PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

電子工作の部品は廃棄家電やパソコンから

 私、昔ラジオ少年でした。そのまま趣味を仕事にして今まで生きてこられました。

現役中は仕事が忙しく責任も重くなるにつれて仕事一途。HAMの免許が更新制になったのも知らずに趣味の電子工作には脇目も振らずに頑張りました。
(ほんとですよ)

退職後は再び元気な体調も取り戻し、最近では車の電子工作にいそしんでいます。昔は電子部品は結構高くでも電子部品店も地方でも必ず有りました。ジャンク部品は米軍払い下げパーツなども有りました。

旧ホンダライフに電子点火装置(CDI)を自作して遊んだりしていました。今の車の点火装置は完全電子化で手も足も出ません。

こんな自作に使う部品は今、如何でしょう? 地元福山のHAMと電子部品店は数年前に廃業してしまいました。いまはやむを得ず通販やオークションに頼っています。郷里徳島にもたくさん有りました。徳島ラジオ、都電機商会、昭和電機、HAMのミネルバ電機、徳島テレビ病院、たくさんありました。戦後は部品屋、組立屋からスタートした電機屋さんも多かったのです。どのお店も盛況でした。今残っているのは?

現在に至り、部品の入手先は、結構廃家電製品の電子基盤や廃棄パソコンから取出した部品が活躍してくれます。良い時代で、その部品の規格情報などが簡単にネット化から調べられます。思わぬ拾い物だったとか、貴重な入手できにくいものだったりします。

たとえばCPUについている巨大なアルミ放熱ブロックやビデオカードなどのMPUアルミ放熱フィン、廃家電品も中身の基板やSW類などを取出して廃棄していますが、宝の山なのです。

最近は愛車エブリイに何時でもパワウィンドウ何時でもナビなんとかを作っては壊して楽しんでいます。その試作基板は殆どがリサイクル電子部品です。車ですから車のヒューズボックスなどもオークションで入手したりもします。

変らないものは秋葉原の秋月電子通商くらいでしょうか?
昔一番のご愛顧は亜土電子工業でしたがパソコンにのめりこみ経営が傾いてしまったようです。
関連記事

| エコに生きる | 11:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://matrasan.blog87.fc2.com/tb.php/363-747d32ed

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT