PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ダイハツムーブカスタムX L150S DIY整備 ブレーキパッド交換

 先日スピード車検を受け、検査を通してもらったのですが、ディスクブレーキパッドと補機類ベルト3本交換整備をDIYでついにやりました。

車の整備は昔20才代に日産サニー、三菱360VANを嫁さん用に中古を購入ライニングやベルト交換などの整備して以来の事です。ろくな工具も持たず無謀かと思いましたがチャレンジしてみました。なにをやるにしても道具あっての DIYを実感。

ベルト3本で2500円、ブレーキパッド2500円は事前に通販で購入しておいたもの。追加購入した工具は長尺めがねレンチ12-14が1200円、ラチェットレンチのソケットアダプタ680円
使用した工具と部品は交換隅の古いパーツ
ボルト頭サイズは12ミリと14ミリ以外は不要でした。専用工具ブレーキピストン戻しツールは使用せず。木工用クランプで代用です。実は長尺めがねレンチと50ミリ延長のソケットアダプターは作業途中ホームセンターに買いに走りました。画像に無いですがマイナスミシンドライバーとラジオペンチを使用。
rdisk.jpg作業はジャッキアップし、馬はかけていません。輪止、車体下にタイヤ、木箱を置いた安全策です。片側づつ行います。

画像はキャリパーのボルトに長尺めがねレンチをかけています。右フロントディスクブレーキです。
ldisk.jpg左フロント。キャリパーを片側ボルトをぬいて針金で吊っています。まだパッドは古いまま。内外共にこじて外す。新品パッドを入れる前に錆を落としておきます。ピストンのシールゴムあたりもクリーナーで綺麗にしておく。
パッドの外側に少しグリスを塗布します。ピンも新品に交換。
clamp.jpgシリンダーピストンはこの木工用クランプで代用しました。

その前にブレーキオイルタンクのオイルを灯油スポイトで10ccくらいぬきました。ピストンを戻すときあふれ防止です。左右完了後ぬいたオイルを戻します。
パッドを挿入しキャリパーをディスクに元とおり組付けます。
brakepad.jpgキャリパーボルトを取り付けしっかり長尺レンチでボルトを締め付け、パッド交換完了です。

取り外したヂスクパッドです。残りは約2ミリと奥は3mmでした。
   ブレーキオイルは見た目汚れなど無き為、交換せず。ブレーキオイルキャップを取り付けブレーキペダルをポンピングします。オイル漏れなど無いか確認し、走行しブレーキテスト。異常が無いことを確認して再度点検し完了。ブレーキペダルのエア-抜きは省略しました。素人DIYです、念の為、当分毎日ブレーキの効き具合や異音、オイル点検をします。

記事にしてみると簡単に出来た様に見えますが、最初は取付、取り外しにちょっとしたコツがあり慣れが必要です。一度やれば誰でも出来る作業です。但しやはり命を預かるブレーキです慎重に。適当に済ます訳にはいけません。でも後でやったベルト交換より私にとっては楽でした。

関連記事

| 車、エブリィ、ムーブ | 19:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://matrasan.blog87.fc2.com/tb.php/335-bf2a4507

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT