PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

契約アンペアの変更?は出来ない!

 2012年夏、節電効果により集計したら原発が無くても発電量に何とか余裕があったとの事である。大飯原発を再起動させたの関西電力でさえそれが無かったとしてもなんとかなったそうである。

しかし、原発を全てなくし、その後始末と火力や再生可能エネルギーの発電でまかなうとすると1家庭当たり平均電気代の予測は3万5千円にもなるそうだ。我が家が平均と考えると3倍以上になる。

1昨年から我が家でも節電に取組んできたが約20%ほどの節電は出来た。昨年は節電余地も少なかったので5%に満たない節電しかなかった。電気料金の比較だけなので契約を見直そうと思い、中国電力のHPを隅から隅まで契約アンペアの変更を探してみたが見当たらない。

テレビで電気代の節約術とかで度々放映されていて電話するだけで簡単に申し込みが出来るとのことなのですが。カスタマーセンターに電話し聞いてみると中国電力では契約アンペアによる料金体系は採用していませんとの事である。ちなみによく調べて見ると採用していない電力会社は中国電力、関西電力、四国電力の3社それ以外は契約アンペアの変更は可能との事。

中国電力では家庭用電力料金契約は従量電灯A又はB 夜間電力の契約などだけ。どう見ても基本料金が下がる契約は無い。我が家のメインブレーカーは50Aなので 30Aに変更できると基本料金が500円くらい下がるのかなと期待していたのに。

残念でしたの巻。
関連記事

| エコに生きる | 10:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://matrasan.blog87.fc2.com/tb.php/309-657a7aa6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT