PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

無洗米を片手鍋とカセットコンロで炊飯してみた

 春になり、車中泊を重ねて温泉や登山に行っております。やはり私は日本人。車中泊や登山の時などは自分で炊飯出来ればいいなと考え、無洗米、16cm片手鍋、カセットコンロで自宅炊飯練習して見ました。

無洗米を使用する理由は車中泊時には貴重な水を洗米に使用しなくて済む事です。

無洗米は近くのスーパーでは高価でしたが通販で北海道産きらら5Kg 送料込み1650円という超特売品を購入。自宅にあった16cm片手鍋、いつも車中泊でのお湯沸かしに使うイワタニのカセットコンロジュニアCB-JRC-ALを使って、実験。
 

musennmai1024.jpg炊き方は特別なものではありません。今回は1カップだけ炊飯しました。米に対して1.5倍の水に30分浸漬。
強火で(炎があふれない程度)沸騰(5分程で) 沸騰したらすぐに弱火で7分程(キッチンタイマーが便利、吹きこぼれなくなり音が変わる)
最後に火を強くして5秒間で消す。
15分間蒸らします
musennmai_0_1024.jpgで! 真っ白、カニ穴も。
薄くおこげもつきました。
途中極く弱火でも少しは吹き零れます。ふた部分の構造でも違ってくると思います。早速食べて見ましたが普通の精米と変わらず美味しかったです。ただし、無洗米は1ケ月以内くらいで食べないとまずくなるようです。
 お米は精米したものを電気炊飯器で炊くのが当たり前と思われますが本来、鍋釜でも充分おいしいご飯が食べられるのです。緊急時すぐ炊ける様、自宅で練習し炊き方をマスターしておくとよいと思います。

レトルトカレーをお湯で温めて温かいご飯でカレーライスなんかも可能になります。簡単に食べられるふりかけ、シャケなどのフレーク、海苔の佃煮、NHKで放映された真っ赤じゃんもいいです。

水で研が無くても良いのは車中泊ではありがたいですが、鍋の始末は水洗いが必要ですが暖かいうちであればキッチンペーパーに水を含ませて拭き取るだけで洗ったのと同様綺麗になります。公衆の道の駅で鍋洗いなんかやっちゃいけません。キャンプ場でやりましょう。             

追記: 後日アルミ羽釜を使いました。こちら
       北海道旅行で使いました。こちら。 
                カセットフージュニア新型はCB-ECO-JR
関連記事

| 旅行温泉巡礼遍路 | 17:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://matrasan.blog87.fc2.com/tb.php/220-d0610b92

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT