PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Windowsムービーメーカー

 このたびVISTA Home Premiumをインストールしたセットを組上げました。従来、ビデオ編集はUlead Video Stadio 6を使っていました。そこでVISTA Home Premium標準搭載の首記Windowsムービーメーカーを試用して見ました。Ulead Video Stadio 6にあるものはWindowsムービーメーカーでも含まれています。

私には充分な機能です。肝心のVISTA Home Premiumマシンの性能ですがやはり2004年当時と比較すると圧倒的にエンコードなど短縮されています。2CPU、2GBのメモリーなど比較にならないのは当たり前ですが、10分くらいの長さのビデオクリップとデジカメ写真を合わせタイトル挿入、結合、音楽を挿入、画像ごとに切り替え効果などを入れHD720pでエンコードしたところほぼ倍の20分程度で終了しました。

HDDカメラを購入してもこれで一応編集可能なようです。出力はWMVファイルだけのようですがDVDにも焼けるようですのでほとんどホームユースには問題なく使えるのでは無いでしょうか。編集作業もドラックアンドドロップなどで反応が鈍くなるなどなくて、さくさく動く感じで快適な操作感でした。

VISTA Home PremiumはDSP版でも17,000円はしますが、別途ビデオオーサリングソフトを購入するより安価になりますので家庭用にはVISTA Home Premiumは最適な選択肢であったと自分で納得しております。



関連記事

| パソコンソフト | 23:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://matrasan.blog87.fc2.com/tb.php/23-05b677db

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。