PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

小さな庭に初めて柿が実る

 大実西条という渋柿の苗を4年前に庭に植えました。もも栗3年柿8年と言いますが接木苗からだと4年で実がつくそうです。先日合計32個収穫できました。 一番大きそうなのを計ってみると重さは178gでした。滴果した位で消毒などはしていません。自然落果は収穫の半分くらいは落ちていたと思います。たぶん幼樹には生らせ過ぎかも知れません。
渋柿はひと手間かけると甘柿よりおいしいよ 

20個はブラックニッカ37度ウィイスキーで渋抜きし、残りは干し柿にしました。
ウィイスキーの渋抜きは1週間で渋が抜けるとのことでヘタの緑色が茶色になれば渋が抜けた目安になるということでしたが2日目でもう色は変わっていました。早すぎるのでそのまま4日目には実が割れてきているのに気付き、試食してみました。十分渋は抜けており、熟柿になりかけていました。
ニッカブラッククリアー37度で渋抜きしました
今年の経験から渋抜きのやり方をまとめておきますと、
まだ色づきが若いかなと思われる状態で収穫する。
→35度ウィスキーにヘタを30秒間漬ける。 注:液体は振り掛けたりしない。
→チャック付きビニール袋に密封し暖かい所で保存。
→ヘタが茶色に変色を確認し3日目で1個試食してみる。
→そこで判断する。

干し柿も余り熟し過ぎない方が良い様な。
もみもみすると飴色に変化します 
時々もみもみしますと飴色になります。これで5日目。
関連記事

| 季節 | 22:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://matrasan.blog87.fc2.com/tb.php/321-e7fcbe79

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT