。。。またいやな匂い!!!!!

電源ではない。それではマザーボード?HDD?FDD?DVD? もう鼻をくっつけて匂いをかぐ!

あ!ここらの匂いが強い! あれ! マザーボードブザーを触るとあったかい。 そんな馬鹿な?

そう言えば起動時ピッ!の音がしない。 挿し間違いは無いはず。もう一度英文取説をよく確認するとなんとSPEAKERでは無くSPDIFでした。ケーススピーカーをそのまま接続するとスピーカーに5Vの電源が乗っかり、異常電流が流れ、スピーカーブザーが発熱し、こげる匂いがしたという事。

一件落着。スピーカー端子の捜索開始、しかし、見当たらないし、説明書にも記載が無い。英語音痴でもスピーカーの表示位は読める。このマザーにはブザーが無いのか?そんなはずはないDOS/V規格の時代から無くなったなど聞いた事が無い。それでは基板上を捜索するしかない。探す事数分、発見。PCI Expres×1slotのすぐ近くでした。差し替えて起動すると、 ピッ♪ 

お店の方すみません。電話でお詫びしました。元のケースに戻しても良いのです。すみません。経過事情を説明。気持ちよく了解していただけました。まあしかし、ありうる事かもしれませんな。

asusの責任ですぞ(怒る) 説明書にSPEAKERの表示記載が抜けている事。SPDIF(サウンド光出力)の基板表示がSPのあとDIFがPCIコネクターに隠れている事。が原因です。 まあ自作PCはこんなことがあっても面白い発見でもあるのです。    

おかげで2台続けて組立てました。組立てそのものはプラモデルの感覚ですから、楽しいものなのですが。

      
当初ホワイト(交換前)      新ケースはブラックパネル側面シルバーメタ

関連記事

| パソコン | 19:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://matrasan.blog87.fc2.com/tb.php/22-ce79bc14

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT