PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

痰を切る、出やすくする温泉療法

 やはり、少し寒くなるとCOPDという、この厄介な病気は頭をもたげてくる。
痰がからみ、四六時中があ~ってやっている。大根飴や、大根おろし飴、など効くのですが寒くなると症状が出てくるのだから、体を暖める、気道を暖め潤してやると呼吸も楽になるし、痰が出やすくなる。
 
朝方喉が乾燥し痰も出にくくなる。トイレに起きたついでに暖かい湯で喉を潤し、お湯を飲む。少しは出やすくなるのです。

温泉が一番ですが毎日温泉に出かけるわけにもいかないので風呂に入ったときには湯気を吸入する。両手でお湯をすくい、口にあて空気だけを吸う。ごぼごぼと音を立てながら。

湯気の吸入器を使っても良いのですが準備や後片付けが面倒なので余り使わなくなった。

先日、県北の君田温泉に出かけた。先日の温泉の色は無色に近いごく薄い茶色だった。でも帰りに妻は薄い白に青い色が懸かっていたと言う。乳白青色?男湯と女湯でどうも違ったらしい。今度出かけたとき、なんでこうなるのか聞いて見よう。泉源が違うのだろうか?
君田温泉今日は無色透明
 体が温まる温泉は大抵の病気も癒える。

牛曳山登山口の白樺展示林
行きしに森林公園の白樺展示林に立ち寄り。既に落葉し、付近のカエデや紅葉も落葉し、ふかふかの落葉で一杯。もう空が青く冬が近くなった。
関連記事

| COPDと帯状疱疹 | 00:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://matrasan.blog87.fc2.com/tb.php/260-640cc825

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。