PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

雨漏り

 昨日は当地区で大雨洪水警報が出ました。ひと時の間猛烈な雨が降りました。

雨漏りは1階の天井から。数年前の芸予地震、同年?の鳥取西部地震の震度4の時にクロス天井にクラックが入っていました。ここからの雨漏りです。

昨日は強い南風が窓に吹き付け、南側に面した2階の吐き出し窓下部の水切り裏側の隙間から風水圧により侵入したものと思われます。若い頃一時期兄の建築業の手伝いをしたことがあり、新築間もない家で全く同様の案件があったのを思い出しました。

たまたまクラックがあり雨漏りが発見されましたが多分再々侵入があったものと思います。木材の腐食が心配されます。梅雨が明け、天気のよい日を見計らい、充分天井裏を乾燥させ、しっかりコーキングをやらなければと思っています。

7月8日 ようやく晴れ。点検しました。
超近接撮影です。2Fベランダ床からアルミサッシ水切りまで15センチしか有りません。

ルーフィングが波立ち、また水切りとモルタルの間はコーキングされておりません。
これは手抜き工事です。
建物業者は日本電建(10数年前に大東建託に譲渡。あの田中角栄、小佐野賢治が関係する会社)の下請けのいい加減な業者が施工。梅雨明けしたらよく乾燥させ接着、コーキング実施予定もちろんDIYで。

20年近い老朽化が進むとこうなるのか?それは違う!
関連記事

| 住まいのDIY | 06:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://matrasan.blog87.fc2.com/tb.php/233-3e2eb977

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。