PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

黒米ういろうを作りました。

ちょっと甘いものが食べたくなり久しぶりにほたようかんと思ったのですが、春先に購入した黒米の数日前乾炒りし粉にしたものがあり、また先月指宿に行った折、買ってきた岩石様黒糖があるのを思い出し、ういろうを作りました。

材料は薄力粉140g 黒米粉大匙4杯、水300g、黒糖50g、塩少々です。

お湯300gで黒糖を削ったものを溶かします。これを小麦粉、黒米粉の中に入れながらよく混ぜ合わします。充分混ぜたら塩少々して暫く落ち着かせます。混ぜ方も寝かせも適当で結構。

あとは陶器などの容器に入れ20分程蒸します。ういろうですから殆ど膨らみません。蒸しあがり10分ほど常温に置いておくと容器から離れやすくなります。

黒米ういろう 
蒸しあがり。
黒米ういろう 出来上がり! 
10分ほど置くと縮んで容器から離れます。簡単に出来て懐かしい味のおやつが出来ました。

黒糖の旨味と黒米のもっちりした香ばしさ。黒米と言いますが赤みが多くいい味出ました。

まつらさん久しぶりのヒット作です!
関連記事

| 料理寿司 徳島郷土料理 | 18:34 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

はじめまして

ネットでCOPD関連のネットサーフィンをしていて、ここにたどり着きました
私もCOPDですが、医者嫌い薬嫌いで医師の診断は受けておらず、自己流で治そうと思っていろいろやっています
あなたのような取り組みをしている方はほとんど見当たらなかったのですが、やっと参考になるブログを見つけたという気持ちです
年齢も年格好も似ていますのでよろしくお願いします
私がやっていることで、呼吸関連のこととしては、内径3ミリのシリコンのチューブ(熱帯魚の水槽などで使うブクブクの管です)をくわえて吐く息を長くする呼吸法?をいつもやっています
鼻で吸って2秒止めて、できるだけ細く長くチューブから吐くというやりかたです
口をすぼめるだけより楽にできると思います

| 茂作 | 2011/11/23 21:34 | URL |

Re: はじめまして

コメントありがとうございます。
シリコンチューブね。なるほど。いい方法を考えられましたね。
効果的だと思います。長期に続けられた効果の程も教えて欲しいです。
自分で自然に出来る、長続きする方法が良いと思います。
この病気は自分で様々な努力する事が大事です。
病院きらいも困りますが、医者に頼ってもこの病気は治らないと思います。
(良い医者はそうではないと思うのですが)
大抵の医者は治らない病気といいつつ、薬漬けにします。
今、テレビで宣伝しているCMには大いに疑問です。

| matrasan まつらさん | 2011/11/24 09:40 | URL |

呼吸法は

シリコンチューブを使う方法は、ヨーロッパの医師が患者にチューブを銜えさせて入院生活をさせて治療効果をあげたという記述をみつけたことがヒントで、あれこれ試しましたが3ミリの内径が自分の呼吸力に合っていると思います
最初は一度呼吸するだけでやっとの状態でしたが、少しずつ回数が増え、吐く息も長くなり、今では50秒ぐらい我慢できます
新聞配達をやっていますので、その間銜えっぱなしで配達できるようになりました
他に参考になると思う情報は、雑誌WiLL(2009年2月号,3月号)で小野田寛郎さんと日野原重明さんの対談記事がありまして、その中で小野田さんが俯せに寝て肺気腫を治したと書いてありました
日野原氏も俯せに寝ることを実践しておられ、人に勧めておられます
先月、小野田さんにお会いする機会があり、聞いたところでは、ポイントは横隔膜を使った腹式呼吸に尽きるとおっしゃられました
色々な補助枕を買ってきて試していますが、朝まで眠れたことは数回しかないです
もっと我慢強くトライしてモノにすべき方法だと思っていますが、楽をしたいのが人間ですね(笑)

| 茂作 | 2011/11/26 15:53 | URL |














TRACKBACK URL

http://matrasan.blog87.fc2.com/tb.php/258-c78e7808

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。