PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

黒酢タマネギでCOPD免疫力低下を防ぎます

 ここ数ヶ月体調がもうひとつ良くなく、春4月半ばになってから風邪症状がいまだに直らない。熱も無く病院に行く事も無いだろうと鷹をくくっていたら、新型インフルエンザが到来し、病院に行きづらくなってしまった。

数日前に病院で薬をもらって症状は軽くなった。このことをI氏に話すと免疫力の低下だと言う。そのとおりだと自分でも思い当たる。最近サボって歩いてない。運動もほとんどしていない。

風邪症状も楽になったので、早速ウォーキング開始。昨日約1万歩。今日8500歩。教えられた食事法、黒酢たまねぎを食事最初に三食食べる、汁物、具もの、最後にご飯などカロリーも一食400から500くらいにした。

今日は調子がよく朝まで熟睡できたし、体調がほぼ戻ったような気がします。

昨日病院の検査では血圧145-85 血糖値204 糖尿発症か? 風邪を引いているときの一時的な結果であれば良いのですが。来週なかば再度検査予定ですがそれまでに血糖値を正常に戻さなければ。。。。。

  




酢たまねぎの作り方

 輪切りで空気に晒すと辛味が少なくなる
タマネギを輪切りにスライスし30分放置する。薄くスライスしすぎると触感が悪い。少し厚手のスライスの方がしゃきしゃきして甘みも感じられる。

放置する事により辛味が和らぎ、濃縮効果が出てきます。

広口ビンに詰め入れ黒酢たっぷり入れる。米酢でもよいが黒酢が効果大。
酢が残ればヨーグルトにくわえたり、サラダにかけたり、無駄なくいただけます。

 
春に出回る新玉葱はそのままでも辛味が少なく何もしなくサラダでも食べられます。貯蔵タマネギは冬になると、どうしても辛くなり、食べづらいです。でも水に晒したりすると効果は無くなります。
蜂蜜を適量入れて漬けると食べやすくなり、冬でも続けられます。


ありあわせのビンにいれ冷蔵庫で保存する

冷蔵庫へ入れて4日目から食べる。

食べる量は一日に大きめたまねぎ4分の1で良い。老化による免疫低下や持病があり薬をたくさん飲んでいる人におすすめです。

血液をさらさらにしますので、そのような薬(血液抗凝固剤)との重複使用するときは医師や薬剤師に相談して下さい。

 

関連記事

| 免疫力アップと健康食 | 22:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://matrasan.blog87.fc2.com/tb.php/40-0990004e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT