PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

鯖寿司大好き

 スーパーの店頭で新鮮で安価な物が出ていると、すぐ手を出してしまいます。行きつけのスーパーはディスカウントスーパーで鮮魚は安いのですが品物はもうひとつ?です。

鯖の新鮮なものを見つけると鯖寿司が食べたくなるのです。私が作る鯖寿司は2日がかりになってしまいます。

スーパーで午前中買い、すぐ調理、多い目の塩をして冷蔵庫へ入れます。夜遅く、酢水で洗って、昆布酢に漬け冷蔵庫へ。翌日朝ご飯を炊き、はんぼうで合せ酢で寿司飯を作り、ラップで巻きます。

味の秘密は生酢。ゆず酢を少しでもあわせる事です。

昼食には食べごろになっています。それを持って近場の温泉銭湯に出かける事もあります。

もともと鯖寿司大好きなので、以前はよく買ってきて食べていました。味はホントにさまざまで、どれも不味いと思ったことはほとんどありませんが、少し、くどいと思ったり、何か苦味を感じるものもありました。後味が良くないと感じる事もありました。

鯖の塩締めは多い目の塩で最低でも6時間。普段は12時間以上。

酢締めも6から12時間。鯖の味付けは酢で締めるとき、調味は昆布を使うことだけで、めったに甘酢にはしません。

シンプルな味で、食べ飽きることはありません。作って3時間以上置くと鯖の旨味がご飯にもなじみ、うまさ倍増です。

今日のは上出来でした。皮を剥ぐのは巻く直前にしました。青い色がきれいです。さあ鯖寿司弁当を持ってどこかに出かけようかな。


画像をクリックすると大画像が表示されます。

こちらで   matrasan  の鯖寿司作り方のページがあります。
関連記事

| 料理寿司 徳島郷土料理 | 10:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://matrasan.blog87.fc2.com/tb.php/28-33701212

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT