PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

船通山登山と斐乃上温泉玉造出雲神話の旅

 少し涼しくなりました。
久し振りに山に登りたくなり、神話の国奥出雲の船通山へ登って来ました。山は何時も一人なのですが、今回は妻も同行です。昼から出発し温泉に入って車中泊して早朝登山の予定で行くと言うと一緒に行くと言い出したのです。

斐乃上温泉に釣られたのと、昨年の大雪山トレッキングで感激したのでその気になったようです。

車中泊は鳥上滝コース登山口と思っていたのがトイレが無く、わくわくプール駐車場としました。亀石コースの登山口パーキングまで行ってみるとトイレはありましたがパーキングもトイレにも照明がなく真っ暗なのでわくわくプール駐車場に戻りました。 鳥取側のコースもあります。
鳥上滝コース入り口石畳の道
滑石の渓流鳥上滝
ヤマホトトギス?建速須佐之男命降臨の地
 朝7:00鳥上滝コース登山口から登山開始です。谷川沿い、涼やかな流れの音を聞きながら、何度も何度も渡りを繰り返します。スリップ転倒に要注意です。殆どが大昔からの自然石の石畳み、石段で歩きやすい道程です。樹間ばかりで見通しは良くありませんが途中、鳥上の滝もありマイナスイオンたっぷりです。

始めのピークに到着しても下界は見えませんがそこから頂上までは平坦な樹間を抜け、最後に少し登れば頂上です。スサノオノミコトが降臨したとされる地で、八岐大蛇神話などで有名な船通山です。

鳥居やお宮、鉾の記念碑があり神話の山です。立派なトイレ付避難小屋もあります。1142mしかありませんが眺望は360度見晴らしが利きます。天気は良かったのですがガスっぽく大山や三瓶山は残念ながら見えません。

登りは2時間30分。下りは1時間30分でした。妻は新婚時代に登った四国の剣山以来の様です。よく頑張りました。帰りは松江の八重垣神社に参拝、あの有名な鏡池に行くと平日にもかかわらず、手にはそれぞれ半紙と100円玉を片手にしたを若い女性で溢れていました。たしか15分浮かんでいれば良縁に恵まれるということだそうです。結婚式発祥の地?だそうであります。

出雲の大きな社は数多い。出雲大社と須佐、須我神社、熊野大社は参拝済み。大きなお宮で行けてないのは美保神社、神魂、佐太、日御碕神社。次回はこの四社参拝プラス温泉の旅としよう。

最後に山陰松江の名湯玉造温泉に始めて行きました。玉造温泉ゆうゆの日帰り温泉です。お湯は悪くはありませんがあまり特徴のない温泉です。それより温泉街の雰囲気には似つかわしくない建物でどちらかというと殆どスーパー銭湯です。ちょっとどうかなって思いました。共同湯のようなものもあるのかもしれません。

帰路は大仁農道横田経由し314号線。途中坂根の奥出雲延命水を汲ませていただいて帰りました。
関連記事

| 旅行温泉巡礼遍路 | 14:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://matrasan.blog87.fc2.com/tb.php/359-ee76b2ef

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT