PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

老人は切れやすい?

 但し、六十歳代。本当の様に思う。私自信もそうだと思う。今は亡き人からそんな時は大きく鼻で深呼吸を繰り返す。アドレナリンが減少していくという。

腹立たしいときの文章はすぐ発送したり、メールなら1日置いてから読み直し必要かどうか再検証する。こんな事で随分落ち着きを取り戻せる。

自分は自分はというより、一旦相手の話をじっくり聞いてみる。直接対話中でも。口論中でも。

ある、すごく有名なサイトの掲示板で人に質問する態度についての文言に気になったことがあった。

ある分野の趣味の人は馬鹿の集団の如き記載も見られた。逆切れだ。確かにルールや品性に欠けた人もいる。それは世の中のどこにでもいる。犯罪者だっている。それを一律に見下す事が出来ようか?

以降このサイトには検索で表示されても近付かないようにしている。首題の人生の荒波を乗り越えた人は確かにプライドは高くて少しでも自分の考えと違うと牙をむき出しにする方が確かにいる。波があり体調と連動したりする。

相手を尊重することが出来ればこの切れやすさは少なくなるのではないか?

自分はスーパーマンではない。まして万能を有することなどありえない。確かにその道を極めた老人はたくさんいる。

しかし、”その道を” であって限定であることを認識する必要が絶対! ある。

電機の技術者は建築や車に両道精通することなどまずありえない。農業だって医者だってそれぞれを極めて(それを目標にして)老人になるのかも知れない。

私は子どもの頃からあらゆることに興味を抱き、何でも自分で作りたい、知りたいという欲求があった。

しかし、所詮浅学ばかり。その道のプロには足元にも及ばない。

ありがとう。 その謙虚さこそ必要。
関連記事

| なんとなく思う事 | 21:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://matrasan.blog87.fc2.com/tb.php/401-2f3eb0b9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT