PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

引戸の修理、敷居の磨耗と戸車の交換修理

我が家の2枚合わせの引き戸は数年ごとに重くなったり引きずるようになったり都度戸車交換や、蝋を塗ったりメンテナンスが欠かせません。裏表で洋間、ふすまと衣装が違う、木製で既製タイプでは無く重いので敷居や戸車の磨耗が早いようだ。

それにしても磨耗が早すぎます。今日は久しぶりにDIYに取り掛かる。戸を外し戸車を点検するとガタがある。敷居も磨耗が激しく、削れて数ミリの段差まで出来てしまっている。敷居はどうも集成材の様で戸車の当り部は材質が違う。ラワン材のようにやわらかく爪で彫れるくらい。檜の高級材のならこんな事にはならない。

素人補修の方法としてはレール部に敷居テープを貼り、戸車も交換する方法がまず思い浮かべたのですが、敷居溝の段差磨耗を滑らかに修正、修理するのは難しい。二間もの長さで数ミリ磨耗しているのでその分まで削って平らにするのはベテラン大工さんの仕事だ。

とにかく敷居テープと戸車を購入すべく、ホームセンターに行く。で、戸車のコーナーをみると、凸型レールやらの置いてある所に溝にはめ込む事の出来そうなアルミ凹型レールがあった。凹型レールと戸車はその溝に合う丸型を使うタイプに変更することにした。最近の引戸にはよく使われる様になった構造だ。
丸型戸車
敷居とフラットに埋め込んだ凹型アルミレール

溝のサイズより、アルミ凹型レールが2ミリほど広いので敷居の溝を拡張する。道具工具は10mm幅角ノミとカッターナイフ、木工用平ヤすり、根気よく慎重にやるしかない。敷居とフラットにヤスリなどで仕上げる。続いて戸車も交換した。戸車は元は30ミリ。丸型は33ミリ。微妙に違うので幅の調整を行い仮取付け。

アルミ凹型レールを3mm皿ビスで数箇所止める。皿繰りしないと戸に当たる。

構造が変わった為、戸車分高くなった様で戸が敷居に当たる。少しずつ戸車の高さを下げる種削る。戸がレールに入ったら今度は戸が敷居や上側の敷居に当たる。まず下側のあたる場所をカンナや金属ヤスリで少しずつ削る。これを少しずつ削り過ぎないように根気よく、仕上げする。完全に当たりがなくなると氷の上を滑るようになる。

結構調整に手間取ったが何とかスムースに開閉出来る様になった。今度は敷居が磨耗する事はないと思うので何年持つかな?


関連記事

| 住まいのDIY | 23:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://matrasan.blog87.fc2.com/tb.php/338-ac180377

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT