PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

時が経てば

 この歳になっても様々な欲望は尽きることは無い。多分死ぬまで続くと思う。また何かを恨む事もなくなる事も無い。ただ、若い時に比べると欲望は少なくなったのかもしれない。

心配事についてもまた死ぬまで続くと思う。

若い頃から何か突然の感情に溺れそうになった時は、大きく深呼吸をすると、気分が落ち着いてくるのでそうしている。なかなか気になることから逃れられない時はとにかく一晩寝るとその、欲求や、恨みに思うことが消えたり、楽になったり、思いなおしたり出来るようになったりする。

時が経っても嫌な事を忘れる事が出来ない事もある。それが他を恨みに思う事であれば何時までも忘れることが出来ない、思い出すと余計にその憎悪が増幅したりする。相手を許すことが出来ない事は悲しいこと。相手を許すことが出来なくても少しは自分にも非があると考える事が出来れば、それは自分の器が大きくなった事と思う。

何時までも相手の非ばかり恨みに思うのは自分がいかに小さな人間であるという証明の様に思う。その恨みのループを超えられない限り、相手を超える事など決して出来無い。

個人同士、他人との関係や会社、国同士の関係もしかり。


関連記事

| なんとなく思う事 | 16:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://matrasan.blog87.fc2.com/tb.php/353-5a0722ae

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT