PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

自転車と衝突寸前

 私の住んでいる団地は丘の上。ウォーキングも度々丘を下る。そして川を渡る。河川敷を歩き、馬鹿者がゴルフ練習をしている玉を気にしながら又、橋をわたって戻る。そしてお寺にお参りしてまた丘の上の団地に帰る。

昨日丘への帰りは山公園遊歩道コースを通らずに自動車道を戻った。自動車道は歩道があるので安全のはずなのだがたまに丘の上の高校の女子高生が歩道を猛スピードで降りて来る。急勾配でブレーキを掛けなければ簡単に40Km/h以上のスピードが出る。自分はちょっと下向きで考え事をしていた。ブレーキの音に気付き顔を上げると瞬間目の前に自転車。

1メートル程の狭い逃げ場の無い歩道。片側が石垣、道路側は1メートルの植栽。自転車はかろうじてすり抜けて行った。自転車と車、車同士、車とバイクなどの事故の多い、危険な歩道、場所と言うことは知っていたのに。

高校生も自動車との接触を避けたいために歩道を走るのだが走行可能な場所ではない事は知っているはず。自分を守る為とは思う。

この場合、自分の子が高校生だったら、歩道を走って自動車に気をつけなさいと言っていたかも知れない。自動車は車道を走る自転車が邪魔で危ないと思っている。歩道を走ってもらえないかという人もいる。

自治会役員の時、度々話題となった。それぞれ立場変われば勝手な事を言う。

こんな場合、あなたはどう思いますか?
関連記事

| 歩く ジョグウォーキング | 12:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://matrasan.blog87.fc2.com/tb.php/226-7973916e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT