PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

台風12号でまた雨漏り発生

  久しぶりに台風12号は福山に近い岡山を通過した模様です。
先々月の雨漏り場所とは別の1階トイレ天井からの雨漏りです。
朝、起きてトイレに入ると床がビショ、ビショにぬれています。
あ!雨漏りだ。もう10年以上も前、大きな台風がとうり過ぎた時と全く同様。

その時以来なのですが、気にはしていました。そのときだけだったのですが、天井クロスにはしみがあり、多分、天井裏はカビや木材、の痛みが発生しているだろう事は想像していましたが、以来、雨漏りは再現していなかったので放置していました。

思い切ってしみの多い部分の天井をはがしました。まだ雨漏り最中でしたので落ちてくる水と戦いながら、後の補修を考えるとあのリフォーム、ビフォーアフターのテレビのようにはいきません。
出窓の水切りから台風時雨水侵入

天井板をはがしたら天井から室内へ結構な風圧が感じられました。丁度台風の北風をまともに受けて雨水が浸入している最中だったのです。

雨漏り箇所 

 先月と同じように、2階出窓部分のアルミサッシの下部、水切りの外壁との隙間にコーキング不良(コーキング忘れ)の箇所が見つかりました。
 





雨水は天空から降りますが台風時は横や下から降る事もある。ここにタバコの煙などをかざすと吸い込んだり噴出したり、流れが確認できます。

修理完了までは1週間以上懸かるとおもいます。コーキングは晴れた日にやれば数分で終わりますが、天井の復旧修理は内部の木材が乾燥するのを待たねばならないからです。

トイレの天井裏は結構な空間があるのです。なにか活用できないか天井裏が乾燥するまでに考えて見ます。
関連記事

| 住まいのDIY | 20:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://matrasan.blog87.fc2.com/tb.php/248-fb25b8a3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。