PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

プチプチ断熱は失敗 石油ファンヒータでは結露する

 先週プチプチ(梱包用緩衝材)を窓に貼りました。数日は保温効果も有り、暖房も良く効いて昼間は温室状態になって大成功と思っていたのですが、徐々に結露が発生、昨夜の冷え込みと夜に洗濯物を部屋干し、夜遅くまで石油ファンヒーターを燃やしていた為、朝カーテンを開けるとすごい事になっていました。

ガラスとプチプチの間にたまった結露は拭き取れません。剥がすしかないのです。また左右裾には再び黒かびまで発生する始末に。昼間乾燥すればよいのですが昼間までファンヒーターを点けているのですから無理です。

テレビ、新聞などで生活アドバイザーなる方々が得意げに宣伝しているのでつい、自宅にも良いのではと思い込み、まねをした結果です。石油ファンヒ-ター、ガスストーブなど室内燃焼での暖房器具との相性は最悪です。燃えると水と炭酸ガスが大量に発生するのです。エアコンやFF暖房機なら大丈夫でしょうけれど。

節電にと思ってエアコンは動かしていませんが、このままでは除湿機を併用するなり考え直さなければなりません。まだ動いているエアコンを省エネエアコンに買い換えるのはもったいないし。


昔の人は早寝早起きで夜型人間などと言う言葉など聴いたことはありません。夜なべ仕事という言葉はありました。昔の家には窓は障子戸と雨戸だけでした。夜になると冷えますから当然雨戸を閉めます。そして囲炉裏は良く乾燥した薪を使います。私は小さな子どもだったからか寒かった記憶はありません。

生活態度を自然に合わせるだけで入らぬ事を考えなくてもすみます。高気密高断熱という家に住んでいますが本当に人に優しいのか、省エネなのか疑問です。私の家の選び方は失敗だったと思います。

しかし、激動の時代を迎えて、今がチャンスです。個人はもとより、官民揚げて省資源、省エネに取組むには人の生き方、価値観までも変える必要があると思えます。

プチプチの話から大げさなと言われそう。
関連記事

| 住まいのDIY | 10:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://matrasan.blog87.fc2.com/tb.php/267-19b33ec7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT