PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

近所を散歩ウォーキング中の挨拶

 私は積極的に挨拶するほうではありません。例えばすれ違うとき相手が道の端を歩いているとか伏目がちでこちらを見ようとしていない時などの雰囲気が感じられたとき、相手が挨拶されない限り、こちらから声はかけません。

すれ違う時は遠くから相手をじろじろとは見ません。ちら!と見る程度。お互いが認識出来たと思った時顔を見合わせたときは直ぐこちらからこんにちはとか、挨拶するようにしています。たとえどこの誰だかわからないときでもです。

顔を見合わせて相手が怖い顔をしているとかにらまれているとか、ジローと怪しげに見られているように感じられたとき、こういう人は挨拶とは無縁の人だと思います。場合によってはすれ違いざま こんばんは!と投げ言葉的挨拶をする時もあります。これをやっちゃあいけませんが。。。

きちんとしつけの出来た犬はきらいではありませんが、大半の散歩中の犬でかわいいと思った事は9割方ありません。人が引っ張られているような犬には出来るだけ避けて通りますし、挨拶はしません。相手からすみませんとか、言われると仕方なく挨拶という感じです。

天気もよく気分も良いときは、基本的に顔を見合わせたら元気よくにこやかに挨拶するようにしています。自分から挨拶するのは気分が悪いはずはありません。

子どもらから大きい声でこちらの気分など関係無しに遠くから挨拶されびっくりするときがあります。上に述べたように相手の雰囲気などでこちらが挨拶するかやめようか考えている、自分が恥ずかしくなります。

はっとして挨拶を返しますが、無垢な子らの心を曇らせてはならないと思い、少し捻じ曲がっているかも知れない自分を恥じるのであります。
関連記事

| 歩く ジョグウォーキング | 22:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://matrasan.blog87.fc2.com/tb.php/33-df333c32

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT