PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

窓の断熱にスチレンボード

 今冬、窓にプチプチ断熱を貼っています。しかし暖房に石油ファンヒーターを使っているため結露が発生一番ひどいところは剥がしてしまいました。エアコン暖房の場合は問題無いのでしょうが、室内排気の燃焼機器の暖房は貼らないほうが良いとの私の結論。
一部の窓に夜だけスチレンボード(又は発泡ウレタンボード)を窓に合わせてカットしはめ込んで使っています。保温、断熱効果はプチプチより効果は高いと思われます。結露はどうしても隙間から空気層が出来、そこに発生します。密着していれば発生しません。
発生した結露はこまめに拭きとって置かないとカビが発生しますがスチレンボードなら昼間は外すので拭き取りも楽です。
スチレンボードをきっちりはめ込む

ガラス部とサッシとの段差が問題で一面びっしり段差無しではめ込む事が出来れば理想的な断熱、保温効果が得られると思います。ただ費用は18ミリ定尺で1000円程度は懸かるのと、インテリアに似合わない水色の味気ない色が欠点です。室内側はカーテンを引くのでよいのですが外から見ればちょっと奇異な感じはすると思います。

また、全面貼る必要もありません。掃き出し窓の半分でOK。室内側は100均で売っている薄いアルミ断熱シートを貼り付けるのも効果が倍増すると思う。半分から上はプチプチでも良い。

もう今年は面倒だし、貼ったプチプチが無駄になるので次の冬にやってみます。どなたかやってみて効果を試され結果を教えてくれないかな?
関連記事

| 住まいのDIY | 10:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://matrasan.blog87.fc2.com/tb.php/276-c1947cf2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。