PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

バックアップ用PCの故障修理

 長期留守で使用していなかった自作PCです。
症状はSWを投入すると起動中数秒で電源が落ちる症状となっていました。

原因はCPUリテンションのファン引っ掛け部の2ヵ所折損でした。熱さの疲労骨折でしょうか。自然に折れた模様です。放熱が全く出来ない状態でCPU温度検知が働き保護回路動作でこの症状となった訳です。

このBIOSTAR 865GVM Micro478というマザーボードですがよく折れることがあるようで、PCショップの部品コーナーで在庫していました。このマザーボードに限った訳ではないようですが、いわゆる欠陥リテンションと思われます。買いに行くと先刻電話していただいた方ですか?と聞かれ、全く同様の方がおられたようです。
ritenshon.jpg


まずはこれで再び478マザーは生き残りました。マザーも2代目でもう478マザーの入手は不可能と思い、中古マザーを探すしかないかと思っていましたが、簡単に入手でき取り敢えず延命できました。

関連記事

| パソコン | 16:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://matrasan.blog87.fc2.com/tb.php/303-502484a8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT